最近のトラックバック

« 木枯らし一号 | トップページ | IKEAでハロウィーン »

献血との別れ

 転居して1年過ぎたので、もう旧住所宛ての郵便も転送されなくなった。住所変更手続きは大体済ませたつもりだが、やり残していたのが献血センター。たまに献血のお願いのはがきが来る。以前は健康チェックが主な目的で成分献血していたが、乳がん手術後は定期的に病院で検査するし手術後しばらくは献血できないと聞いたので、足が遠のいていた。やっと時間ができたので、献血センターへ行くことにした。大したことじゃないけど、はがきがムダになったら申し訳ないもんね。

 事前にHPで確認したら、手術どころか悪性腫瘍(要するにがん)を患った人は、予後の状態がよくても献血はできないとあった。う、そうなのか。その場合はどうすればいいのだろう。

 窓口に行き、周囲の人に聞こえまくりだが自分の状況を説明した。係の人の説明では、がんでも手術だけなら献血できないことはないが、抗がん剤や放射線治療をしていると献血はできないとのこと。私は放射線治療をしているので、もう献血はできないとわかった。

 もう住所変更しても仕方ないので、お知らせ送付を止めてもらう依頼をして、献血センターを離れた。

 最近献血をする人が減っていると聞いているので、世間にお役に立てない身になってしまい残念。

 家で古い献血カードを断捨離した。もうはがきやDMも来ないからちょっとシンプルになっていいやと自分にうそぶく。

 普段は自分ががん患者ということも意識せずに生きているが、がんという病気の重みを改めて感じずにはいられなかった。

|
|

« 木枯らし一号 | トップページ | IKEAでハロウィーン »

乳がん記」カテゴリの記事

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/62555860

この記事へのトラックバック一覧です: 献血との別れ:

« 木枯らし一号 | トップページ | IKEAでハロウィーン »