« 春節 | トップページ | 愚者の日らしい日 »

この冬の結露事情

 おととしの秋この部屋に越してきて、最初に迎えた冬でびっくりしたのが開口部の結露のすごさ。玄関ドアの内側は滝のような結露で、流れ落ちた水がさらにドアの外に流れて跡がついている始末。出勤しながら同じ階の部屋をチェックしたが、他の部屋も同様だった。結露を受けるテープも貼ってみたけど吸水しきれなかったし、シーズン後テープが綺麗にはがれなくてはがしカスが残ってしまった。窓側に貼ったテープにも、水がすごい勢いでたまって常にジクジクしていた。そしてカーテンがカビた(爆)

 結露ができる理論はわからないながら、今年は結露を減らそうと自分なりに工夫してみた。まずは部屋の湿気を減らす。玄関入ってすぐ横のユニットバス、最初は入浴後のみ換気扇を回していたが、お湯張りのときから回すようにした。冬はお湯が冷めやすくなりそうでイヤだったのだが、湿気を減らすのに少しは効果があった気がする。あとは調理のときも換気扇をなるべく使用し、蒸気を部屋から逃す。音が大きくうるさいのであまり使いたくないのだけど。

 それから、外気との温度差を減らす。暖冬だったこともあり、この冬はエアコンをほとんど使っていない。もう寒さの峠は越えたから、もう使わないと思う。

 この2つだけで、結露はかなり減った。少なくとも玄関びしょびしょ状態は免れている。しょぼい換気扇でも効果はあったのかな。

 2シーズン目にして、ようやくこの部屋とうまく付き合えるようになってきたかな。

|
|

« 春節 | トップページ | 愚者の日らしい日 »

人生ひとり旅-独身生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/63188813

この記事へのトラックバック一覧です: この冬の結露事情:

« 春節 | トップページ | 愚者の日らしい日 »