« 孫文の義士団 | トップページ | 双子座の日々 »

ドラゴン危機一発'97

 六本木での香港映画特集は終わってしまい、後は特別上映の2、3作を残すのみ。この作品も未見だったので行ってみた。特別上映にするくらいだからと期待ワクワク。

 実はこの作品の作成中の'97年に、私は香港に滞在していて偶然この作品の関係者の方とちょっと話す機会があった。その時「タイ(のロケ)から帰ってきました~」と言っていた。後になってこの作品のこととわかり、どんな作品なのかと気になっていた。

 ブルース・リーの「ドラゴン危機一発」(一髪ではないのだ)のリメイクらしいのだが、残念ながら私はこの作品は見ていない。オリジナルとどう違えていくのかな、と期待しながら見たのだが…

 まず、ドニー様始め出演者がみんな地味・無名の人ばかりなのでなんか引き込まれるものがなく、話に入っていけない。芝居が白々しく感じられてしまう。話の舞台や時代設定もなんか現実感がなく、ナゾ。日本軍の話が出てくるので終戦直後なのかな。

 アクションは文句なくすごかったけど、それ以外がショボすぎて正直きつい…やっぱりブルースの役どころをドニー様がまんまやるというのはちょっと無理が…そしてドニー様を引き立たせるため&お仲間を活躍させるため共演者を無名の人(たぶん、ドニー様の弟子?)ばかりにしたので華がなくなってしまった。ヒロインは演技派のカルメン・リーだが、折角の演技力を発揮するような役でもないしなんか勿体ない。

 たぶん、アクションを本当に理解できる人が見たらすごい作品なのかもしれないけど、私には脱力感いっぱい。でも、いつかオリジナルは見てみようと思う。
 

|
|

« 孫文の義士団 | トップページ | 双子座の日々 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/61691009

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン危機一発'97:

« 孫文の義士団 | トップページ | 双子座の日々 »