« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

煮え切らないまま年度末

 桜が早めに咲き出して、花見の予定が前倒しになって気ぜわしい!年度末いろいろやりたいことがあったので何を優先させようか例のごとく迷って迷って迷ってしまう。結局この時期しか咲かない桜を優先したけど。

 ひと足早くTV番組が年度代わりして、ニュース番組やワイドショーの司会が変わったり番組編成が変わったり。まさか「どようびのにゃんこ」が終わるとは思わなかった。その分寝坊できるけどね(苦笑)でも昨年の「笑っていいとも」終了に比べたらまあ普通か。

 あとは、愛用していた田園調布からIKEA港北行きのシャトルバスが、今日で運行終了。お別れがてら昨日バスに乗ろうと思っていたのだが、前日にIKEAの家具組み立てで力尽きてしまって取りやめ。後になって、家具の組み立て方を見にやっぱり行けばよかったとちょっと思ったりして。利用者が多い好評のバスだった(あくまで自分感覚)ので、すぐ復活するのではと勝手に期待している。それまでは電車で立川に行けばいいや。

 相変わらずいつも迷いが多い。迷いながらも、明日からは新年度。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

IKEA筋肉痛

 今日、花見もしてマルイのセールにも行ってきたのだが、家では引き続きIKEA家具の組み立て。引出しの組み立て方がわかったからもう2個作ればほぼ完成、なのだがやっぱりねじに手こずる。電動ドライバーでどうやっても入らなかったねじが、手動の方が入りやすかったりなんだか拍子抜け。やっぱり引出し2個作っただけで目が回ってしまった。

 そしてあとは取っ手だけなんだけど、これがまた最後の難関!付属のねじが妙に細くて長く、取っ手を貫くのではというほど。そして引出し側の穴はユルユル、取っ手側の穴はきつきつでどうもうまく入っていかない。電動ドリルで少し穴を開けてみたけど、下手すると取ってを貫いてしまいそうなので途中でやめ。一旦クールダウンして、また取り掛かることにした。

 しかし…今日、職場でなんか右腕の付け根が痛いなと思ったら…電動ドライバ抑え過ぎによる筋肉痛だった(爆)まあ、いい運動と思ってぼちぼち行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日も今日で_| ̄|○

 色々心配はあるけど、とりあえず自分のアパートに帰還。ここからは自分のミッション。借りてきた電動ドライバーでIKEAの家具の組み立て♪まあ2時間ありゃ完成するだろ、と思ったが…

 付属のねじがやたらゴツくてドライバーも空回りするばかりで中々しまらない。そしてねじの穴ばかりどんどん削れてカスがすごく、鉄くずを拭きながらの作業。多分、本当はこんなんじゃないと思うのだけど思い切り力を入れて抑えてやっと1ミリねじが回ったかというくらい。ドライバーも熱で熱くなるし自分も汗かいて気持ち悪くなってくるし。それでもチェストの枠部分はなんとかねじ止めができて、次は裏面の板を釘止め。うそー、日本の組み立て家具だったらこんなことしないよ。そしてやたら細くて長い釘。うちのミニ金槌ではジャストミートせずこれもなかなか入っていかない。挙句のはて釘が曲がって折れてしまったりとか。これは電動ドライバーの金具を細いドリルに変えて仮穴をあけて打つ方法にしたらなんとかうまくいった…けど、後で見たら中で折れた釘が変なところから飛び出ているのを発見(爆)

 後は引出しを組み立てて取り付ければいいのだが、これもいまいちうまくいかず分解してしまう(爆)色々格闘しているうちに目が回って気持ちが悪くなり、ベッドの上でしばし休憩。

 ドリルや金槌の音を散々出してご近所迷惑だし、今日中の完成は諦めた。

 しかし、IKEAの家具は手ごわいなあ…普通の人は、もっと難なく組み立てているのだろうか。日曜大工が得意な人が羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

びっくりの一日

 今日、生まれて初めて救急車に乗った。(付添いだけど)

 大事に至らずほっとした。

 でも、重大なことってある日突然起きるんだなって思った。

 肝に命じなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イロイロ ぬくもりの記憶

 私の初海外ひとり旅で、最初に降り立ったところがシンガポール。ディズニーランドみたいな人工的な街並に、インド系マレー系中華系の人たちがウロウロしているさまはなんとも不思議な光景で、「ここの国の人は何考えて暮らしてるんだろう…」と滞在中ずっと不思議な感覚に囚われていた。この感覚を味わいたくてその後何度も海外へ行くようになるのだけど、この作品はそんなシンガポールの作品。中華圏の映画が好きでずっと見て来ているけどシンガポールの映画は初めて。

 まずは、登場人物だけどいやー中華系は見た目がキツい!(笑)こんな人同士で、どうやって結婚決めたんだろうと思ってしまう。そこが、シンガポールの不思議さたる所以なのだが(笑)街の風景とか、自分が97年に初旅行したときの空気感が甦ってきた(後でわかったけど本作も97年のシンガポールが舞台)。

 そして、フィリピン人のメイドさん。シンガポールのメイド事情は知らないけど香港ではよく見かけているので、(お休みの日曜日に街の中心に終結してすごい風景になるのだ)あ、やっぱ香港と同じだな~と違和感なく見た。

 タイトルが「イロイロ」なので、途中でフィリピンに舞台が移るのかと思いきやそんなことはなく主人公一家の日常が淡々と描かれる。でもリストラされたのに言い出せない父、妊娠しててもフルタイム勤務をこなす母などシンガポールの中流階級の生活がよく分かって面白い。日常会話が普通話と英語、でもスーパーの店員さんが広東語だったり、息子の学校の校長はインド系の女性だったり、この作品に背景として何気なく描かれていることが興味深いのである。あ、でもなぜかマレー系の人は出てこなかった。

 私にとっては、懐かしのシンガポール旅気分にひたれる作品だった。またシンガポールにも行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

恋恋風塵 その後

 昨日、映画行きに失敗したが今日のカードは「皇帝」映画に行くのは「魔術師」行かないのは「運命の輪」の逆。魔術師ってゼロからの出発って意味だけどどういうことよと思いながら映画館へ。

 見たのは「恋恋風塵」以前見て大変印象深く、もう一度見たいと思っていたけどなかなか見れなくて…運命の人とやっと再会みたいな。

 前回の感想はこんな感じ。前回見たのが2006年というのに衝撃を受ける。感想は、前回とほとんど同じ。登場人物のファッションが80年代田舎風で、同世代として懐かしく心痛い。そして、主役の男の子がすごい気になる。誰かに似てるよな…一番思ったのが昔の職場の後輩Uくん(誰も知らないって(笑))なのだが、その他にレスリー・チャンと桜井翔くんも少し入っている。でもその他に、80年代若手俳優の誰かに雰囲気が似ていて仕方ない。とにかく彼がその後どんな人生を送っていたのかすごく気になった。

 主役の彼の名前をチェックしてきたので、家でネット検索してみたらびっくり、中国語のサイトだけど、享年が入ってるってことは…亡くなったの?中国語はできないけど斜め読みしたところ、映画出演はこの作品だけで、映画のスタッフを一作やった後映画界を離れ新聞記者になっていたらしい。そして昨年亡くなられていた。あまりの結末に言葉がなかった。

 でも、この作品に出たおかげで彼はスクリーンの中で永遠に生き続けられる。そして見た人にいつも感動を与えることができる。これってすごいことだよね。

 一作しか出なかった作品が最高の一作なのだから、なんと幸せな映画人生。そして運命の不思議を思わずにはいられない。人生は意外と短いかもしれないから有意義に生きなきゃね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タロット占いの結果は(笑)

 タロットの勉強のため、毎日カードを一枚引きしてその日の印象を手帳につけるというのをやっているけど今日のカードは「女帝」だった。

 その他に、今日行きたい映画があったのだが終映時間が遅くて疲れそうなので映画に行く、行かないでそれぞれカードを引いてみた。

 結果、映画に行く→「審判」映画に行かない→「運命の輪」という結果に。これはどう解釈したらいいのだろう。行かない方が良さそうだけど、行くのも悪いカードじゃないから、やっぱり行ってみようと決意。

 そしてどうなったかというと、残業になってしまって結局映画には間に合わなくなったのでとりやめ(爆)まさか、こう来るとは思わなかった(笑)

 タロットのお告げを読みこなせる日は遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

炭水化物不足で物忘れ

 普段は情報番組はほとんど見ないのだが、今日なんとなくつけているTVで「とある栄養素が不足すると認知機能が低下する」というのを特集していて、思わずガン見。出てきた人が自分と同世代だったこともあり、同世代で専業主婦だとこういう生活なのかと興味深く見る。

 「とある栄養素」とは、炭水化物だったが、私自身糖質制限ダイエットはあまり信じていないので納得がいくものだった。と言っても私の認識は「日本人はずっと米中心の食生活を送ってきたのだから、米を食ってりゃ間違いない」という程度だけど(笑)番組中で紹介されてた人は炭水化物をしっかり摂るようになったら俄然記憶力がアップしていたので、やっぱり炭水化物って大事なんだな。

 でも、私が実家に帰ると途端に物忘れがはげしくなることとは、多分関係がないと思う(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

実家は鬼門

 おととい、昨日と帰省していたが、実家に帰るたび持っていくものか、持って帰るものを必ず何か忘れる。今回持っていくもので忘れたのは白みそ。菜の花の辛子酢味噌和えを作ろうと意気込んでいたのにころっと忘れていて到着間近の電車の中で思い出し思わず「あ”~っ!」もちろん地元でも買えるけど、うちではあまり白みそを使わないのでできれば家にあるもので済ませたかったのだ。でも結局父作のおかずがたくさんあったので酢味噌和えは作らなかった。

 それから、持って帰るものでは電気ドライバー!これでチェストを組み立てようと思っていたのに、翌日急いで帰ったためころっと忘れていた。こちらも「あ”~っ!!」とムンクの叫び状態。なんでこう忘れっぽいんだろう。

 実家へ帰るとなぜかいつにも増してダメダメになってしまう。料理を作ってあげようと思ってもメニューが思い浮かばないし、なんか思考回路が停止してしまうのだ。今、ひとり暮らしだからなんとか自分で働いて生きているが、実家に居たら引きこもりだと思う。

 鬼門な実家だけど、当分実家通いは続く。この違和感、不安感を克服できる日は来るのだろうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

無印良品のめがね

 無印良品では、めがねも愛用していたのだが数年前に撤退してしまいショック!そして最近になって、メタルフレームの塗装の一部が剥げているのを発見。かける本人には問題ないけどブリッジ部分なのでやっぱり目立つよね…というわけで実家に行くとき(実家の親は老眼なので気づかない)とか人に会わない日専用に(笑)実は先代の無印めがねも、つる部分の塗装が剥げてしまって買い替えた経緯がある。安物だから仕方ないと思っていたが、まだ使えるし、なんとかならないかと思っていた。

 無印のめがねは、修理だけはまだ受け付けているとのことなのでこんなのも修理してもらえるかなと、試しに修理受付を代行しているビックカメラに持っていった。そしたら修理可能とのこと。見積額を聞いてから修理ということで、めがねを預けた。

 結果として、5000円ちょいできれいに塗装してもらえた。同じ色の塗料がすでになく似た色になりますとは言われていたが違和感なし。買うより安いし、まだまだ使えて嬉しい♪

 フレームの形は、先代の方が気に入っていたのでこれだったら先代も修理に出せばよかったなあ。

 今はめがねが安いのでじゃんじゃんかけ替えるのが普通みたいだけど、私は定番をずっと大切に使う方が好きだな♪

 もう新作は出ないから大事にしていこうっと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

無印良品の靴下

 ここ数年来、普段履いている靴下はほとんど無印良品のもの。最近はかかとが直角になっているシリーズが好きで、シーズンごとに出る新色から気に入った色を選んで買い足している。

 しかし最近サイズ展開が増えて、21~23cm用と23~25cm用の2サイズに。これが足のサイズがちょうど23cmの私にはめっちゃ不便!どちらもしっくり来ないのだ。見栄を張って小さい方を履いているが、やっぱり足が無意識のうちに緊張している。かと言って大きい方はかかとが余ってしまうし。たまに昔買った22~24cm用を履くととても自然な感じ。

 無印の靴下でもワンサイズのものもまだまだあるので、そっち方向にシフトかな。やはり靴下はちゃんと自分の足に合ったものを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おみおくりの作法

 作品の情報をキャッチした時から「見にいくしかないでしょ!」と思っていた作品。孤独死した人の葬送を行う、やはり孤独な地方公務員の話。

 主役は今時のイギリス人でもこんな人いるんだというほどイケメンでなく(笑)短躯で頭がでかい人。街の風景と相まって、ひと昔前の雰囲気が漂う。昔のイギリス人みたく、あまり笑わず質素に暮らし自分の職務をまじめにこなしている。

 でも、彼は自分の仕事にこだわりがある。お世話した人の人となりを遺留品から想像して、見送る人のない葬式の送辞やBGMを考え、心を込めて葬送する。自分も孤独なので、共感するからなのだろうか。

 私も孤独死の予定なので、劇中に出てくる孤独死の人が住んでいた部屋など、興味深く見た。そして、私が死んだ時私の部屋を見た人は、どういう感想を持つのだろうと思った。でも、こんな彼に見送ってもらえるなら孤独死もさして悪くないと思った。結末がちょっと皮肉だったけど、心にじんわりとくる作品。

 でも、孤独死予定の私が思うのは、人は他者の評価で生きるのではないってこと。誰が私の後始末をしてくれるのかわからないけど、人には私の人生なんてわからないのだから、日々自分が満足する一日を送ることが大事だなと。そして「なんだか楽しそうに暮らしていた部屋だな」と思ってもらえればなおいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴッド・ギャンブラー レジェンド

 香港映画を見始めの頃ビデオを借りて何度も見た「ゴッド・ギャンブラー」シリーズ、続編になるのかはわからないが監督と主役は同じ。でもあの頃から20年、どうなってるんだろうと恐る恐る見に行った。

 チョウ・ユンファは引退したギャンブラーという設定。思ったより老けた感じに見えなくてほっとする。衣装とメークのせいかな。

 そして、その後はお決まりの王晶ワールド!昔の香港映画のようなコテコテギャグを普通にやっていて微笑ましい。でも女優陣が、昔に比べてオバカ度が少なくあっさりした感じなのが今風ってとこか。もっとバカでもいいんだよ~(笑)

 先日見た「スペシャルID 特殊身分」で印象的だった女優さんが、同じく大陸の刑事役で出演。ドレスアップするとお肌ピカピカでバリバリ綺麗!チョウ・ユンファの図書館を模した家は「トゥームレイダー」のララ・クラフトの家のまねかな。そしてある意味とても香港映画らしいといえる、衝撃のラスト(笑)

 20年たっているので悪役は世代交代してるし、舞台が大陸に変わって中国公安大活躍、大陸ヨイショになっていたのに時代を感じる。たぶん大陸の資本がないと作品が作れないのだろう。でも基本的には今までの路線を踏襲した古典的ともいえる作品。昔ながらの香港映画ファンなら安心して見られるけど、今の香港の人がどう感じているのか気になる。

 しかし王晶、ブレがないな~このままどんどんバカ作品を作り続けてほしい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

せっかくやる気になったのに(泣)

 昨日のぐずぐずから心を入れ替え、今日は家の雑務を片付ける決意をした。まずは家の残り物の処理、まずは大根ひと切れを使って大根餅。レンジから出すとき蒸気で左手親指を軽くやけどしたけど結構おいしくできた。冷蔵庫に死蔵になっていた食べラーも使いきれたし。それからねぎを使って麻婆豆腐。余っていた辛子明太子も食べて冷蔵庫のお片付け。

 そして!今日こそIKEAのチェストの組み立てだ、と取り掛かったが、最初のねじ止めで挫折(爆)ねじが途中までしか入らない!ゴム手袋をして手でねじってみたり色々やったが残り3センチくらいからどうやっても進まない。途中まで頑張ったけどこの調子で全部作りきれるわけがなく電動ドライバがないとダメだという結論に達し、今日のところは諦めた。チェストを買うとき隣に電動ドライバも置いてあって、一緒に買うかと思ったがその後使わないしとやめちゃったんだよね。明日実家に電話して電動ドライバがないか聞いてみて、なければまたIKEAに買出しに行くか(呆)

 折角やる気になったのになあ…単品は安くても、結局なんだかんだで安くなかったIKEAの家具(苦笑)。組み立てた後も、ペンキ塗りがあるしお気に入りインテリアへの道は遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぐずぐず気分

 春に向けて、気持ちは盛り上がっているのだが、それは外で遊ぶ関係のこと。家の中の懸案事項はほとんど手付かずのまま。

 IKEAでチェストを買ったので組み立てないといけないのだが気がのらず約一週間そのまま。組み立てたら今の部屋の色に合わせてペイントしようと塗料と刷毛も買ったのだが、実はペンキの塗り方をよく知らない(爆)。古びた白木の本棚があるので試しにそれを塗ってみようかと思ったが、しまってある本を取り出すのも面倒だし、塗る前に水ぶきしてニスを落とした方がいいのか、紙やすりをかければいいのかとか変なところで迷ってしまい結局試し塗りもできず。チェストはとりあえず塗らないで使おうかと思うが、そうしたら絶対それきりになりそうだし。合わせて家具の配置替えもしたいのだが、その前に床の大掃除と断捨離もしたいし…と結局どこから手をつけていいかわからずそのまま。そしてお出かけしてしまうか、駄ゲーをやってしまうのである。

 冷蔵庫の中には実家でもらってきた野菜がいっぱい、外食続きでなかなか食べきれずにいる。じゃがいも・人参・たまねぎはポトフ風にスープ煮にして少しずつ食べているが、大根がなあ…

 そんな中、今日は2か月分の新聞を古紙回収に出せたのと、ブリタのカートリッジを換えるのと、流しの掃除はやったぞ。少しは自分をほめよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いやな感じ

 ゆうべ、眠りに落ちて行く夢うつつの中、自分で歯を抜く夢を見た。歯が抜ける夢って縁起が悪いのに夢の中で気づき「抜いちゃいかん!」と途中で思ったのだが手は動いてしまい…その後、抜いた歯を戻そうとしたけどだめだよね(苦笑)

 何が起こるかと不安だったけど仕事中はそんなこと忘れていた。そして退社後、毎月行っているマッサージへ。マッサージ前に軽く腹ごしらえと思ってカレーを食べた。

 ちょっと早いけどそろそろ店に行くかと思い、その前に携帯を確認するとマッサージ屋から留守電。再生してみると「ご予約の時間が過ぎているのですが…」そうだ、前回より時間を早めて予約したのをすっかり忘れていたのだ(大汗)

 あわてて店に電話して「今からすぐ伺いますう」と言ったが施術時間が短くなってしまうとのこと。結局20時に予約取り直しとなった。週の頭だし、早く帰りたい日だったからショックが大きい。ウィンドウショッピングで時間をつぶしたが、のぼせて汗かいてくるし歩き疲れたし。予約通りに行っていれば、後でゆっくり夕食が食べられたのに。

 マッサージはいつも通りだったが、右胸の上部にいつもは感じない鈍い痛みを感じたのがちょっと怖かった。うーん、いやな予感。

 帰りは雨の中、乗り換え駅で電車に乗り遅れたりとか…ま、この程度の厄で済みますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

春らしい休日

 このところ、週一日は自分のための日が持てるようになっている。今日は春の空気を吸いにちょっとお出かけ♪

 朝のんびりして洗濯物も干してテレビの昼番組を見てからさあ出発。給料日直前でお金がないから定期券で行ける範囲で小さな旅♪

 母が倒れる前、日曜日といえばどこかの街へ出かけてブランチを食べ、その辺をプチ探検して心身のリフレッシュというのが定番の過ごし方だった。久しぶりの定番の日曜日なのだが、その後お気に入りのカフェがいくつか閉店したし、乳がんを患ったので乳製品をセーブしてるし、昨今の値上がりでランチも高いしということで以前みたいなランチグルメはできなくなった。今日も迷ったけどとあるカフェへ。1000円か、うーん…久々でおいしかったけど今度からランチはファストフード系に限定だな(苦笑)

 それから電車に乗って久々の「D&D Department」へ。相変わらず趣味がいい。九品仏の商店街もなかなか面白かった。

 それからまた電車に乗って旗の台で降りて商店街散策。リサイクルショップとか100均とか、安物買いが楽しそう。カフェもぽつぽつある。楽しい♪途中で横道をそれて、昔探検した場所へ8年ぶりくらいで行ってみた。そのとき印象的だったお店2軒はもうなくなっていて残念だったけど、確認できてなんか安心して帰路につく。

 そして春の雰囲気を盛り上げようということで、Marks&webで桜・菜種のせっけんを買った。開封してバスルームに置いておいたらかすかに桜の香り♪

 帰り際、旧居跡地にちょっと寄ってみたら、建売の住宅にするらしく完成図と分譲の案内のポスターが掲示してあった。立退く時に「まだどうするか決めてない」と管理会社の人が言っていたけど意外と展開が早かったな。完成イラストは格好良かったけど実際はすぐ裏にぼろアパートが建っていて景観が残念なんだよね(笑)

 久々の街歩きで気持ちリフレッシュ。新しい季節に向けて明日から頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

実家で北国の旅(笑)

 今日は日帰り実家ミッション。昼食は父が用意してくれるというので何の気負いもなく体ひとつで電車に乗る。

 施設で母の昼食介助をして爪を切って顔のムダ毛処理と耳掃除と足マッサージをして実家へ。昼食のメインは、父作の昆布としいたけと鶏手羽と揚げボールの煮物。それぞれの素材からいいだしが出て、薄味なのにおいしい。その他にあさりのみそ汁、ポテトサラダも作ってくれた。父には頭が上がらない。

 それから居間で少し休憩のつもりでTVをつけたら、津軽半島の旅番組をやっていてつい見てしまう。青森は何度か訪ねていて思い出の地。でも番組は青函トンネルを抜けて北海道へ。

 そうなったら父と二人、ますます目が離せない。なぜなら父は函館近郊出身、汽車で函館に通学していた。番組で紹介される風景はまさに故郷の風景。今は廃線になってしまった江差線のかつての姿や、沿線の風景も紹介される。雪景色と鉛色の空、荒れる冬の海の風景がなんとも言えず哀愁。父を含めた自分の先祖はこの毎日この景色を見て、この雪の中で暮らしてきたのかと思うと感慨深かった。

 途中でトラピスト修道院の紹介もあった。ここで作っているトラピストクッキーとトラピストバターは、子供の頃からの思い出の味。おいしいクッキーは今ならどこでも売っているけど、昭和の昔からずっとこの味で作ってきたってのがすごいよね。なんてハイカラなんだろう。

 ちなみに実家の最寄り駅(と言っても駅から徒歩1時間(爆))は何もないのでさくっとスルーされて(笑)番組はあっという間に五稜郭へ。ここも子供の頃来たなあ。大人になってからも来たけどケチってタワーには上らなかった気がする。

 それから函館山の方に移り、五島軒へ。ここへは叔母一家と、亡祖父を交えてカレーを食べた思い出の店。おひとり様では入りづらく以後行っていない。そしてロープウェイから映す函館の街並み。ヨーロッパの街のようで、とてもハイカラでセンスがよくて大好き♪でも父曰く、「最近古い家は空き家が多い」とのこと。古い家は住み心地は良くなさそうだもんね。

 番組の方はまたフェリーで青森の大間に渡り、下北半島の旅。実はこのルートも行ったことがある私(爆)私の旅は大間からバスで大湊へ出て、途中で恐山へ寄って、大湊線に乗って八戸まで行って夜行バスで帰京という駆け足バカ旅だった。でも当時の記憶があまりなくてなんだか幻のよう。

 途中で席をはずしてトイレ掃除したり、コーヒー入れたりしてたので全部は見られなかったけど、今日は何しに帰ってきたのかというくらい番組に入り込んでしまってすっかり旅した気分(笑)

 やっぱり青森と北海道にまた行きたいなあ。今なら一泊でも行けないことはないので計画だけは練っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブリキの太鼓

  80年代に結構話題になってずっと見たいと思っていたが見る機会がなかった作品。先日新宿へ行ったときに上映情報をキャッチし、時間ギリギリだったけど駆け込みで見てきた!何やらブキミそうなところが興味をそそる。主人公が、自らの意志で成長を止める、というところまでは知っていたがその後さてさてどうなるか。

 いやあ、今見るといろんな意味でヤバい!エログロな描写は、今ならそれほど驚かないけど異形の人がバンバン出てきたり、子役にラブシーンさせたり、大丈夫なんかいと心配になってしまう。今ならCGでできるけど当時は実写だもんね。それを考えるとコワい(苦笑)

 そして、作品全体に漂う陰鬱感は圧倒的!主人公の子、子供でよくここまで演じられたなと感心。その後の人生が心配になってしまうが、俳優としてちゃんとやっているようだ。そして、自分と同世代だった。今どんなアラフィフになっているんだろう(爆)脇役で出てきた他の人(あえて詳しく書かない)は普段は何をやっていて、その後どうなったのだろう。そんなところも気になる。

 映画がブキミなのは、時代背景がブキミなせいもある。ナチスドイツの陰鬱な時代がよく表現されている。戦争を背景にしたファンタジーということで、「アンダーグラウンド」とか「グランド・ブダペスト・ホテル」をちょっと思い出した。ま、ブキミな少年を語り手にした反戦映画なのだが、そう理解できるのも自分も人生経験を積み、いろんな映画を見たから。当時だったら、ただトラウマになっただけだと思う。

 長いこと開けなかった玉手箱を開けてしまったような体験だったけどこの年代でやっと出会えたのも意味があると思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

春だ~

 少しずつ日が長くなっているけど、今日外に出て「あ、春の空だ」と思った。乗り換え駅のホームで空を見上げる。さわやかな空の色、夕暮れ時だけど夜明け前のような気分になる。自分自身、本格的な春に向けて目覚めの前のような心持ちなのだ。電車のつり革につかまって揺れながら、暮れていく景色を眺める。途中で座れたので寝ちゃったけどね。

 この時期、街歩きを始めたんだよね。同じ沿線にまた戻ってきたことだし、また歩いてみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

震災から4年

 今日で震災から4年。昨年は当時の派遣先で避難訓練をしたが、今の派遣先では何もなし。せめてその時間、心の中で黙祷しようと思っていたが仕事をしているうちいつの間にか過ぎていた。

 振り返ってみると、震災後に介護状態になった母の状態は少しずつ下り坂だけど、自分自身は復興しつつあるかな…

 記憶は風化しつつある気もするけど、巡り巡って震災当時の職場に近い地域でまた働くことになって何となくご縁を感じている。今度同じようなことが起きても、うまく対応できると思う。

 今日は電化生活をエンジョイしている自分を顧みて喝を入れる日。震災訓練の一環として電気なしで暮らしてみても良かったかも。(ちょっと思いつくのが遅かった)

 あとは、買い物や旅行で被災地支援。地道に長く続けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

体が固い

 久々にヨガ教室に行ったが、自分の体の固さに改めてびっくり!鏡で全身を見てみると胴回りの太さが目立つ。先生には、首が前に出ていると指摘された。完全なる老人体型。ひえ~っ!

 せめて週1回はレッスンを受けたいのだが、今の教室は平日昼クラスがメインなので働いていると通えない。しかし、この体の動かなさはヤバい。運動嫌いな私でもさすがに危機感を感じるレベル。

 以前の通勤経路にあった30分トレーニングジムが気になる。ジムトレは好きじゃないけど効率的に体を鍛えるためには必要かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

松谷みよ子さん

 児童文学作家の松谷みよ子さんが亡くなられた。私にとって松谷さんといえば何と言っても「ちいさいモモちゃん」!子供の頃、夢中になって読んだ。たぶん最初に読んだのは小学校2年生くらい。たしか出だしが「モモちゃんが生まれたのは、夏でした」だったと思う。本を読み始めるとすぐ、雲がいっぱい浮かんでいる夏の空とねむの木の風景が浮かんでくる。モモちゃんの物語と、自分の子供の頃見た夏の風景が混ざって、懐かしく心あたたまる心象風景になっているのである。

 あと、ちょっとした言い回しがすごく印象的。「ひっくりかえり、そっくりかえり、おうっ、おうっと涙をふりとばしてモモちゃんは泣きました」とか、情景がそのまま見えるよう。このフレーズが読んだ当時のまま自分の中に刷り込まれてるってのもすごいし…

 少し大きくなって続編を読んで、パパとママの離婚がさらっと書かれていてびっくりしたのを覚えている。離婚に至るまでのパパとママのすれ違いの様子も、うまく書かれていてその表現に感心した。

 大人になって就職して、会社生活に疲れていたときモモちゃんの文庫本を買って会社の昼休みに読んでいた。当時、ミーハーでキャピキャピな同世代についていけず疲れていた。童心に帰りたかったのだと思う。

 その割に、モモちゃんの話の最後がどうだったのか覚えてないんだよね…でも、モモちゃんを読むたび懐かしく優しい気持ちになり、強く生きていけそうな気がするのだ。また読み直してみようっと。

 子供の心を大人の言葉で表現できる素晴らしい方だった。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

またまたIKEA(笑)

 今週は実家ミッションを免除してもらったので今日は自分だけの休日なのだが、結局昨日買えなかったハンガーを買いに立川のIKEAに行ってしまった(爆)。このハンガー、買おうと思ったら在庫切れで入荷をずっと待っていたのだ。買えるうちに買っとかないとまた売り切れるかも気がせいてしまうのだ。あとついでにレストランの新メニュー「ミートボールのバゲットサンド」も食べたいなと。

 IKEAは、目的なく店内を回遊するならいいのだが目的のものだけ買ってさっさと帰りたいときにはめちゃ不便!めざすハンガーは結局家具売り場にはなく、レストランを通り過ぎてマーケットホールを探してやっと見つけた。あまり売れては困るのか、とても地味にしれっと置いてあったのを2個ゲット。

 そして引き返してレストランで、前日の港北店では見かけなかったバゲットサンドを発見!やったーと思ったら並んでいるうちにどんどん取られて残り2個、思わず迷っている前の人を押しのけて1個取ってしまった。結局迷っていた前の人も取ってそれで売り切れ。助かった~(笑)

 席もなかったけど一人だから何とかもぐり込んで、バゲッドサンドとコーヒー。予想通り食べにくい!元々バゲッドがあまり好きじゃないし、ミートボールはやはりあのグレービーソースがないとね。一度体験したので満足する。

 その他、後日配送予定のチェストに使うべく引出し用仕切りボックスセットも購入。

 家で、早速ズボンをハンガーに掛けてみた。冬用の厚手のズボンを複数本掛けると結構厚みが出てしまう。重みもすごいので、ハンガーラックの棒が折れないか心配(笑)でもだいぶ片付いた感じがした。ズボンはこの2つのハンガーに掛けられるだけにしようと思う。

 しかし、家の中がどんどんIKEAに染まっていくなあ…(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

またIKEA

 休日労働も凡ミス多発ながら無事終了。予定より早く帰れたので、かねてからやりたかった久々の「会社帰りIKEA」今の職場だと、平日の会社帰りに行くことが難しい。でもこの時間からなら充分時間あるし♪

 田園調布までも電車ですぐで嬉しい。ただし時刻表ボードに田園調布からのシャトルバス終了予定のお知らせが。今月いっぱいだって。ガガーンΣ( ̄ロ ̄lll)

 IKEAで買いたいものは、ずっと欠品になっているズボン用ハンガー。港北店には在庫なしとなっていたが、今日入荷してるかもしれないし♪あと、ずっと狙っていたチェスト、今日こそ買うぞと。

 しかし…休日のIKEAは混んでいるというのをすっかり忘れていた。レストランで新メニューでもと思ったが家族連れでわんさか状態の中ひとりで席取りする気力がなく、下のカフェでホットドック。以前アンケートに答えてもらった引き換え券で♪おなかが満ちて、買い物する気力が湧いてきた(笑)

 狙っていたハンガーは、やっぱり欠品だったけど長年狙っていたパイン材のチェスト、とうとう購入。今の部屋に合わせた色にすべく、塗料と刷毛も一緒に買った。配送の手続きをしてさっさと帰宅。帰りのバスでは疲れが出て爆睡してしまった。

 配送はちょっと先になってしまったけど、これでやっと服(の一部)が片付けられて、化粧コーナーができる。

 あとは、勉強机と食器棚とベッドカバーが欲しい。しかし、田園調布からのバスがなくなるのは残念…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もうひと息!

 今日は嬉しい週末なのだが、明日も出勤だからあまりはっちゃけられず…どこかへプチ寄り道しよう、どこにしようかなと迷っているうち自宅最寄り駅へ(爆)結局、駅の反対側のパン屋(お目当てのパンがなくて何も買わず)と、駅前のスーパー、コンビニ、お惣菜やをぐるぐる回っただけになってしまった。

 行きつけのカフェかうちメシか迷ったけど食材を早く消費しましょうということで、家で夕食。またついゲームをやってしまう。そして恒例の「ファミリーヒストリー」を背筋を正して鑑賞(笑)

 これから髪の毛を乾かすとなるとまた少し時間がかかるけど、いい睡眠をとって明日の労働に備えよう。本当の休みまでもうひと息!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

家庭的な日

 おととい・昨日と出歩いたので今日はまっすぐ帰宅。途中でパンも買って♪買ったままずっと食べてなかった鶏のから揚げをオーブンレンジで温め、これまた先週作った野菜スープに残っていたトマトを足して、冷蔵庫一掃メニュー。久々にごはんも炊いた。やっぱりこういう日って大事だ。引越して始めて切り花(黄色いチューリップ)を買って活けた。黄色と葉っぱの緑の色合いが春らしくていいね♪

 また駄ゲーをやってしまったけど、流しも掃除してキッチンのカウンターも拭いて、今コーヒーでほっとひと息♪

 …と思ったら、洗濯をしてないことに気づいた(爆)

 これから、洗濯します。ついでに書類のお片付けもすればよいのだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブルース・ブラザーズ

 私が中高生の頃に流行っていた作品。当時愛読してたロック雑誌などでよく取り上げられていたけど今まで見る機会がなかった。有名だから後学のため、くらいの軽い気持ちで見に行った。

 仕事帰りで疲れて眠かったのと、コンタクトが乾いて見づらく始めは全然作品に入っていけなかった。二人が天啓を受ける場面のときは寝ていたようで記憶がない。(ではなぜこのシーンがあるのを知っているのかというと、帰宅後解説ページを読んだからなのだ(笑))でも、でも!ハチャメチャなアクションと質の高い音楽とダンス、有名ミュージシャンが脇役で出演してたりというすごい贅沢な作品だった。楽器屋のおやじ、レイ・チャールズの物まねかと思ったら本人だったりとか、アレサ・フランクリンも出てるし超すげー。話が進むにつれ画面に目が釘づけ。

 1980年の作品とのことで、舞台になっているシカゴの街の風景がレトロで懐かし感いっぱい、街の人のファッションなども私が思うアメリカ~って感じ。この時代に行ってみたい!今のシカゴでも名残あるかしら。

 それから、ハデハデなカーアクション。シカゴ警察ってパトカーいっぱい持ってるのね(笑)作りかけの道路から車が落ちるシーン、落ちる高さが高すぎというか…どんだけ高架道路なのよ(笑)とか、ここまで豪勢にばかばかしくやってくれるとかえってすがすがしい。

 主役2人のファッションは今や定番になってるし、さすが名作は違うわと感心。でも、若い時に見ていたらこの作品のすごさがわからなかったと思う。今見てしみじみすごさが感じられる作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日はひな祭りだった(笑)

 そういえば今日はひな祭りだった!とはいえ、私の地元ではひな祭りは月遅れの4月3日にやる風習があるので(理由:寒すぎて桃の花が咲いていないため)、まだまだこれからの気分でいた。

 先週実家に帰ったとき、「今日から、4月までずっと出しておけばいいじゃないか」と父に言われたけど1か月出しっぱなしってのもねー。3月下旬頃から飾ろうかなと勝手に思っていた。

 しかし、世間は待ってくれない!今日の夕食は同僚と外食してしまったが、帰りにスーパーに寄ったら、おいしそうなちらし寿司とか、ケーキとか、桜餅とか、ひな祭り関係の食べ物がいっぱい。おいしそうだけどもう買えないよ…そして明日にはもうないんだよね…今日外食にしたのは失敗だった(苦笑)

 ひな祭り以外にも、今日は買い置きとか貰い物のお菓子が多くてスイートな、女の子らしい日だった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なぜか今、ほうじ茶

 私の好きな日本茶は寿司屋の上がりみたいな粉茶なのだが、最近なぜかほうじ茶が飲みたくなる時がある。その時間は夜。週末の夜など、お菓子をちょっとつまみながらほっとひと息つきたい時、いつもならコーヒーを入れるのだが、こんな時にほうじ茶が飲みたいのである。あのちょっと焦げた感じが和菓子にも洋菓子にも合う気がするのだ。

 そのくせ買い物に行くたび買い忘れること5回くらいの後、先週やっと100均ローソンでティーバッグ10個入りをゲット。このくらいの量・価格が好ましい。最初、好みの濃さに入れられなかったが段々コツを掴めてきて程よい濃さで飲めるようになった。やっぱり落ち着く♪

 先日、新宿ルミネの某和風カフェに行ったらその店で京番茶を売っているのを発見、共時性を感じた。今のところ、私はティーバッグで充分だけど今度買ってみようかな。ところでほうじ茶と番茶ってどう違うのか良くわからないけど(笑)

 実家でもほうじ茶を飲む習慣がなかったし、ひとり暮らしウン十年でも自分でほうじ茶を入れて飲んだことなどなかったのにどうしちゃったんだろう私。

 ちなみに、飲むほうじ茶もおいしいけど、ほうじ茶アイスが意外なウマさで普通にお勧め♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スペシャルID 特殊身分

 映画の日、何を見に行こうか色々検討して、結局この作品になった。マイナー香港映画だからそんな混んでないだろうと思っていたらなんとほぼ満席!単館上映だからファンが集結してしまうらしい。

 出だしの字幕が簡体字でイヤな予感がするが、広東語のセリフで始まりほっとする。でも途中で舞台は大陸に移るので普通話中心となってくるが、最初と最後の場面を香港にすることでなんとか香港映画の体裁は保っている感じ。

 主役のドニー、ちょっと貫禄が出てふっくらした感じ。もう50すぎなんだよね…でもアクションは手抜きすることなくバリバリ。もう一人の主役のアンディ・オン、またもや裏切り者っぽい役。大陸の人だと勝手に思っていたが大陸どころかアメリカ育ちだって(爆)あと親分役とかで名前はわからないが見覚えのある顔がちらほら。あ、あとここでもテレンス・インはショボい役でなんか気の毒だった。かつてはニコラス・ツェーの向こうを張る存在だったのに(泣)

 ヒロインの女優さんは初めて見る人だったが、佐藤藍子似でなかなか可愛い。アクションもすごい頑張っている。スタントも使っているのだろうが、ラスト近くのカーアクションでは大熱演。女優にここまでやらせるのかとびっくり。

 CGに頼らない生身のアクションがみっちり詰まっていて見応えがあり、さすがドニー様の映画。

 ドニー様の安定の活躍はいいのだが、後に続く世代が出てこないのがやっぱり心配だ…

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »