最近のトラックバック

« 小休止 | トップページ | 大寝坊の日 »

星願 あなたにもういちど

 一日休んで復活した香港映画、今日は「星願 あなたにもういちど」作品があることは何となく知っていたけどファンタジー物はあまり好きではないので見ることもなく来てしまった作品。これを機に見ておこうかと。

 まずは、舞台である病院がイタリアの修道院みたいで素敵。場面場面の風景が美しく、それだけでしんみりする。ロケ地は香港旅行で何回か見に行ったことがある病院の廃墟(その後修復され再利用されている)かなと思ったが、別の場所にある廃墟らしい。あんな建物をじゃんじゃん建てられるんだから宗主国イギリス恐るべし。

 不慮の事故で亡くなってしまった青年が5日だけ地上に戻ることを許される。ただし他人の体を借りるので、生きている人から彼は認識できず…という、どこかで見たようなありがちな設定。でも身近に介護状態の家族がいて、また自分もがんを患ったので死が身近に感じられ、わが事のように主人公に感情移入。自分が彼だったらどうするかなと思いながら見ていた。

 主役の2人も、その後の作品をたくさん見ているだけにこの頃の初々しさが眩しい。セシリアもまだそんなにダミ声じゃないし。勝手に2006年頃の作品と思っていたが、実は1999年の作品だった。そんなに昔だったのか…

 毎度の感想だけど時の流れが哀しい。死に方は自分で選べないけど自分はどうやってこの世とおさらばするのか、考えずにはいられなかった。

 でもいい作品は、永遠に残るんだよね。それが救い。

|
|

« 小休止 | トップページ | 大寝坊の日 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/61590112

この記事へのトラックバック一覧です: 星願 あなたにもういちど:

« 小休止 | トップページ | 大寝坊の日 »