« 百日紅 | トップページ | 秋の夜長 »

モネ展

 新聞の古紙回収用の袋についていた割引クーポン(たった100円引きだけど)を握りしめて行ってきた、モネ展!まず、上野に行くというだけで旅気分。Moma展とか、バーンズコレクション展とか興福寺展とか法隆寺展とかを見に上野に何回か来たけど、来るたび本物の芸術を見て見が引き締まる思い、上野は私にとって特別な場所なのだ。昼間行くと大行列なので、ここ数回は金曜夜の来訪。夜の上野公園を歩くとマグリットの「光の帝国」という絵を思い出す。

 うろ覚えで美術館に行ったらモネ展やってない…「モネ展は、あっちの建物ですよ~」係の人が指さす方向へ行ってみたら、そこにも美術館があった。なんと、上野のこの一角に国と東京都で別々に美術館を持ってるのか。東京都美術館は初めて。

 そして展示ですが、会場に入ってすぐ目につく肖像画がいいなあと思ったら、モネじゃなくてルノアールの作品だった(笑)そしてモネに影響を与えた人々の作品。モネの作品では、画家デビューする前に描いていた風刺画が印象に残った。やっぱり絵がうまい人ってデッサンがしっかりしてるんだよね。そして晩年は赤を多用した意外な作風。やっぱり会期の始めのみ展示していた「印象、日の出」が見たかったなあ。

 モネは浮世絵にもすごく影響を受けてるんだよね。先週「百日紅」で江戸時代を堪能したけど、あの時代フランスではこうだったのか、みたいな繋がりが感じられて面白かった。

 折角来たからもう一度入り直して見学(笑)閉館近くの時間だと空いててしっかり見られていいよ。

 帰りは「光の帝国」の中を歩いて上野駅へ。外国の駅みたいな、レトロな上野駅大好き♪奮発して、カレーうどんの「古奈屋」に入ってみた。巣鴨の本店は母と行った思い出の店なのだ。高いし、多店展開してから味が落ちた気はするけどたまにはいいでしょう。美術展のチケットを見せたらサービスがあるのも嬉しかった。

 芸術は本当、心のごちそうだな~そしていつか、フランスへ行ける日を夢見て。

|
|

« 百日紅 | トップページ | 秋の夜長 »

毎日が旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/62627985

この記事へのトラックバック一覧です: モネ展:

« 百日紅 | トップページ | 秋の夜長 »