« 充実感の週末 | トップページ | なぜか今、ほうじ茶 »

スペシャルID 特殊身分

 映画の日、何を見に行こうか色々検討して、結局この作品になった。マイナー香港映画だからそんな混んでないだろうと思っていたらなんとほぼ満席!単館上映だからファンが集結してしまうらしい。

 出だしの字幕が簡体字でイヤな予感がするが、広東語のセリフで始まりほっとする。でも途中で舞台は大陸に移るので普通話中心となってくるが、最初と最後の場面を香港にすることでなんとか香港映画の体裁は保っている感じ。

 主役のドニー、ちょっと貫禄が出てふっくらした感じ。もう50すぎなんだよね…でもアクションは手抜きすることなくバリバリ。もう一人の主役のアンディ・オン、またもや裏切り者っぽい役。大陸の人だと勝手に思っていたが大陸どころかアメリカ育ちだって(爆)あと親分役とかで名前はわからないが見覚えのある顔がちらほら。あ、あとここでもテレンス・インはショボい役でなんか気の毒だった。かつてはニコラス・ツェーの向こうを張る存在だったのに(泣)

 ヒロインの女優さんは初めて見る人だったが、佐藤藍子似でなかなか可愛い。アクションもすごい頑張っている。スタントも使っているのだろうが、ラスト近くのカーアクションでは大熱演。女優にここまでやらせるのかとびっくり。

 CGに頼らない生身のアクションがみっちり詰まっていて見応えがあり、さすがドニー様の映画。

 ドニー様の安定の活躍はいいのだが、後に続く世代が出てこないのがやっぱり心配だ…

 

|
|

« 充実感の週末 | トップページ | なぜか今、ほうじ茶 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/61216426

この記事へのトラックバック一覧です: スペシャルID 特殊身分:

» 「スペシャルID 特殊身分」 [ここなつ映画レビュー]
お帰りなさい、ドニー・イェン。と、劇場ポスターに書いてあった。私も同じ気持ちである。ホント、お帰りなさい。あなたの帰還を待っていたよ。アクションを観たいなら、コレ!アクションそのものを楽しみたいのなら!カンフーのみならず、MMAの技もふんだんに盛り込まれ、劇場パンフレットでのドニー・イェン曰く、「とにかく、今、自分が思いつく限りのアクションシーンを取り入れた」。スタント・コーディネーターは、もちろん、日本が誇る谷垣建治さん。内容も、香港黒社会→潜入捜査官→裏切りと抗争→復讐と罠→ガチ勝負…と、これで... [続きを読む]

受信: 2015/03/26 12:57

« 充実感の週末 | トップページ | なぜか今、ほうじ茶 »