最近のトラックバック

« 夏カゼじゃなくて | トップページ | 8月終わり »

NHKスペシャル 老人漂流社会 急増する親子共倒れ

 私にとって毎度おなじみの「老人漂流」シリーズ、今回は、自分の年金も少ないのに成人した子供の面倒まで見なくてはいけなくなり、親子とも立ち行かなくなっている人たちの特集。自分の実感として、結婚や就職で一旦家を出たけど親元に戻って生活している人や、都会だとずっと親元で暮らして自分の小遣い分だけ働いている人は結構多い。けど、大体親御さんの生活がしっかりしてるから問題になっていないケースがほとんど。非正規なのはいいけど(自分が派遣なので非正規の人に甘い)、せめて家は出ようよと私は思うけど大体「わざわざ家を出る理由がない」「親の面倒を見ている」「うちは家族で仲がいいから」という答えが返ってくるのである。

 息子さんが家に戻ってきたばっかりに、生活保護を打ち切られてしまった人はかわいそうだったな~息子も、働く気があるのだから、役場は生活保護を打ち切るなら息子の就労支援を同時にすればいいのだ。

 あとは、周囲に援助を求めず母子で亡くなってしまった人。なんだかいかにも東北の人って感じ。この場合も、お役所にSOSを出せばヘルパーさんに入ってもらうとか、お母さんに施設に入ってもらって息子が働くとか、色々対策を考えてもらえたのではと思う。

 現在一人暮らしの私が番組を見て思ったのは、「とにかく、親との別居はできるだけキープすべき。面倒を見るからと安易に同居しちゃダメ」今の日本では、親と別居の方が公共サービスなど受けやすい。それから、周囲にどんどん相談すること。相談できない人ってたぶん、「家の恥をさらすのが嫌」とか、「うちの家はちゃんとやってると世間に思ってもらいたい」という人なんだろうと思う。

 とにかく、「家族で暮らすのがいいことだ」という家族幻想は捨てること。今は地域全体が家族だくらいの勢いで、福祉を受けられるところは受けつつ、働ける分は働いて生きていけばいいのだ。

|
|

« 夏カゼじゃなくて | トップページ | 8月終わり »

人生ひとり旅-独身生活」カテゴリの記事

会社遊牧民-派遣生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/62188000

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 老人漂流社会 急増する親子共倒れ:

« 夏カゼじゃなくて | トップページ | 8月終わり »