最近のトラックバック

« 体力をつける | トップページ | 震災翌日5周年 »

震災ウォーク

 震災の日の朝の記憶は出がけに帽子を忘れて「あっやべっ」と思いながら、戻る時間がなくそのまま出勤したこと。そして午前中、職場にお客さんが来て目黒の揚げ饅頭をもらった。3時近くなり、「そろそろおやつにしよう」ともらった揚げ饅頭を食べようとした瞬間、すごい揺れが来た。そしてなんだかんだの後、5時くらいに解散を言い渡され歩いて帰宅することに。帽子を忘れてきたのがこんなに痛手になると思わなかった。私は耳が寒いのに耐えられないので、見た目構わずマフラーを真知子巻き(古っ)にして歩いて帰った。食べそびれた揚げ饅頭は非常食として持ち帰り、結局家で食べた。揚げ饅頭を見ると震災を思い出す。

 今日は震災5周年。5年前を思い出すと共に、次の災害に備えての訓練ということで職場から自宅まで徒歩で帰ってみた。5年前は約16kmを、休憩なども入れながら5時間半くらいかけて帰った。知っている道ということで線路沿い、幹線道路沿いを選んで歩いていたので遠回りになっていた。今回はYahooの路線検索で予め最短ルートを調べておいた。

 しかし、検索で出たルートは本当の最短ルートなため、あまり実用的ではないのよ…とても覚えられないような裏道の嵐(笑)先日、電車が止まっていたのを機に一部分を歩いてみた。確かに近かったけど普通に歩いていたら絶対選ばないような住宅街の細い道。しかも夜にいきなりは歩けないなと思った。

 今日も、昼休みに途中までシミュレーションしたけど結局覚えきれず。雨が降ったらやめようかというヘタレな気持ちだったが雨が上がっていたので結局決行となった。

 最近体力に自信がないので、途中で疲れて歩けなくなるのではという心配をよそに12.5kmを無事歩ききった。休憩も入れて所要時間3時間45分。途中で道がわからなくなり少し遠回りになったけど、後半は教習所の練習で通った道だったりして最後の方は安心して歩けた。途中で夕飯は食べたけど、気がせいてしまいその後休憩はしなかった。座ったら疲れが出て歩けなくなりそうな気がしたから(苦笑)大丈夫だったけどね。

 しかし、今回の帰宅ルートは街灯もないわかりにくい住宅街が多かった。災害時には、途中で休憩したり買出しもできた方がいいので、多少遠回りでも歩きやすくてわかりやすいルートを自分でアレンジしていこうと思う。

 いつまでも震災を忘れない。

|
|

« 体力をつける | トップページ | 震災翌日5周年 »

思い出」カテゴリの記事

毎日が記念日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/63332401

この記事へのトラックバック一覧です: 震災ウォーク:

« 体力をつける | トップページ | 震災翌日5周年 »