« 久々のユニクロ | トップページ | 方位取りの日 »

こじらせ女子

 「こじらせ女子」の言葉を作った雨宮まみさんが亡くなった。顔も知らないし著書も読んだことないけど、「こじらせ女子」という言葉は絶妙すぎ。なんとなく恋愛がうまく行かず、というよりは無意識にうまく行かない方向に持っていってしまうめんどくさい女の心情をピタリ言い表している。自分が適齢期の頃、この言葉を知ってればと何度思ったことか。

 その後私はこじらせ系シングルのままそれなりに気楽に落ち着いてしまったけど、彼女はそうではなかったのか。私が思ったのは「こじらせ女子」を職業にしてしまったため、自分の気持ちが自分で思うより掘り出されて拡大して、拡大イメージに押しつぶされてしまったのではということ。こじらせ女子はちょっと不幸な方が気がラクなので、幸せを求めない方が気持ちが安定する。彼女は世間のこじらせ女子代表として、幸せを求める(フリをする)方向に行ってしまったのかな。「さみしい」とかSNSに書いてたようだけど、その辺の気持ちは私にはわからない。

 「おひとり様」という言葉を作ったライターさんも早世されてるし、なんかちょっと因縁めいたものを感じた。

 おひとり・こじらせ系の私は世間から目立たぬよう、でも内面を充実させて静かに楽しく生きていこうと思う。そんな人が増えれば、否が応でも潮流になっていくから。

|
|

« 久々のユニクロ | トップページ | 方位取りの日 »

人生ひとり旅-独身生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/64507546

この記事へのトラックバック一覧です: こじらせ女子:

« 久々のユニクロ | トップページ | 方位取りの日 »