最近のトラックバック

« シングストリート 未来へのうた | トップページ | 疲れた月曜日 »

NHKスペシャル 見えない”貧困”

 内容は大体予想できると思いつつもやっぱり見てしまった番組。私の家は母子家庭ではないし世間から見たら貧困家庭ではないと思うけど、家計に遠慮して不本意ながら公立の短大に進学、その後就職した会社では四大卒の人との給料格差に悩み、そんな会社も辞めて派遣…という経緯がある。この番組を見て、やっぱり私の家も貧困家庭だったのかもと愕然とした。

 番組を見て思ったのは、「結局、世間のレベルが上がったのが悪いのか?」ということ。昔は塾や習い事に行ってない子もたくさんいたし(そもそも田舎には塾がない)、高校まで行ったら大体就職できたし、大きい夢を持ってる人もあまりいなくて、大体そんな感じで良かったのだ。情報が行き渡って選択肢が増えて、大学も行かなければ、留学もしなければ、スポーツや芸術などもやって当然というふうに人生の理想のハードルが上がったことで貧乏な人はかえって苦しくなってしまったような気がする。そしてこれからは、学校を出たからと言って理想の職につけるわけではないし、状況はますます厳しくなるだろう。

 具体的にどうしたらいいのか私に解決策はないが、まずお金ばかりかかって中身の薄い学校をなんとかしてほしい。基本的な勉強ができればいいのだからしゃれた制服とか豪華な修学旅行とか、思い出作りのためのイベントとか要らない。そしたら貧乏な人でも気軽に過ごせるし学費も安くなるはずだ。

 それから、夢は持ちつつ足元から固める。学校へ行くのを目的にしない。教育ローンはなるべく考えないで。後で返すのは大変というか、返せない確率が高いから。

 色々考えているうちに、こういう子たちの先に今の私の人生があるのかと暗くなったけど、結婚や子育てをしなかったら非正規でも結構やってけるし楽しいよ。こんなことを言ってはいけないか。私みたいな人生はダメと思うなら、競争社会に飛び込んでいって勝者になるしかないのだ。どちらを選んでも厳しいね。

|
|

« シングストリート 未来へのうた | トップページ | 疲れた月曜日 »

人生ひとり旅-独身生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/64886005

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 見えない”貧困”:

« シングストリート 未来へのうた | トップページ | 疲れた月曜日 »