« 最愛の子 | トップページ | 冬物お片付け »

自分の家をパワースポットに変える最強のルール46

 この本はタイトルに惹かれ母が亡くなる前日に図書館に予約したのだが、なかなか回ってこなくてやっと読むことができた。

 で、読んでみての感想だが、書いてあることは基本的なことで、私にとってはあまり目新しいことは書いていなかった。そして、「不動産業界のルールを理解しておくのが重要」など、意外と現実的なアドバイス。著者の江原さんも豪邸に住み、霊能者らしくないと思っていたが住まいにこだわりがある人なのだとわかった。正しく儲けたお金なら、まあいいのではないか。

 この本はどちらかというと「子供がいる、戸建ての持家の人」が対象のようである。「家ははぐくむ場所」には納得したが、私はこれからもはぐくむことはないと思うから…「お金が貯まる家=コミュニケーションがある家」と言われても、私は一人暮らしだしなあ、だからお金が貯まらないのか(苦笑)

 私の今の悩みは、今の部屋に越してきてから金銭的にジリ貧なこと。家賃が予算オーバーだったが、この引越しで人生が発展することも期待してこの部屋に住んでみたのである。環境とかそれなりに気に入っているし、職は安定したけど収入も低めで安定してしまい、思ったほど発展していないというのが現実。これも「愛のない家選び」「運命の出会いという勘違い」なのだろうか。

 スピリチュアル系の本はどれもそうだけど、書いてあることはシンプルでもそれを本当にものにして実行するのは結構難しいのだ。そして、ひとり者にとって本当にいい家とは何だろう。色々考えは尽きないのだった。
 

|

« 最愛の子 | トップページ | 冬物お片付け »

人生ひとり旅-独身生活」カテゴリの記事

本で時空の旅」カテゴリの記事

精神生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/63610858

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の家をパワースポットに変える最強のルール46:

« 最愛の子 | トップページ | 冬物お片付け »