最近のトラックバック

« 恐怖分子 | トップページ | ポテそばへの旅(笑) »

ファースト・ミッション

 今月末まで、シネマート六本木でやってる香港映画特集、見たい作品はほとんど平日昼の上映(泣)そんな中夜の回の上映で未見の作品があったので行ってみた。なんとジャッキーの旧作、しかもサモ・ハンとの共演!どんな作品かわくわく。

 オープニングはなんとジャッキーの日本語の歌!シンセサイザードラムの安っぽいアレンジが、80年代を感じさせる(大笑)サモ・ハンがまだそんなにデブじゃない。太ってるから大柄なイメージがあるけど小柄なジャッキーよりも背が低かった。劇中の、80年代香港の風景やファッションがダサ懐かしくてたまらない。ロケ地はどこなのか気になってしまう。レトロなレストランとかもうないよね。脇役も、どこかで見た毎度おなじみの顔ばかり。女優さんは…あっ、エミリー・チュウだ!この時代の女優さんでは一番好きな人。なんだか嬉しくなる。

 ジャッキー映画だからアクションとお笑いもてんこ盛りだけど、知的障害の兄と刑事の弟との兄弟愛というドラマがもう最高。おバカアクションだけでなくヒューマンドラマにも挑戦しようという心意気が素晴らしい。

 どういう経緯でこの作品が作られたのか、ネットでは調べきれなかったけどあの有名な「香港ポリス・ストーリー」の直前の作品のようだ。あの頃の勢いある雰囲気が画面からも伝わってくる。

 エンディングも日本語歌詞の歌!クレジットをよーく見たら、どちらかが高中正義の作曲だった。いろんな意味ですごすぎる(爆)

 やっぱりあの頃の香港最高。その後ネットで色々調べたら、脇役の人が結構亡くなってたり…時の流れが哀しいけど、映画を見ればあの頃の楽しい香港にいつでもトリップできるからいいよね。これからも香港映画は私のパワーの源。

 

|
|

« 恐怖分子 | トップページ | ポテそばへの旅(笑) »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/61550862

この記事へのトラックバック一覧です: ファースト・ミッション:

« 恐怖分子 | トップページ | ポテそばへの旅(笑) »