« おこもりの週末 | トップページ | 五黄の月明け »

NHKスペシャル 調査報告 介護危機 急増”無届け介護ハウス”

 自分自身は母の介護を終えたところなので、あまり見たくはなかったのだが目を背けてはいけない…と番組を見てみた。

 見てわかったのは、うちの母の場合は経済面ではとても恵まれていたということ。骨折で入院してからそのまま同じ医療法人が経営する特養ホームに入所できた。料金的にも母の年金で賄える金額。ただし施設内は悲惨だった…。介護度5の人ばかり集めた階に入居していたが、一日中大声を出しているような人が何人もいて、とても落ち着いて過ごせる環境ではなかった。その後静かな病棟に移れたのだが、初期段階になんとかならなかったのかと今でも悔やまれる。そんな状態でも、世間から見たら随分と恵まれていたのかと思い知らされた。

 うちの母の場合は病院に置いてもらいながら複数の施設に申し込みをして2か月後くらいに入所できたが、自宅にいて段々介護状態になっていく場合だと、そこから申し込みをしてもなかなか入所できないと聞いている。世間の人は、こういった無届け介護ハウスを必死で探して親を預けているのか。

 番組に出てきた、良心的経営をしている人には本当に頑張ってもらいたい。他人事みたいに言ってはいけないけど。そしてブラックまがいの人は…入居者が満足しているのかどうか第三者がちゃんと検証して、密室にならないようにしてもらいたい。

 そして自分はどうするのかな…やっぱりできる限り一人で暮らしたいけど、知り合いで同じアパートに暮らすとかして、日ごろからゆるく助け合う関係にするのが基本かな。知り合いがいずれグループホームをやりたいと言っているのでそれにちょっと期待している。老人が増えて子供が減っている今、日本中の人が自分の親の他に2、3人のお年寄りの世話をしてあげたら、介護問題はだいぶ解決するのではと思う。できることからちょっとのボランティアで。

|
|

« おこもりの週末 | トップページ | 五黄の月明け »

人生ひとり旅-独身生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/62820911

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 調査報告 介護危機 急増”無届け介護ハウス”:

« おこもりの週末 | トップページ | 五黄の月明け »