最近のトラックバック

« カレーなる休日 | トップページ | 恐怖分子 »

連休最後はオヤカタ

 実家サービス最後の日。いつもは家の中をざっと掃除機をかけて、晴れていれば自分の使った布団を干したりする。今日もそのつもりでいたら、台所の食器棚の中が意外と汚れているのを発見。急遽食器棚の掃除をすることに。

 食器棚の中のとある棚だけ棚板が粉を吹いたようになっていて、青カビかと震え上がったが実際取り出してみるとカビ臭くはない。でも棚の中は粉ふいてるし、棚の奥の使っていない食器は結構汚れている。汚れている棚の中を拭いて、食器も洗い直してセット。こんな食器あったのか、というようなものが出てきてびっくりする。食器好きな母が揃えたものは変わった形のもの、重ねられないものなどシンプルとほど遠いものばかり。とりあえず元に戻したけど、全然活用できてないし、もう処分したい…

 それから、きれい好き・整理整頓好きな父が母の衣類を処分したいとずっと言っていて、本人はまだ生きているのにと私は複雑な心境。「どうせ、もう着られないんだから」って言われてもねえー。私が情緒的過ぎるのだろうか。ただし、死蔵になっている衣類も多いのは事実なので父の意向も聞きつつ、母の下着類が入っているプラスチックケースの中は選別することにした。

 いざ始めてみると、安物ばかりだがとにかく数がどっちゃりあって大変。新品のものは残してほとんどゴミ袋へ。ついでだから私の部屋にある箪笥(元々母が使っていたもので中身はほとんど母のもの)も片付けることに。まず、最上段の小引出しから始めたが、ハンカチ類がこれでもかというくらい詰まっていてその量に圧倒された。柄のきれいな未使用のものを数枚残して処分。これだけで30リットルごみ袋の1/3くらいになった。めげそうになるが、下の引き出しから古いエプロンとかレースのテーブルセンターとかナソの袋物とかナイロンの風呂敷などを袋に詰め、とりあえず今日のところは作業完了。

 期せずして最後の日は「オヤカタ」(親の家の片づけ)になってしまった。それにしても、ガラクタが多かったな~いつの日か、これを全て片付けなければいけない日が来るのだ。それを考えると気が重い。

 自分のものももっと減らそうと思いながら帰路についたのだった。

|
|

« カレーなる休日 | トップページ | 恐怖分子 »

エコロジー」カテゴリの記事

シンプルライフ」カテゴリの記事

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/61540055

この記事へのトラックバック一覧です: 連休最後はオヤカタ:

« カレーなる休日 | トップページ | 恐怖分子 »