« 秋のソナタ | トップページ | 楽しくも迷える週末 »

セッション

 楽しい作品ではないとは聞いていたが世間の評判も良さそうだし、知り合いにも勧められたので、勇気を出して見に行ってみた。

 音楽院のジャズバンドでしのぎを削るドラマーと鬼教官の物語。鬼教官のしごきはやっぱりすごい…芸術好きだから、芸術を極めるためにはこのくらいでなければという気持ちと、自分がこの立場だったら耐えられないだろうなという気持ちがないまぜになりながら鑑賞。音楽に疎いので、劇中の「音程が合ってない」「テンポがずれている」のが、本当にそうなのかわからないのがちょっと辛いところ。

 芸術家の卵が教師に追い込まれ、精神崩壊して終わりの話なのかなーと思っていたら、この映画はここで終わらないところがミソなのだ。一旦は音楽をやめた主人公が再度立ち上がる。そして教師が再度立ちはだかる。話は二転三転し、最後は「こういう結末なのか…」一筋縄ではいかないストーリーが、すごい。

 この教師は真の芸術家なのか、それともインチキなパワハラ野郎なのかはわからない。師弟愛とはとてもいえないので、やっぱり悪人ではと思う。

 でもこの二人のバトルのおかげで映画ラストのすんごい演奏が生まれてしまうのだから、まさに「芸術は爆発だ!」

 それから、主人公はミュージシャンの人が演じているのだと思っていたら、役のためドラムの練習をしたのだそうだ。それであれだけの演奏ができるのか。アメリカって芸達者な人が多いな~。

 こんな話は、現実にはあり得ないだろうけどとにかく「やられっぱなしでは終わらない」というところにとてもアメリカ的なものを感じた。いろんな意味でエキサイティングなのでお勧め♪

|
|

« 秋のソナタ | トップページ | 楽しくも迷える週末 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/62529948

この記事へのトラックバック一覧です: セッション:

« 秋のソナタ | トップページ | 楽しくも迷える週末 »