« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年終わり

 今、大晦日の夕食の片づけが終わりほっとひと息…本当なら喪中の家はおせちとかはやらないらしいのだが、食べ切りのおせちのパックを買ってきて、煮しめなど数品は作り、鯛の尾頭付きも食べたいから買ってしまって全然喪中らしくない(苦笑)洗い物しすぎで手がカサカサ(泣)

 本当は早く年が明けた方がいいのかもしれないが、母を見送ったこの年が過去のものになるのがいいのか悪いのか。母を見送った日からどんどん遠くなる。

 とにかく、今年がどんな年だったか総括できるのは数年先になると思う。子なしの私は、親を見送ってやっと大人への第一歩を踏み出したと感じている。これからまたいろいろあるんだろうな。

 とりあえず…これから年越しそばの準備をしてなますを作れば年末ミッション完了、あともうちょっとp(^_^)q

 今年も一年ありがとうございました。

年末デトックスの日

 昨晩遅かったのでゆっくり寝ていたかったけど、目覚ましはいつも通り7時。理由は「きょうのわんこ大賞」を見るため。何時に始まるかわからないから早めにスタンバイということで。おかげで今回はちゃんと見ることができた。大賞は5000回記念に出てきた、ケージごと転がるわんこ。もう最高(^0^)もう一方の、ご主人のマスクのゴムをパッチンするわんこも面白かった。よい年のシメ。

 そして今日はどう過ごそうと色々迷うけど、結局家で大掃除と洗濯、そして美容院という流れになった。父に頼まれたものの買出しというミッションもあったのだが、結局ネットで済ませてしまった。

 昼間は家でキッチンの掃除、途中で散歩を兼ねてお使い。近所をひと回りして、最近の建て替えラッシュ状況をチェック。少し休んでから、美容院でヘッドスパをしてもらった。地肌すっきり。自分の姿勢の悪さ(いつも肩先が上がっている)も気づかされた。

 家の大掃除と地肌の大掃除で、デトックス。明日から実家でまた働くぞp(^0^)q

ぐしゃぐしゃな愚者の日(笑)

 昨日は仕事納めだったが、朝「本日の一枚」でタロットカードを引いたらなんと「愚者」ありゃーどんな一日になるんだろうと期待と不安を胸に会社に向かう。

 途中のコンビニでおつりを500円少なく渡されそうになったりして、なんとか阻止できたけどこれが愚者の日かと思う。日中は仕事でバタバタ。普通の会社なら、年末ほっこりモードなのだろうが、今の職場は年明け早々繁忙期になるし、それを見越して今のうちなるべくやれることはやっておきたいと追い込みモード。緊張感がみなぎる。これで年末と思えないほどあっさりと仕事は終わってしまった。

 良かったことは、通勤途中で見かけて気になっていたとある商品を、昼休みに職場のビルに入っている雑貨屋で見つけたこと。しかも約40%オフ!。ラッキー、迷わずゲット!浅見帆帆子さん流に言えば「精神レベルが高い」のか私(笑)

 会社帰りは、今年唯一の忘年会。一人でしんみりしたい気持ちもあったのだが、しばらく会えなかった人とも話せて楽しかった。鍋もおいしかったし。そして午前様(笑)

 ぐしゃぐしゃだったけど楽しかった~おやすみなさいzzz

年末モヤモヤオヤカタ

 年末にも帰省するが、その前に大掃除の手伝いでもしましょとこの土日で帰省。しかし、掃除の方は父ががんばってかなりやってくれていた。それで私がやったのは不用品の整理。主には母の衣類。実家は一見片付いているが、弟の部屋は物置と化しているし、私の部屋の造り付け収納や箪笥はすべて母の衣類で埋め尽くされている。少しずつ片付けていたが、父が疲れてしまったらしく何も言わなくなったので一時中断していた。でも明日あさってとごみ回収日だというのでできる分だけごみ出しすることに。

 久しくそのままだった自分の部屋の押入れ、奥のダンボールがどうやら私の私物のようだ。人のものより自分のものの方が捨てやすいかと思い、ダンボールを開けてみた。

 そしたらなんと、それは夢のお宝箱…もう一度読みたいと思っていた絵本、子供用料理の本、夢中で集めたサンリオグッズ、少女雑誌の付録など、「そういえばあれ、どうしたかなー」と思っていたものがドンピシャで入っていた。この選択の的確さから、どうやら自分で選んでとっておいたと思われる。美しいもの、かわいいもの大好きで夢中で集めていた頃にタイムスリップ。人のものはじゃんじゃん捨てるのに、これは捨てられず今回は保留にさせてもらった(笑)

 その代わり、どう使うかもよくわからない着物の着付け用小物とか襦袢とか足袋とかをどんどん袋に詰めた。母の衣類は弟の部屋にもあったのでそちらも片付け。それにしても見事に安物しかない。私と服の好みもサイズも違うのでもらえるものもなく、もう捨てるしかないのだ(苦笑)

 今回のオヤカタ(親の家の片づけ)は、年末ということもあり色々な思いが甦ってきて心苦しくなった。でも空間ができるとすっきりするのも事実。少しずつ自分をなだめながら、片付けていこう。


 

香港への想い

 今朝、アラームで仕方なく起きてTVをつけたらめざましTVで香港の特集!思わず支度も忘れて見入ってしまった。

 ビンボー一人旅だから、普段はTVで紹介されるような店にはほとんど行かないけど、私が知らないB級グルメや新しいスポットがたくさんできていて面白そう!香港に夢中だったあの頃の気持ちがガーッと甦ってきた。

 そして最後は、お決まりの夜景なのだがやっぱりクリスマスのイルミネーションは綺麗!そして進化してる!今はプロジェクションマッピングとかもやっているらしい。

 長らく、香港への気持ちは封印していたが忘れていた想いが一気に解き放たれたような気がした。

 来年はぜひ香港へ…とここに書いておこう。

年末に食われるクリスマス(笑)

 今日はクリスマスだけど、お店ではもう2,3日前からクリスマスグッズが割引になっているし、もう終わってるモード。職場は仕事納め2日前なので片付けや掃除が始まったりして年納めの雰囲気。1日飾りはよくないからと鏡餅が今日受付に登場したのだが、そういえばまだクリスマスだった、みたいな(笑)

 会社帰りには、図書館の本を返したりコーヒー豆の買出しに行ったり、液体せっけんを探してドラッグストアを回ったりと年末のヤボ用をこなす。液体せっけんは結局なくて最後に地元のいつものドラッグストアで購入した。

 近所のスーパーでパエリアを2割引きで買っていたのだが、冷蔵庫に入れて夕食は近所のカフェへ。「個人経営の店を応援」というところが唯一クリスマスらしかったが、その店も今年はクリスマスメニューをやめてしまって年末メニューの和食(笑)食事して少し語らって、団欒の代わり。

 家では紅茶と共に、昨日の残りのケーキとクッキーと食べ切った。年末モードにすっかり侵食されてしまったけど、部屋の飾り付けは少しの間このままにしておこう。

ねむりマス

 昨日は外出を控えめにして昼寝などしたせいか夜寝るのが遅くなってしまった。そして今朝…寝坊してしまった!理由は昨日携帯のアラームをオフにして、そのままにしていたから。知り合いが出てくる夢を見ながら「アラームまだ鳴らないけど…起きてみるか」と起きたところ、いつもの時間より50分遅れだった(爆)なぜ、よりによってこの日に寝坊するかなあ(呆)身支度には間に合うが朝食の時間がない。ピザまんとオニオンスープ缶を買って、電車で食べながら出勤(爆)スタートがこんなだったせいか、今日は変な注文とか問い合わせとかの電話が多く応対に振り回されて、落ち着かない一日だった。

 帰りは、繁華街は疲れるので素通りして、地元の店でささやかな買い物。駅前のスーパー、昨年は25日に正月商品を並べ始めていて仰天したが、今年は今日から売り場造りをし始めていてさらに仰天。結局ここで買い物はせず、100均コンビニでロールケーキを。結局これが安くて適量で最適♪そして個人でやってるお惣菜やでグラタンを。家では昨日の残りの野菜スープとパエリアとグラタンで、ささやかなディナー。自分にはもうこのくらいが適量なんだと思い知った。

 私にとってクリスマスとは、個人でやってる店で買い物することで地元経済に貢献するチャリティーの日だなと自覚した。来年からはこんな感じでやっていこう。

 そしてこれからいい夢を見よう。睡眠中心の「ねむりマス」(笑)

 

クリスマスのしつらい

 12月に入って、クリスマスの飾り付けをした。と言ってもIKEAで買ったLEDライトが付いている白いリース、フェルトでできたクリスマスツリーの飾り、20代の頃横浜で買ったガラスのミニツリーなんかをチェストの上にちゃらっと並べてクリスマスコーナー。もうお祭り気分でもないし、このくらいでいいやと思っていた。

 しかし先日、懐かしの品発見!それは初めての香港旅行で買ったクリスマス模様のセーター!旅行の思い出の品だし、もう着ないけど額に入れて飾ったら可愛いよなと思いながらしまいっ放しだった。折角だから活用しようとハンガーにかけて壁に下げてみた。一気にクリスマス気分倍増!

 そして今日、また思い出してダンボールケースをひっくり返して白いテーブルクロスと、赤白のギンガムチェックのクロスを出してきてテーブルにセット。白いランチョンマットもセットして、なかなかいいんじゃない?

 かなり断捨離したつもりだったけど、まだまだ色々持っていたのだと気づかされた。

 あり合わせのものを活用できて、気分いい。こうやって自分が持っているものをフル活用して生活にアクセントをつけていけたらいいな。

クリスマスはファスティング?

 私にとって、冬の風物詩となっている「クリスマス胃痛」クリスマスの声が聞こえた瞬間からなんか胃の調子が悪くなる。本当はごちそうをたらふく食べたいのに(;_;)1年の胃の疲れがこの時期に出てくるようだ。

 先日行ったヨガ教室で、ファスティングをしているという人がいた。なんか良さそうな感じがした。

 胃の調子が悪いときは、無理して食べない方がいいんだよな~試しに、昨日の夜は残り物の野菜スープと鶏の唐揚げだけにして夜早めに寝た。いつもは早く寝ても早く目が覚めたりしてあまり意味がないのだが、昨夜はかなり熟睡できた。やっぱり疲れているのかなと思った。

 日中の体調は変わらなかったけど、今日も夜だけ食事を軽くしてみようかな…と思いつつ、クリスマス前のデパートを回る。ケーキ類で目の保養だけする。

 でも…地元スーパーでその目論見はもろくも崩れ去り、かねてから食べたいと思っていたトマトクリームのパスタを買ってしまった。そして冬至だからかぼちゃの煮物も(笑)

 いつもは栄養を考えその他にも色々食べてしまうけど、今日はこれだけにしておく。そして今日も早く寝れば、さらに改善される…はず。

 クリスマスにファスティングか~でもこれから年中行事にしようかな(笑)

買出し祭り(笑)

 喪中の年末だからしんみり~お金がないからなるべく買い物はせず~とのんびりしていたら、家庭用品のかなりのものが欠品していた。今日の会社帰り、一気に買出しだ!

 まずは掃除機の紙パック。一軒目の家電量販店へ行ってみるがいつもの如く迷い癖が出て「他の店ならもっと安いかも、ポイントカードもあるし」ととりあえずそこでは買わないで、別の量販店へ。しかし、ここで衝撃の事実が!いつも当たり前に買っていたSANYOの正規品、次の店には置いていなかった。そっかーもうSANYOブランドないもんね。でもまだ使ってる人たくさんいるし、なくすの早すぎじゃね?

 結局元の店に戻って購入。途中で、今日はやめておこうと思った重曹、10%オフで売られていたのでつい買ってしまった。「安くなってる」のにすごい弱い私(笑)

 それから地元駅で、食パン買ってトイレットペーパー買って米買って。どうしてこうかさばるものばかり一気になくなるのだろうか(笑)

 それでも、どれかは次にしようと思っていたのに全て買ってしまった。後はネットでシャンプーと洗濯用洗剤を買えば完璧(爆)

 SANYOの紙パックは、いつなくなるかわからないから注意して見ていこう。

懲りずに、リサイクルショップ(笑)

 先日食器を売って小銭を稼いだのに味をしめて、年末断捨離を兼ねてまた品物を持ち込むことにした。それは高校から短大にかけて使ったタイプライター…数年前、同じ機種がアンティークショップに置いてあるのを見つけて、自分が使っていたものがアンティークになる時代になったのかと仰天した。その後ヤフオクに出品されているのも見た。でも、当時安くないお金を出してもらって買って、一生懸命タイピングの練習をした思い出の品。使わないけど捨てられず、引越しのときも迷わず持ってきた。でも今の部屋ではしまうところがないからもう手放した方がいいかなと。

 一緒に持って行けるものないかなと部屋を見渡し、クッションに目が行った。フランフランで一目ぼれしたブルーのクッションカバー。、クッション類は偶数個にした方がいいという風水アドバイスにより、1枚3000円近いカバーを無理して2枚購入、しかしクッション自体はいいんだけど白一色のうちのインテリアにどうも合わないし、使い方もよくわからず結局単なる場所ふさぎに。まだ買って1年しかたってないし、きっと売れる♪

 でも、よーく見たら2個のうち1個に、ミートソースみたいなしみが付いてるのを発見してしまった。アチャーw(゚o゚)w慌ててその部分だけつまみ洗いするが、よく落ちないし周囲の生地がけば立ってしまい明らかにヤバい状態に。

 それに…部屋の隅に積んであったクッションをどけたら、すっきりしたというよりなんかさみしく、物足りないような感じがした。これは売らない方がいいという天の声かもしれない。生地も乾かないので、今日は持っていくのをやめる。

 そして、売るのに最適なものを見つけてしまった!それはウールの厚手のセーター。ヤフオクで気に入って買ったのだが、乳がん以降治療の副作用でのぼせがひどくなり、ウールのセーターを着ると汗をかくようになってしまって厚手のセーターはお蔵入りになっていた。これも品物はいいからもったいなくて捨てられなかったのだ。

 そんなわけで、両手に荷物を提げてショップを再訪。全品買い取ってもらえた。あまりお金にはならなかったけどごみにしなくて済んだ満足感でいっぱい。

 そしてこれから、物を買うときはその後も売れるようないいものを買おうと心に決めた。

サンドラの週末

 公開の時期と母の看取りが重なり、見そびれていた作品。あらすじを聞いて期待して見たけれど…

 「休職中の女性が復職するなら、社員のボーナスはカット。復職かボーナスなしか投票で決める」って、実際にこんな露骨な話あるのかなあ。フランスって、労働者の権利がもっと守られていると思ってたので、この映画を成立させるための設定かなと思ってしまった。それで、主人公は自分の復職を認めてくれるよう社員一人一人にかけあう旅に出るわけだが…

 映画を見て思ったのは、「監督は、女性の労働問題を描きたいわけではなくフランスの労働者階級・移民社会を紹介したかったのかな」ということ。主人公が次々訪ねていく同僚の生活ぶりが興味深い。人種も移民系の人が多いし、彼らが暮らす風景はフランスと思えない。最近のフランス映画を見るたび思うことだが、エスニック色が濃い。

 自分も明日をも知れぬ派遣社員なので、自分だったらどうするかなと思いながら見た。自分が主人公の立場だったら…闘えるかなあ。そして同僚の立場だったら、私は甘ちゃんなのでもちろん自分のボーナスを返上するだろう。いや、ちょっと待てよ…自分が一緒に働きたくない人だったら、自分のボーナスをとるな、やっぱり。ボーナスもらえて嫌な人の厄介払いができるなら万々歳だから(苦笑)

 かねてから、正社員とは自分のポジションをキープするのが仕事なんだなと思っていたが、やっぱりそんな感じがした。でも非正規でもやりようでうまくやっていけるはず。私も、格差社会をなんとかうまく泳いでいきたいと思う。

 

懲りずに、クリスマスマーケット(笑)

 映画をやめて、今年も懲りずに行ってしまった六本木ヒルズのクリスマスマーケット!昨年は休日に行って大失敗だったので、行くなら平日とは思っていたのだが、クリスマスが近づくと混むから12月初旬のうちに…と思っているうちに中旬になってしまった。金曜だから混むかもと思いつつ、他の予定を考え今日行くことにした。喪中なのに意外とせわしない(苦笑)

 もう、店の配置も何もかも慣れたものだがとにかく駅から歩くのが難点だ。今日はひときわ風が冷たく感じる。後で今シーズン一番の寒さと知る。毎年、ビールが飲みたいと思いつつ余計冷えそうで怖くて頼んだことがない。まずは腹ごしらえということで、あまり並んでない店でホットドッグとホットワイン。パンもソーセージもおいしくて当たりだったけどこの二つで1500円超えはやっぱなあ…そして今年も、席取りに苦労するがなんとか座れてよかった。

 ワインを少し残して、別のフードを探しに行く。パスタがおいしそうということで頼んでみるが、これはハズレ…生パスタと謳っているのに明らかに乾燥ペンネだよ。量は結構あって、これでもうおなかいっぱいに。量を少なくして安くしてほしかったな。

 ビールといろんなおつまみを少しずつ楽しんで、というのが理想なのだが、手が2本しかないから飲み物・料理一品ずつしか買えないのが残念。後でマッシュルームのフライとかも見つけたけど、もうおなかに入らなかった。

 結局1時間くらいでヒルズを後にしてミッドタウンを見て帰るという例年のパターン。イルミネーションは興味ないけど、売店を冷やかしたりして、クリスマスの雰囲気だけ味わって帰る。家では作り置きの野菜スープでビタミン補給(笑)

 「トレイを持って行けば、一度に色々買えるよな…」と思いついてしまったけど実行に移す勇気がない(笑)でも勘弁に持ち歩ける折り畳みトレイとかが手に入ればいつかどこかで実行するかも。

マッサージ

 今日は定期的に通っているマッサージの日。色んな意味で疲れがたまってるからしっかりほぐしてもらおうと出かける。

 し、しかし…冷えすぎ・つまりすぎでマッサージの個所によっては痛みが…ふくらはぎから足首にかけてと、足裏と、腕の付け根。我慢しながらのマッサージとなった。

 あと、日ごろの姿勢のクセ。肩が上がったままになっていたのに気付かされた。無意識だが緊張していたようだ。そうだよな…今の職場も、緊張というほどではないけど安住の地ではないし(苦笑)

 これからは腕回し・股関節回し・足首回しをやっていくのと肩が前に出ないよう、肩先が上がらないよう気をつけていこう。

世田谷ボロ市

 昨日今日で、世田谷ボロ市だったことを思い出し急遽行ってみることにした。今年で四百何十回目かだって(笑)ボロ市は何回か行っているがいつも1月で寒すぎるので、12月のにも一度行ってみるかと。

 世田谷駅で降りて人の流れのままぞろぞろ歩き出す。夜行くと暗くて商品が良く見えないし(笑)、早めに店じまいする店もあったりするけど仕方ない。昨日食器を売ったばかりなのに、古道具屋の食器に目がいってしまう(笑)物を買うのは我慢して、ひたすら食べ歩き。結局食べたのはシャーピン(中国風お焼き)、竜田揚げ、ホットワイン、中華ちまき。昔は駅の近くでコロッケ売ってたよな…と行ってみたが発見できず。

 いつもは寒すぎてイヤになってしまうのだが、今日は寒くないから追い詰められた気持ちにはならずなんだか楽しい♪この楽しさ、懐かしさは何だろう。たぶん前世でも同じような生活をして、同じように楽しかったのかなと思う。もう一品くらい食べられたけど、8時前にほとんど店じまいが始まってしまい会場を後にする。

 帰りは事前に調べておいたルートを歩いて夜の世田谷探検♪一度道を間違えてしまうが、戻って歩きなおしたら見覚えてのある風景が出てきた。昔、このルートを歩いたことがあったのだがそれすらも忘れていた。無事目指す駅に着いて帰路につく。

 行く前はクリスマスマーケットとどっちにしようか迷っていたけど、ボロ市楽しかった♪今度は昼間に来てじっくりガラクタ探ししたいな。

ちょっと嬉しい日

 今日は、昨日に続きプチ行動の日♪まずは、お昼休みに昨日書いた振込票を使ってお香典の一部を寄付。住所変更もできたし、これで残りは心置きなく使えるぞ!残ったお金の一部で、スクラッチくじを買ってみた。

 そして会社帰りに重要ミッション♪通勤途中にあるお気に入りのリサイクルショップに持ち込み。商品は、死蔵になっていた食器。ゴミにしなくてすむし、数十センチでもスペースを減らしましょうということで。カップ&ソーサー2セットで500円くらいになればいいかなと思っていたら、なんと総額2000円!すっかりご機嫌になり帰路につく。この2000円で何か記念になるものをとも思ったが、もったいなさすぎて使えない!しかし、持ち込みでここまで幸せな気分になると思わなかった(苦笑)

 それから、昨日メールしたガン友さんから返信キタ~彼女も元気そうでよかった。

 スクラッチが全部外れだったこと以外は、いいことだらけの一日だった(^_^)

運命切り替わりの日?

 毎日見ている占いサイトに「今日は運命が切り替わる日」と書いてあったので勇気を出して今までできなかったことを♪一つは、ガン友さんにお久しぶりのあいさつメールを出すこと。もう1年くらい連絡してないのかな…もうそろそろ連絡、と思っていた頃に母が終末医療状態になって連絡しづらくなってしまってそれっきりになっていた。文章がうまく書けなかったけどとりあえずメールを出すのが重要だからと思い切って送信。

 それから、以前厄落としで時々寄付をしていた某慈善団体へ、住所変更を兼ねて送金。これもなかなか手がつけられず、今日やっと振込票を書いた。実はこの団体関係でちょっとイヤな思いをしてトラウマになってしばらく寄付ができなかったのだ。でももうそろそろいいかなと。これで本当に、住所変更手続きが終わるはず。ほんのこれだけのことなのに、ずっとできなかったのだ。心の引っかかりがやっと取れた気分。

 ガン友さんから返信はないけど、運命は切り替わったかな(笑)

ひなぎく

 昔見て、異国情緒・レトロでアバンギャルドな作風に圧倒された作品。でもストーリーがほとんどないから内容をあまりよく覚えてなくて、映画を見たこと自体が夢か幻のよう。久々に再映されていたので見に行ってみた。

 やっぱり、映像がおしゃれで可愛い!60年代と思えない斬新さ、東欧というもの珍しさ。そして60年代なので、不良少女でも服の着こなしがちゃんとしてて品がいい。2人のファッションの取り合わせを、注意深く見た。ワンピースでも一人が首のつまったデザイン、もう一人が胸元の開いたデザイン、そして開いた胸元をシフォンのスカーフで覆って…とか、とにかくセンスがいい。ラストに出てくる新聞紙で作ったジャンプスーツとかもおしゃれ(しかも、2人で微妙にデザインを変えている)で、そうだそうだそうだった、とひたすら懐かしかった。

 ストーリーは覚えてないくせに、字幕の訳が微妙に変わっているのには気づいた。呼びかけの「ヤルミルカ」が「ヤルミルさん」に変わっていたし、最後のセリフは以前は「踏みつぶされたサラダをかわいそうと思わない全ての人々に捧ぐ」だったはずだが違う表現になっていた。

 最初と最後に爆撃シーンが入っていることからも、本来は体制批判映画らしい。監督は何に対してどう批判したかったのだろうか。バックグラウンドを知らないと、本当の意味での理解はできないんだろうなと思った。その辺の解説を知りたいところだ。それから主役の2人、今なら60代くらいだろうか。監督やキャストがその後どんな人生を送って、どんなおばちゃんになっているのかすごく興味があるんだけど知る由もない。

 日本では、ただのおしゃれなギャル映画としてしか認知されていないのがなんとも残念。この作品は好きだけど、この作品を支持するギャル系の人は苦手な私。作品は好きなんだけど、つい見方が斜めになってしまう。そして私は監督のいう「踏みつぶされたサラダをかわいそうと思わない人々」に分類されるんだろうな。

実家ミッション改め実家ルーティン

 今日は、久々の実家行き。父からは「こちらは特に用がないから無理して来なくていい」と言われていた。でも私としては、やはり一週空くとなんか不安で…特に気になるのが実家のトイレ。老眼の父はよく見えないらしく、便器の内側上部に茶色いしぶきがこびりついていることが多い。私が行って掃除しないと大抵そのまま。だからやっぱり最低でも2週間に一度は行かないとね。

 駅で父と待ち合わせ。今日は駅前の店でラーメンを食べた。この店の期間限定ラーメンをずっと食べたかったので私は満足した。それから父の提案で、地元のイルミネーションの名所へ。TVでも結構取り上げられていて私はずっと行きたかったのだが、「家から遠い」「夜は寒い」「道路が混む、駐車場を探すのが大変」ということで一度も行けたことがなかった。それで「空いてる昼のうちに行こう」という話になったのだ(爆)車を出してもらう身なので仕方ない。イルミネーション会場は、夜来れば綺麗なのかもしれないけど昼だとやっぱりちょっと安っちかった。でもまあ来るだけ来れたから良しとする。お土産売り場で食品を買って帰宅。

 家ではコーヒーを飲みながら父とよもやま話をして、その後父はちょっと昼寝。私はその間に洗い物とトイレ掃除。やっぱり汚れてた。後は家からもらって帰るものをかばんに詰める。予想とおり、りんごが買い置きしてあって持たされた(笑)

 そして暗くならないうちに、駅まで車で送ってもらって帰路につく。これで一日つぶれてしまうが、行き帰りの電車が貴重な読書&昼寝タイムにもなるし、もうこれが私のリズムになっているんだな…

 今までミッションだった実家行きが、自分のためのルーティンになりつつある。しばらくこのペースかな。
 

不思議な日

 今日はなんだか不思議な日だったな…雨だとは言われていたけど、普段は外の音がほとんど聞こえないほど密閉されている部屋でも聞こえるほどの雨音!暑くなるとは言われていたけどいつものダウンで出勤。そして玄関ドアを開けて廊下に出た瞬間「あれ?」建物の前は使われていない梨畑なのだが、大雨の中梨棚が取り払われて重機で地面をならしているではないか。この後どうなるのだろうか。周囲に高い建物がなく解放感があるというのが今のアパートを選んだ理由なので、隣にマンションとか建ったらやだな…出がけから衝撃の光景。

 昼は昼で、雨が上がったかと思うと強烈な日差し。寒くないからお昼は久々に外に出た。でも風はすごかった。

 夕方、窓辺で作業していてふと外を見たら、隣のビルが夕陽でオレンジ色に染まっていた。思わず同僚を呼んでみんなで見てしまった。そして気づくと、あっという間に陽が落ちて暗くなっていた。

 そして会社帰り、ダウンジャケットで汗かきながら寄り道。レイトショーまでの時間のつぶし方がうまくできなくて。結局映画館に早めに行ってロビーで読書。

 帰りは青空の夜空を見上げながら帰宅。

 不思議な一日だったけど今日もありがとうございました。

奇術師の日

 今朝、タロットの一枚引きをしたら奇術師のカードが逆位置で出た。カードの正逆はともかく奇術師って何か面白いことが起こりそうな日。何が起こるかなと思っていたら…

 仕事であり得ないトラブル発生!一瞬パニックしたけど策を講じて、超あせりながらもなんとか解決。ドラマチックな一日だった。その後はなんだか仕事できず、わいわい騒いでいたら終わってしまった。自分が原因ではなかったから、トラブルもなんだか楽しかった。そしてやたら充実感(笑)

 会社帰りは久々に図書館に寄り、今日が取り置き期限だった本の受け取り。母がまだ生きていた頃予約した本、やっと私のところに回ってきた。でも、そんな折角の本も読まず家ではゲーム(笑)

 久々の友人への連絡をまたしそびれちゃったけどいい一日でした。

夢の阿佐ヶ谷

 久々に阿佐ヶ谷へ行った。前回は昼間の訪問だったけど、私にとっては夜行く街である。特に冬の夜のイメージ♪パール商店街を散策。チェーン店が増えているけど、結局そういう安いところしか入らないから私にとっては便利だったりする。リサイクルショップが意外と多い。衝動買いしたいものもあったけど、五黄の日だからやめておいた(笑)

 夕食を食べて、食後のコーヒーと思ったけどなんだか店を決められずウロウロ。駅の反対側もウロウロしたけどさらに店がなく、結局スーパーの100円コーヒーを買って飲んだ。駅前のマックは改装中で入れず。閉店じゃなくて改装だよね?

 でも、駅ビルからパール商店街から駅北口の商店街まで、統一性のなさが好ましい阿佐ヶ谷。河北病院へ行く途中の商店街も初めて歩いてみた。こんなところまで商店街になっているなんて知らなかった~

 さんざん歩いてから、映画を見て帰った。昭和の昔に旅するような、夢見るような阿佐ヶ谷の街。田舎者の私は、商店街には住めないけどたまに来て郷愁と刺激をもらって帰る。ずっと変わらないでいて欲しい。

 

ジョン・レノンの命日

 今日はジョン・レノンの命日。もう35年たつんだ…ビートルズのことはそんなに知らないとはいえ、ラジオでニュースを聞いて大ショックを受けたのを覚えている。ニューヨーク旅行ではダコタ・ハウスや、セントラル・パークにある"Imagine"の石標にも行ったし、埼玉には幻となったジョン・レノン・ミュージアムもあったな…なんて色々思い出す。

 でもその他は普通の日。昼間は仕事に追われたけど、会社帰り、生まれて初めて新宿の思い出横丁で食事をした。新宿は何十年も来ていたのに思い出横丁のお店には入ったことがなくて初チャレンジ。知らない人と肩を並べてそばをすする。素朴な味で安いし、庶民に愛されてるのがわかる。なんかとても幸せな気持ちになった。

 その後はヨガ。20年以上続けているけど今日とあるポーズの間違いを指摘され、修正したやり方でやってみたら体にすごい刺激が!動かすべき部分が全然動いていなかったことがわかった。

 平凡なようでも新しいことに2つも出会えたジョン・レノンの命日。

五黄の月明け

 昨日で五黄の月終わり。やっと解放された感じ。この1か月長かったなあ。買い物を控えてストイックな生活を送っていたけどこれからは心置きなく買い物だ!でもお金がなあ…(苦笑)連絡したい人も何人かいたのだがなんとなく五黄の期間の間は連絡はよした方がいいような気がして…今日は弟に電話したのと、知人に近況報告のメール。久々のガン友さんにも連絡したい。

 しかし今月は、吉方位がないので旅行には行けない…喪中のため年内は比較的時間があるので、旅するのにはいいのにね。ルミナリエのニュースを見て、あれから2年たつのかとしんみり。神戸の街も楽しかったな…(遠い目)

 今月は、近場で旅ということで、クリスマスマーケットで食べ歩きしてやる!というのはさておき、母がくれたこの時間、母を追悼しながらしんみり過ごそうと思う。

 まずは、今週の6連勤を乗り切らなきゃ。

 

NHKスペシャル 調査報告 介護危機 急増”無届け介護ハウス”

 自分自身は母の介護を終えたところなので、あまり見たくはなかったのだが目を背けてはいけない…と番組を見てみた。

 見てわかったのは、うちの母の場合は経済面ではとても恵まれていたということ。骨折で入院してからそのまま同じ医療法人が経営する特養ホームに入所できた。料金的にも母の年金で賄える金額。ただし施設内は悲惨だった…。介護度5の人ばかり集めた階に入居していたが、一日中大声を出しているような人が何人もいて、とても落ち着いて過ごせる環境ではなかった。その後静かな病棟に移れたのだが、初期段階になんとかならなかったのかと今でも悔やまれる。そんな状態でも、世間から見たら随分と恵まれていたのかと思い知らされた。

 うちの母の場合は病院に置いてもらいながら複数の施設に申し込みをして2か月後くらいに入所できたが、自宅にいて段々介護状態になっていく場合だと、そこから申し込みをしてもなかなか入所できないと聞いている。世間の人は、こういった無届け介護ハウスを必死で探して親を預けているのか。

 番組に出てきた、良心的経営をしている人には本当に頑張ってもらいたい。他人事みたいに言ってはいけないけど。そしてブラックまがいの人は…入居者が満足しているのかどうか第三者がちゃんと検証して、密室にならないようにしてもらいたい。

 そして自分はどうするのかな…やっぱりできる限り一人で暮らしたいけど、知り合いで同じアパートに暮らすとかして、日ごろからゆるく助け合う関係にするのが基本かな。知り合いがいずれグループホームをやりたいと言っているのでそれにちょっと期待している。老人が増えて子供が減っている今、日本中の人が自分の親の他に2、3人のお年寄りの世話をしてあげたら、介護問題はだいぶ解決するのではと思う。できることからちょっとのボランティアで。

おこもりの週末

 今日は自分のためだけの休みだけど、明日出勤だから自重の日となってしまった。朝食・洗濯・小掃除まではいつも通りだけど、近所のカフェで昼食を食べてきた後はどうしようかな…。前日あまり睡眠がとれなかったし朝寝もできなかったら、ちょっと昼寝…目が覚めたら外が暗くなっていた。時間は5時すぎ。実に昼寝3時間(爆)

 本当は、夕方から出かけてレイトショーと思っていたのだが一気に行く気をなくした。変に疲れが出て体調も悪くなってるし。寒いからもう買い物もいいや。

 夕食を作るのに、まず洗い物と片付けから始めて作り置きのおかずを温めて、それからやっと料理。おなかいっぱい食べてしまった。デザート類も食べたかったけど昼間のカフェでケーキを食べて来てしまったし、買出しに行く根性もなくぐっとがまん。

 昼間のカフェで、「夜中につい食べ過ぎて太るので、食べないで寝ればいいのかな」という話をしている人がいたのだが、たしかに起きているとダラダラ食いをしがちなので、昼寝もいいダイエットになるかもしれないと思った。

 すっかりおこもりモードだけど、そんな日も必要かなと。そんなわけで、今日はこれから睡眠ダイエット(笑)


 

合葬

 漫画はほとんど読まない私が、プー太郎時代に出会って大ハマリしたのが杉浦日向子さんの「合葬」。この頃杉浦さんの著作を色々読んだのが、今の私の生き方の基盤になっている。「お江戸でござる」の解説コーナーも好きだったなあ。でもそんな杉浦さんが旅立ってもう10年以上たつ。その後は人生の指針がないまま漂っているような気がする。

 「合葬」が実写化されたと聞き、原作の雰囲気は出せないよなと思いつつも、逆にどう表現しているかと思って見に行ってみた。

 映画が始まって、実は原作の内容をほとんど忘れていたのに気付いたが(爆)、そんなことはお構いなく作品の雰囲気に浸りまくり!江戸時代ってこんな感じだったんだろうなという空気感が、よく現されている。キャストの顔がある程度イマ風なのは仕方ないけどキャスティングもいいと思う。秋津役の人がいい味出してるわーと思いながら見ていて、途中で柳楽優弥だと気が付いた。「誰も知らない」から、やっと復活してきてくれたか!森役のオダギリジョーも、原作よりかっこ良すぎるけどよく雰囲気が出ていてなるほどと思った。

 特に政治信条もないのどかな若者が、気が付いたら戦争に巻き込まれていたという話は今でもあり得る話だし、時代が変わるときってただ中にいる人は何だかよくわからないうちにコトが進んでいるものなんだよね。戦闘シーンがほとんどないけどちゃんと戦争を描けているところもすごい。戦前と言われる今、またこういう事態が起こるのかもしれないと思う。

 でも別にこの作品は反戦映画ではない。ほんの150年前の日本はこんなに別世界だったんだよーという作品なのだが、この時代につながって、今自分が生きている世界があるんだよね。

 家に帰って、久しぶりに原作の文庫本を引っ張り出して読んでみたが、老眼が来た目に小さ目の段組みがツラく、めがねを外してやっと読める始末。言葉遣いの古めかしさにもおののく。改めて、自分は何もわかってなかったと気づく。

 監督が1985年生まれってのもすごいなあ。杉浦さん同様、監督も江戸から来た人かもしれない。

 しばらく江戸から遠ざかっていたけど、また見直してみたい。

今日もおこもり

 今日は普通に家事デー、お使いだけしてまっすぐ帰宅。夕食のメインは豆腐、その他のおかずは里芋の炒め物、レタスの煮びたし、ねぎのクリーム煮と野菜三昧。デザートはちょっとだけスイーツということで、ファミマのソフトクッキー。一枚だけ大切に食べて満足する。

 またしてもゲームをやってしまったけど、あとは洗濯してちょっと掃除して…冬の穏やかな夜。

 介護も一旦終わったし、そろそろ何か勉強するとか、前向きなことに時間を使っていかないとね。

愚者の日

 昨日はしっかり休んだので、今日こそは映画!と会社帰りに出掛ける。久しぶりに行く映画館。上映時間が少し早いから大急ぎでラーメンをかき込んで映画館へ。しかし…券売り場で念のため「今日はサービスデーですか?」と聞いてみたところ、サービスデーは毎月一日のみだって(爆)通常料金で見たいほどではないから映画館を後にする。無理しても昨日行っておくべきだった、というか映画館のサービスデー設定をちゃんと調べておくべきだった(爆)

 夕飯も食べちゃったしやることないから帰路につく。ちょっと人込み酔いしながら。ま、Jリーグのチャンピオンシップが見られるからいいよね、と自分に言い聞かせながら。

 試合開始には間に合って、試合を堪能。今日もすごい試合だった…しかし、ベッドで横になりながら見ていたらなんだか疲れが出てきた。後は洗い物して、クリスマス用の飾りをちょっと出して、入浴して。雨が降っているから洗濯はできない。

 タロットカードでいうと「愚者」みたいな日だった。切り替え切り替え。


 

おこもり12月スタート

 今日から12月。1日だから映画サービスデーでもあるのだが、なんか気がのらないし家で調理しなければならない野菜もたくさんあるのを思い出し、家で過ごすことにした。職場近くのナチュラルローソンで気になっていた「和栗モンブラン」を買って帰宅。

 家ではまずレタスを調理し、作り置きのカレーと共に食べる。あとはゲームをちょっとやってしまったけど、ケーキを食べながら先日保留にした映画半券の整理。切手整理用のポケット付シートに日付順に入れていく。こんなに色々見てたのかと感慨深い。しかし、タイトルを見ても内容が全く思い出せない作品もあった(爆)

 作業がひと通り終わったところで、自分に調理ミッションがあったのを思い出し料理にとりかかる。まずは茹でて保存していたほうれん草をベーコンと炒める。次に精進料理の本にのっていた、里芋の白髪ねぎ炒め。実家からもらってきた里芋の皮をむいて切って下ゆでして、ごま油で炒める。生姜と白髪ねぎを入れて調味して出来上がり。同じレシピで以前作ったときは、里芋が固くておいしくなかったのだが前回よりはうまくいった。料理はタッパーに取り分けて、明日の昼食用に。それから、実家からねぎも山のように持たされたのでとりあえず太目の2本くらいをぶつ切りにして煮てみた。後でシチューの素を入れてみたらどうかなと思って。とりあえず今日は下ごしらえのみ。

 食材もだいぶ片付いてほっとした。こんな感じで、12月はおこもり中心でしんみり過ごそうと思う。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »