« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

産みの苦しみの2月

 あっという間に2月終わり。占星術で、今月半ばから新しいサイクルが始まり気分がガラっと変わると言われていたので何が起こるかと期待してたけど、今のところ何もなし。毎日なんとなく疲れていて、浅い夢ばかり見て、考えがまとまらない。精神的に袋小路状態。

 でも21年前の今頃どうだったかなと思い出すと、まさに退職を決意するちょっと前で、精神状態最悪な毎日を送っていた。うつ病まで行かなかったけどそれでもすごく苦しかった。

 あの状態が再来しているのかと思ったら合点がいった。いろんな出来事が符合するんだよね…あの時に比べたら、全然まともに生きてるし元気だし、まだまだ大丈夫。

 だからこそ、しっかり内省する時間が欲しいな…3日間くらい眠り続けるとか。今が産みの苦しみの時期だから、何かが生まれるはずと信じて3月へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自分を許す

 今日は新月も過ぎたことだし、意を決してある事をやった。それは、非常用貯金を下ろす(笑)

 今月、カード払いが集中してすごいことになってしまい、引き落とし予定分を差し引くと現金がほとんど残らないのだが、なるべくその中でやってみようと決意し、緊縮の日々を過ごしていた。しかしその中身はカードで払えるものはなるべくカードで払うだけという、問題先送り型(笑)。

 それでも、どう計算してもやっぱり次の給料日までムリだろうなと判断、非常用貯金から少しいただくことにした。ダラダラ下ろしてるとキリがないので、生活費用には下ろさないと決めていたのだが…でもすでに、税金を何回かここから払っている(苦笑)

 2万円ちょいを下ろして、一部を財布に、残りを普段使っている口座に入れた。さすがに、これだけあればしばらくしのげる。そしたら職場で先日立て替えた交通費が戻ってきたりして、ちょっと財布が潤う。

 会社帰りは、普通に食品を買って帰った。切らしていたお米も買えた。

 引き続き緊縮は続くけどちょっと気持ちが緩んだ。たぶんこれから上昇できると思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新月直前

 今日は新月だそうだ。最近ダルダルの毎日を過ごしていてすっかり忘れてた。新月になるのは真夜中なので願いはこれから。

 今日は、年に2度のあるイベント手伝いの出勤。数時間しか働かないけど気分的に一日潰れる。でもひと仕事終えてまず安心。4月にもう一度あるイベント出勤を終えれば、あと10か月気分的に平穏に過ごせる。

 うお座での新月なのでうお座が象徴しているような願いごとがいいとどこかのページに書いてあったけど、私の場合はとにかくカネカネカネ…でも、金銭問題も今日で底を打つような気がしている。芸術関係の願い事をしようかな。

 やたら眠いのも新月のせい?緊縮、緊縮で来たけど少し自分を緩めようかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マリー・アントワネット展

 ずっと行きたいなと思いつつ、なんだかんだで行けていなかった展覧会。少し前の新聞に割引券がのってたよね…と古新聞をひっくり返してクーポンを探して切り抜いて財布に入れる。

 しかし、今日行くぞと決意した日に限って仕事が終わらなくて残業になっちゃって、軽食を食べていくはずがすきっ腹のまま六本木へ向かう。1時間くらい見られればいいかな。

 しかし、ここからが大変だった!チケット売り場は長蛇の列、「ただ今70分待ちです」って今18時40分、10分しか見られないんですけど…普通なら諦めて出直すけど、緊縮財政モードの今、交通費を何回もかけるのは辛い。いくらなんでも10分はないだろうと我慢して並ぶ。諦めて列を抜ける人もいる。

 結局、チケットの列に並ぶこと25分、上階の美術館前で並ぶこと10分くらいで入館できた。ここでほぼ力尽きる(笑)

 館内ではなるべく鑑賞に集中するけど閉館時間のアナウンスがすごく、気持ち的に追い立てられる。人も多いし。そもそも大体の歴史は知っていても細かい人間関係とかはわからないので、この肖像画の人は誰~みたいな感じ。アントワネットが使っていた部屋を再現したブースも、そそくさと通りすぎる。

 それでも、実際に着ていた肌着と、処刑のときに履いていたと言われる靴は、しかと見た。帰り際、なんと出場制限までされていたのをいいことに最後の展示室で閉館時間後も粘ってよーく見た。現物を目の前にしたら何かお告げがくるのではと期待していたのだが、別に何もなかった。どうやら前世でのご縁はなかったようだ(笑)

 それにしても、マリー・アントワネットの人生が数奇すぎて圧倒される。本人はドラマチックな人生を送りたいわけではなく、家族に囲まれた平穏な人生を望んでいたはず。自分の死後に遺品が異国で展示され、黒山の人だかりになっている光景を本人が見たらどう思っただろうとちょっと複雑な気持ちになった。

 人波に押し出されるように館外へ出たら眼下は宝石のような東京の夜景。でも人も多いし、おなかも空いてるし早々に美術館を後にする。内容はすごいし、何より本物を見られたのはありがたいけどとにかく日本の美術展は人が多くて見る環境が酷いよな…なんか資本主義の奴隷になった気分でめげる。日本の美術展に行くたび後悔するのだが、久しぶりなので忘れてた。

 安いうどんで小腹を満たしてから、電車賃節約のため渋谷まで歩いてみた。最近足腰に自信がないのだが、約3kmを無事歩くことができた。気持ちのクールダウンにもなってよかった。

 帰宅してからネットでマリー・アントワネットや関連情報を調べたりしておさらい。いつか、現地で本物をちゃんと見ようと決意。…あ、私フランス語が読めないんだった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プレミアムフライデー

 今日はプレミアムフライデー初回だそうだけど、実施した企業ってどのくらいあるのかな。今の派遣先ではプの字も出ていない。しかも日曜日が出勤だし(笑)今の派遣先は1日7時間労働とただでさえ短めなので、これ以上の時短はあり得ないのだ。今日は早帰りどころか残業になっちゃったし(苦笑)

 思えば、香港によく行ってた頃は3時くらいで退社させてもらってそのまま成田に向かって、夜便で行ってたんだよね。既にひとりプレミアムフライデーを実行してたのだ。今の職場は、それすらもやりづらいのだから本当下流だと思う。

 しかし、このサムい企画を考えた人達ってどんな生活してるんだろう。国民の祝日をどんどん増やしてるのもこの人たちだよね…学校は授業時間が減ってきつくなるし、派遣社員も日雇いだから収入が減ってしまう。そしてサービス業の人たちはさらに仕事が増えて休めない。そんなことにも気づかないという庶民感覚のなさ。

 どこかのTVで言ってたけど「プレミアムな人たちのフライデー」だよね。だったら国で決めなくても個人レベルでどんどんやればいいだけなのにね。

 私の場合は、方位取りをするようになってから夜出発の旅をあまりしなくなっていたと気づいた。久々に夜の旅をやってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

寝坊の日

 今日は少し早目に目覚めたのだが、ゆうべ遅かったしアラームが鳴るまでしっかり寝よう…としばらく寝ていて、念のためと時計を確認したら、7時55分!約1時間遅れ(爆)慌ててアラームとして使っている先代のガラケーを見たら、画面がフリーズしてた(爆)でもいつもの時間まで30分あるからなんとか支度して家を出た。お弁当の準備だけは諦めた。

 タロット一枚引きは「世界」だったので素晴らしい一日になるかと思いきや、なんか雑用が多いし何より自分自身が落ち着かなくてバタバタな一日になってしまった。

 帰りの電車では、いつもは寝て帰るのだが今日はラジオを聴いてみたら懐かしのアーティストを特集してて、80年代にタイムスリップ。なんか昨日もそうだったなあ。改めて、あの頃の音楽が意外とすごかったというのと、うまく生きられなかった80年代の記憶が甦ってきて懐かしくもイタく切ない。

 夜は家でまたりんごケーキを焼いてみた。古い小麦粉で作るのもこれで最後。明日また大仕事だから落ち着いて臨もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マリアンヌ

 最近、緊縮財政のため映画も自粛気味なのだが、たまには行かなきゃと自分を鼓舞して行った作品。

 そしてこれまた最近、個人的にブームとなっている第二次大戦中が舞台。冒頭、ブラピがフランス語を話すのにびっくり。カナダのフランス語圏出身という設定らしかったのだが、フランス語がわかる人から見たらどうなのか知りたいな。

 モロッコから始まるからなんか「カサブランカ」みたいだなーと思いながら見ていくと、話は順調に進んで作戦は無事成功。戦争中だし相手がドイツだから英雄行為みたいに見えるけど、はっきり言ってテロ行為(笑)史実だったらもっと大変なことになっていただろう。

  設定やストーリーはややチープかなと思えるけど、舞台になっている街の風景と、何よりヒロインのマリオン・コニィニャールの美しさでぐいぐい見せる。惜しむらくは、ブラピが老けちゃってあまり格好良く見えなかったことかな…彼女も謎の存在のまま死んでしまうので、良くも悪くもリアリティがなくて夢物語のようだ。

 でも、空襲の風景が妙に美しかったり、戦争ロマンスと割り切って見ればそれなりにいい作品だと思う。フィクションながら、残された娘さんのその後が気になった。

 最近、大戦中の話に惹かれるのは、心の奥底で「今は戦争前夜」という思いがあるからかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

言い出せず

 なんとなく疲れ気味だし、今週末は休日出勤もあるし、これから忙しくなるので明日休みたかったのだがなんか言い出せないうちに1日終わってしまった…

 出勤すればしたでそれなりにやることはあるけど…なんで言えなかったのかな…

 来週は、休もうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

春の嵐

 今日は、雨かもと言われてたのに雨対応の靴を履いていかなかったのが全てだった!!一日ガマンすればよかったのだろうが手持ちのお金が少なくなり会社帰りに大雨の中駅の反対側の銀行へ。銀行へ行くまでに靴の中はぐじょぐじょ。足の冷たさを我慢しながら帰宅したが、玄関先でまたひと苦労。ソックス→ズボン→タイツの順で脱いで、玄関入ってすぐ脇のユニットバスに忍び足で入って足を洗う。バスタオルがないのでトイレの手拭き用タオルで足を拭いてしまった。

 本当は明日洗濯したかったけど、ぐじょぐじょのソックスとタイツをそのままにしておくのがしのびなく、今洗濯中。窓を開けて外を見たら、夜空の青空で雲が出ていた。何だったんだろうあの嵐は…

 夜中にまた降るかもしれないけど、ベランダに干して寝ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

家に風を入れる

 今日は自分のための休日だけど、体も疲れ気味だしお金もないからお出かけはしないと決める。休日は大体洗濯と相場が決まってるけど金曜夜に第一弾は済ませてしまったし、タオル類は明日まとめて洗うから今日はなし。午前中はテレビを見ながらダラダラする。

 ふと思い立って玄関のドアを細く開けて、掃き出しの窓も開けて風を通す。ついでに靴箱のドアも開けて空気の入れ替え。今日は風が強かったみたいで玄関ドアの細いすき間から結構な量の風が入ってきた。ドアの内側に少し付いていた結露もこれで乾いたようだ。

 そしてカーテンは閉めないで、日光を部屋に取り入れる。折角の休みだからどこかへ行くのもいいけど、こうやって自分の空間の手入れをするのも大事だと思う。

 昼食がてら外出して、定期券も持ってるけどあえて2駅歩いて大きい本屋のある街へ。本屋をじっくり見て、普段は行かない裏通りを少し歩いたり。頭も体もリフレッシュ。そして帰ってきてから、夕暮れの空をぼんやり眺める。

 部屋にも自分にも、春風を取り入れてまた明日から仕事。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

曽我梅林

 昨年初めて行って感動した曽我梅林、今年も行ってみた。しかし、昨年は雨上がりの夕方に行ったら誰もいなくて梅林独り占めで最高だったけど、晴れた日の夕方でも人が少なくてなかなか良かった。梅は七分咲きなので、まだまだ楽しめる。

 散策ルートをすっかり忘れてて梅のないところばっかり歩いちゃったけど、集落を散策していると心洗われる。私にとって梅はかぎものなので、香りのある木がちょっと少ないのが残念だったけど年に一時期しかかげない梅の花の香りはもう最高。夕暮れの風景も心地よかった。

 近ければ、もっと頻繁に行くのにな。晴れていれば富士山も見えるそうなので神奈川近辺の方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自重の週末

 いつもなら映画に行くのだが、疲れと経済状態を考え寄り道せず帰宅。時間を有効活用せねばとも思うけど、個人的には緊縮モード。来月、カードの引き落とし額がすごいことになってしまい生活費がほとんどない。でもケチ生活も好きなのでどこまでケチで行けるかやってみたい気持ちもちょっとある。

 それでも、明日は実家へ行くことにしてしまった。交通費が2,500円かかるから地味にイタい。あとは美容院へ行きたいけど現金払いなのがネックなので、たぶん行かない。今やることは、とにかく現金を使わない生活。

 しかし、折角の発展の年なのにこんなことでいいのだろうか(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちかれたびー(古)

 新しいサイクルが始まり、日々何が起こるか注意深く見ていこう…と思っていたけど今日は仕事でハプニング多発!いや~びっくり…みんなで協力してなんとかことなきを得たけど、今までなかったパターンに目がテン。もちろん自分の本業はほとんどできず。

 帰りの電車では爆睡して夢まで見る始末。これからの人生など、考えるひまもない。夢日記をつけろと言われてるけど、夢も覚えてないしな…

 明日は平穏な一日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新しいサイクル始まる

 昨日のブログで「明日から新しい私」と書いたけど、その意味は…西洋占星術の話になるが「プログレスの月」が今日から1ハウスに移動。新しいサイクルの始まりだ。プログレスの月は約21年かけて全ハウスを1周するそうだ。前回の1ハウス移動が正確にいつなのかはわからないが(今度占い師さんに計算してもらおうと思う)、21年前というと、20代のほぼ全てを過ごした会社をやめて充電していた年だ。なるほど~会社をやめることなんて絶対ないと思っていたのに何かに押し出されるようにあっさり退職、自分で自分にびっくりだった。それだけのものを手放したのだから、何かもっと大きいものが得られると信じそれが何なのかを探し続けた21年だったと思う。平穏な生活を手に入れ、旅行にもたくさん行けて楽しかったけど外側の変化は何もなくてそれもまたびっくりだ(苦笑)

 占いでも2年くらい前から「この時期に変化の時期が来るから、準備しておくように」と言われ、そろそろ今の仕事やめてもいいかな…と思っていたところ、昨年6月職場の先輩に先に辞められてしまい、辞めそびれてしまった。しかし自分の裁量で回していけるようになって職場の居心地は良くなった。給料がもう少し良ければ、生活のための仕事として悪くないんだけどな…

 そんなこんなで、この時期に気分がガラッと変わって新しいことを始めることになると思うんだけど、どのタイミングでどっち方向へスイッチが入るのか自分ではまだわからない。楽しく注意深く進んでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっと嬉しいバレンタイン

 昨日だけど、帰宅したら宅配便の不在票が入っていた。え、何か注文した覚えないし…よく見たら差出人は友人。もう夜だったから明日を楽しみに再配達手配。

 そして今日やって来たのは…ディズニーランドのおみやげのお菓子。ディズニー好きな彼女らしい。元気にディズニーランドに行けてるということもわかり嬉しかった。

 職場の人には義理チョコもあげず申し訳なかったけど、自分はお菓子をもらえてちょっと嬉しいバレンタイン。

 そして明日から新しい私に(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

疲れた月曜日

 昨日のブログ、書き上がった文面は大したことないけど書いているときに自分の中でいろんな思いが湧き上がり、書いては消して書いては消してで3時間くらいかかってしまい、収拾つかないのでとりあえずあの形で終わらせた。

 その前に昨日はお片付けデーで、たまっていた雑誌を片付けたのだが、その他に片付けたのは年明けに職場からもらってきた鏡餅。昨年の鏡餅は、餅形のパックに小さな餅がたくさん入っていて皆で分けられたのだが今年の餅は大きい餅。表示を見たら重さが1.2㎏もある。皆くれると言っても困るだろうと、ケチな私がもらってきた。そろそろ鏡開きせねば。

 餅を覆っているパックを外すのが大変だったけど、中身の餅も頑張ってバラバラにした。一部は鍋のシメに、残りはタッパーに入れて冷蔵庫へ。残りはジップロックに入れて冷凍。充実感はあったけど左手には包丁の背の痕がついたし、体力をかなり消耗した(笑)

 その後ブログにはまって入浴が遅くなり、就寝が遅くなり…お疲れの週明けとなった。

 昨日のブログの続きを書きたかったけど頭が回らなかった。ブログのおかげで忘れてたケーキだけ焼いてみた。今週は木曜の給料日に向けて節約節約の日々となる。

 あっ洗濯もの干してなかった…雑用を片付けて寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

NHKスペシャル 見えない”貧困”

 内容は大体予想できると思いつつもやっぱり見てしまった番組。私の家は母子家庭ではないし世間から見たら貧困家庭ではないと思うけど、家計に遠慮して不本意ながら公立の短大に進学、その後就職した会社では四大卒の人との給料格差に悩み、そんな会社も辞めて派遣…という経緯がある。この番組を見て、やっぱり私の家も貧困家庭だったのかもと愕然とした。

 番組を見て思ったのは、「結局、世間のレベルが上がったのが悪いのか?」ということ。昔は塾や習い事に行ってない子もたくさんいたし(そもそも田舎には塾がない)、高校まで行ったら大体就職できたし、大きい夢を持ってる人もあまりいなくて、大体そんな感じで良かったのだ。情報が行き渡って選択肢が増えて、大学も行かなければ、留学もしなければ、スポーツや芸術などもやって当然というふうに人生の理想のハードルが上がったことで貧乏な人はかえって苦しくなってしまったような気がする。そしてこれからは、学校を出たからと言って理想の職につけるわけではないし、状況はますます厳しくなるだろう。

 具体的にどうしたらいいのか私に解決策はないが、まずお金ばかりかかって中身の薄い学校をなんとかしてほしい。基本的な勉強ができればいいのだからしゃれた制服とか豪華な修学旅行とか、思い出作りのためのイベントとか要らない。そしたら貧乏な人でも気軽に過ごせるし学費も安くなるはずだ。

 それから、夢は持ちつつ足元から固める。学校へ行くのを目的にしない。教育ローンはなるべく考えないで。後で返すのは大変というか、返せない確率が高いから。

 色々考えているうちに、こういう子たちの先に今の私の人生があるのかと暗くなったけど、結婚や子育てをしなかったら非正規でも結構やってけるし楽しいよ。こんなことを言ってはいけないか。私みたいな人生はダメと思うなら、競争社会に飛び込んでいって勝者になるしかないのだ。どちらを選んでも厳しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シングストリート 未来へのうた

 映画館での予告編では特に魅かれるものはなかったけど知り合いに勧められたので見てみた作品。

 ストーリーは大体予想できたけどバンドのメンバーに加わってくる面々を見た瞬間「あ、これはウォーターボーイズだな…」そして予想にたがわずアイルランドのバンド版ウォーターボーイズ的な展開で話は進む。

 しかし、劇中で演奏される楽曲がなかなかいいんだな、これが。これだけ楽曲が良けりゃすぐメジャーデビューできたと思う(笑)そして劇中で使われる80'sヒットも懐かしい。自分もリアルタイムで聴いてた世代だけど、アイルランドだとTVでやってて家族で見てたりするのかと変なところで感心したりする。

 俳優も無名で地味だし、ストーリーもありがちだけどとにかく劇中歌の良さで全て持っている作品。ラストも破天荒というか適当すぎ(笑)でびっくりしたけど、これはもうマンガと思えばいいのだと納得がいった。設定やストーリーを真剣に論ずるのではなく、ミュージカルとして見るべき作品だろう。

 監督が劇中歌も作っているみたけだけど、世の中いろんな才能の人がいるもんだと感心した作品でした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

引き続き寒い

 今日は会社帰りに郊外へ出かけたが、なんと雪がうっすら積もっていてびっくり。明日、実家へ行くつもりで会社帰りすぐに父に電話し確認していたが、結局後で留守電が入っていて予定キャンセルとなった。メインゲスト(笑)の弟が、道路凍結で運転が危険だからということで帰らないことになったから。おかげで今週も自分のための休日に。でもお金がない(苦笑)

 TVでは雪のニュース。実際に生活してる人は大変だろうけど、外に出なくていいなら雪もまた良し。東京では降らなさそうだけど、明日はどうしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

色んな意味で寒い

 今日は雪までいかないけどみぞれが降って寒かった~立春も過ぎたし寒さの峠は越えた感があるんだけどね。それから懐も寒い(笑)昨日映画に行ったのにムダ足だった交通費がイタい。帰りに駅そばを食べて食材を買って帰ったらもう3,000円がなくなっててびっくりだよ。

 今日は昨日買った食材をメインになべ。もうなべはしないと思っていたけどこの寒さじゃね♪台所の残り食材も一掃されて素晴らしい。これでしばらく買い物しなくていいから財布にも優しい。

 そしてお風呂にゆっくり浸かって温まって。ここでしっかり力を蓄えて、春を待とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バタバタの日

 今、月初ミッションの真っ最中。でも仕事ばかりじゃというわけで映画の計画も立てる。でも日中は仕事でバタバタ、仕事が終わったのが定時ちょうど。片付けなどしていつもより5分職場を出るのが遅れる。慌てながら電車に乗ったけど、途中でうまく挽回できて目的の駅へ。

 し・か・し…電車は映画館のある駅を通過。えっうそ~慌てて降りた駅で引き返す。無事目的の駅に着いて、めざすお弁当やへ。ここで軽食を買って行こうと思って。しかし夕方なのであらかた売り切れ、映画を見ながら食べられそうなものはない。弁当屋はやめてコンビニでおにぎりだけ買った。

 そこから映画館へ向かったけど、建物はわかってるのに建物へ行く道とか、館内のエスカレーターが見つからなかったりしてウロウロ。やっと入口に辿りつき、チケットを買おうとしたら「もう本編は始まってますが…」えっ!!(゚ロ゚屮)屮調べてきた時間より、実際の上映は15分早かったのだ。鑑賞は諦めて映画館を出る。コントのような展開にショックで脱力。

 折角だから最寄のショッピングセンターをウロウロする。長年探していた条件を満たすリュックを見つけたのだけが唯一の収穫か。ベンチでおにぎりを食べて、帰りの電車に乗る。途中で駅ナカの駅そば。通い慣れていた店がなくなり、久々の再会。ちょっと元気が出る。

 家に着いたら、イヤな予感通り宅配便が来た後だった。当日再配達はもうできない時間だったけど、コールセンターのお姉さんに泣きついたら配達の人が来てくれた(^_^)ありがたくて泣けた(;_;)

 とにかく疲れた。どっち方向へリカバリーすればいいかわからないので寝て考えよう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冬の夜は料理

 最近、料理づいている。主には節約のためと、実家からもらってくる食材の処理のため。どうせ外出しないし、何かしようと思って。

 ホットケーキミックスでケーキが焼けたのに気を良くして、今日はミックスを使わず小麦粉で。元々余った小麦粉をなんとかしようというのがきっかけだったから。牛乳入れなくてもケーキは焼けるとわかってかなり嬉しい♪

 オーブンで50分くらいかけて焼くのだが、オーブンの熱で部屋も温まってちょうどいい。鍋をやれば水蒸気で部屋も少し潤うし、体も温まるしということで、冬の料理は理にかなってるのだ。

 寒い夜は、キッチンで色々作って楽しもう。折角キッチンだけは立派な部屋に住んでいるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

奇跡の人

 昨年、ヘレン役のパティ・デュークさんの訃報と共に知った作品。TVのニュースで劇中のシーンがちらっと紹介されていたが父がそれを見て「すごいなあ」子供の頃ヘレン・ケラーの自伝は読んでて話は知ってるからあえて見なくてもと思っていたけど上映されていたのでお勉強と思って見に行った。

 音と光がなく、触覚だけの世界に生きるってどんななのか。自伝だと、自分の中で思う世界しか描かれないから第三者から見るとこんななんだととにかく衝撃。自分の感情を癇癪でしか表現できず、傍目にはエクソシストの世界なのだ。上流家庭だからまだよかったけど、ご家族の苦労が偲ばれる。もちろん、本人はそれ以上に辛いけど。

 サリバン先生の生い立ちや、ご自身も目が弱いことなども知らなかった。そしてヘレンの家庭教師になった時、まだ二十歳だったのだ。いい意味で何もわからず純粋にヘレンにぶつかって行けたからというのも、成功の原因だと思う。

 それにしても、二人のぶつかり合いが演技を越えてすごい。そしてとうとう、ヘレンは自分の手に当たる井戸の水が"water"であることを認識するのだ。

 私としてはこの先の展開が見たかったが、映画はここで終わり。しかし、ここに至るまでのドラマがすごすぎて、もうおなかいっぱい。すっかり打ちのめされた。

 「ギルバート・グレイプ」でレオ様を見て、子役で障害者をここまで演じられる人がいるのかと衝撃を受けたが、何十年も前にすでにパティ・デュークが成し遂げていたのだ。アメリカ文化恐るべし。

 「奇跡の人」というタイトルはヘレンのことだと思っていたが、原題の直訳は「奇跡を作る人」でサリバン先生のことだということもわかった。いずれにしても現実の話も映画もどちらも奇跡の人達だけど。色んな意味で、人間の奇跡を知ることができる作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

すごい日本人

 休日昼間家に居ることはめったにないのだが、外出するとお金を使ってしまうので今日は家で過ごす。午前中は細々と料理の作り置き。昼食だけ外で食べたけど、食後のコーヒーとデザートは家で。ほんの200円でも節約。

 テレビで「ドイツが愛した日本人」という番組を見る。肥沼医師のことは知らなかったので興味深い。でも後で調べたら、漫画も出ていると知り驚いた。世の中、こんな細かいことまで題材にする人がいるのか。個人的に、肥沼医師と最後まで一緒だった母子のその後が気になる。それを調べた人はいないのだろうか。

 夜は日曜美術館で吉田博の特集(再放送)この人のことも知らなかったので驚き。ダイアナ妃が作品を買ったなんてすごすぎる。もちろん作品も素晴らしく、ため息。

 すごい日本人の話を2つも見てしまい、自分はどう生きるべきなのかつらつらと考える。年の始めにふさわしい休日だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

眠い立春

 今日は立春だったけど、とにかく眠い。朝無理して起きてモーニングショーに行ったけど、帰りの電車で寝てしまって降りる駅を寝過ごしたりとか(爆)それで、その先まで乗っていって普段はできない家電の下見などしてきた。今使っている冷蔵庫、デザインは気に入ってるんだけど最近冷凍機能がイマイチで…でも買い替えを検討しだしたら持ち直したけど(笑)

 帰宅してからゲームなどやってしまったけど、立春ミッションあり!それは、今年の風水に合わせて模様替えをすること。しかし…今年は、生活スペースにしている方位ほとんどが凶方位で、居るところがない(笑)吉方位にはキッチンがあったり通路だったりでベッドが置けないから、凶方位で寝るしかない。結局大きい家具の移動はなしで食卓の座る向きだけ変えた(笑)

 その後は今年の旅行計画立てようと、方位と日にちをスケジュール帳へ書き込む。とりあえず5月に香港へ行けそうだけど、ちょうどいい出発日がない。それにその頃仕事もどうなってるかわからないしね…。

 でも、気持ちは前向き。今年もいい年にできるよう、日々生活を整えていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

節分

 今日は節分、明日からまた新しい一年だからいわば大晦日。しんみりしたくて寄り道せずに帰宅。家では鍋の残りに、正月用に買ったミニ鏡餅を切って入れて、遅まきの鏡開き(笑)鍋の残り汁がしみた餅がウマくて満足。

 その後駄ゲームをやっちゃったのがちょと失敗だったけど、先日に続きりんごケーキをまた焼いてみたり。前回よりうまく行った気がする。これからしばらく料理がマイブームになりそうな予感。

 そういえば、恵方巻にやたら力を入れてる近所のスーパーはどんなだったっけ…と思い出して、今日は金欠のためスーパーに寄らなかったことに気づいた(笑)行かなくて良かった。

 ちなみに恵方巻は絶対買わない。恵方巻特需で儲かってるのり農家もいるようだけど、店員さんの自爆営業の手段にされてるという印象しかないから。

 ちょっと複雑な気分の節分だけど、明日から新年だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

手作りおやつ

 今の職場のある街はB級グルメ天国だけど、それでもここ2か月くらいずっとお弁当持参の生活をしている。理由はもちろん節約。実家で持たされる野菜の消費のためもある。段々リズムになってきて、おかずを作り置きしておいて出勤前にささっと詰める。一人で食べるから中身に格好つけなくていいし、気楽にやっている。

 食後のスイーツだけは買っていたけど1個100円でも私には高いし、食後にわざわざ買出しに行くのも面倒だし、何より適量のお菓子が売ってない。バームクーヘンをカットして持っていくとか、個包装のお菓子を買って毎日1個持っていくとかしていたけど…先日とうとう、自分でパウンドケーキもどきを焼いてみた。実家で持たされたりんごの処遇に困り、りんごケーキにしたらどうかなと思ったから。ホットケーキミックスを使って、分量もテキトーにやった。味はイマイチでも見た目はそれらしきものができてなんか楽しかった♪

 小型のパウンド型でも私には量が多いけど、少しずつ切って毎食食べている。映画に行く日は、昼食デザート用と映画前おやつの2切れを持っていく。コンビニとかで割高スィーツを買わなくて済むのも精神衛生上いい。

 こんな簡単なことに、なぜ気づかなかったんだろう。これからはお菓子も手作りで♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

この世界の片隅に

 メガヒット系はもういいかなと思いつつ、この作品は見ておくかと見てみた作品。結果は…8割くらい感動したけど、思ったほどはまれなかったし2割くらい割り切れない思いが…この気持ちはどこから来るか考えてみた。

 まず、背景の「美しい風景」に既視感があったこと。瀬戸内海の風景ということで「ポニョ」と「風立ちぬ」と「君の名は。」を合わせた感じかな~

 それから、主人公が呑気すぎていらっとすること。でもこの時代の人は、今の人より自我がキョーレツではないから、こんなもんなんだろう。よくわからないうちに嫁とりの話がきて結婚して、よくわからないまま生活しているのはすごいなあ。私もこのくらいの人生を歩むべきだったのだろう、きっと。

 「戦争中も、人は結構普通に暮らしていた」というのは良くわかったけど、この時代の当事者ではない原作者がどうしてここまで掘り下げて描こうと思ったのかが引っかかってしまい、素直に見られなかった部分もある。

 この作品は、この時代を実際に生きた人に見てもらって懐かしんでもらうのはいいと思うけど、それ以外の世代の人はどう見るべきなのか難しいと思った。声高な反戦映画ではないとはいえ、だからと言ってノスタルジーで終わらせてはいけないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »