« ミス・シェパードをお手本に | トップページ | 極寒でもアクティブな週末 »

土竜の唄 香港狂騒曲

 原作も知らないし前作も見てないけど、「香港」という言葉に魅かれたのと生田斗真くんが出てるので見に行ってみた。ちゃんと前作の解説から入るから設定は大体理解できる。しかし潜入捜査官といえば香港映画だと思ってたけど日本にもあるのか。土竜(もぐら)って隠語は一般的なんだろうか。でも、日本人が作った香港舞台の作品って、「とにかくハデハデ、メチャメチャ、インチキ満載」というステレオタイプで実際の香港とはずれていて香港好きが見るとあーあと思ってしまう作品がほとんど。それはちょっと覚悟しつつ。

 …で、肝心の香港は中々出てこないんだけど、話のテンポや派手なアクションは結構香港映画に近く、ぐいぐい引き込まれる。それにしても生田斗真くんの役どころが結構えげつなく、ジャニーズにここまでやらせるのかとびっくり。生田くんファンの女子は皆打ち砕かれると思う(笑)脚本も手を抜かずどんどん追い込んでるし、すごいなあ。そして出演者の衣装がとにかく派手で笑える。街を歩いたら即職質でしょ(笑)顔じゅう入れ墨の人もあり得ないけどまあいいか(笑)

 話の後半でやっと舞台が香港に移るけど、まあこんなもんでしょという感じでそれほど違和感なく、普通の香港映画みたいな感じで楽しく見ることができた。菜々緒姐さんもチャイニーズビューティで格好いい!

 そんなわけで、結構面白かったよ~監督が三池監督で、脚本がクドカンとわかり超納得。お客さんは若い男性グループが多く、みんな原作のファンなのかな。私が知らないこんな世界もあったのかという作品でした。

|
|

« ミス・シェパードをお手本に | トップページ | 極寒でもアクティブな週末 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/64763946

この記事へのトラックバック一覧です: 土竜の唄 香港狂騒曲:

« ミス・シェパードをお手本に | トップページ | 極寒でもアクティブな週末 »