2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 家に居ると… | トップページ | 美少年の恋 »

派遣法改正

 派遣法改正が審議中とのこと。どちらにしても企業に都合のいい結果になるに決まっているので、それをいかに自分が利用するかが問題。個人レベルで言えば、年収500万以下の人が短期の仕事に就けなくなったのは大変痛い。なんたって短期の仕事中心で食いつないで来たのでね。

 派遣3年枠が撤廃されたら、とりあえず自分にはありがたい。今の職場は、就業するときから「最長で来年3月まで」と言い渡されていて理由が謎だったのだが、最初の派遣さんが就業してから最大3年まで、要は後に入る人は残りの期間を埋めているだけなのである。今の法律が変わればとりあえず最大3年居られるので、私はそれで充分かな。

 でも、世間の大勢としては、「派遣さんは3年たったら次の人」という流れにしかならないだろうね。今日もニュースで早くも「3年後次はない」と雇い止め予告された人が紹介されていた。

 でもさー、「がんばれば社員になれる」って本当に信じてるの?それよりも「派遣としてどう生きるか」を考えた方が建設的なような気が…

 私としては、短期の仕事ができて、仕事をつないでいければそれでいいんだけどね。でもそれってすっかり派遣生活に飼いならされてるってことか(苦笑)

|
|

« 家に居ると… | トップページ | 美少年の恋 »

会社遊牧民-派遣生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/61729362

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣法改正:

« 家に居ると… | トップページ | 美少年の恋 »