最近のトラックバック

« 12分の1終わり | トップページ | 手作りおやつ »

この世界の片隅に

 メガヒット系はもういいかなと思いつつ、この作品は見ておくかと見てみた作品。結果は…8割くらい感動したけど、思ったほどはまれなかったし2割くらい割り切れない思いが…この気持ちはどこから来るか考えてみた。

 まず、背景の「美しい風景」に既視感があったこと。瀬戸内海の風景ということで「ポニョ」と「風立ちぬ」と「君の名は。」を合わせた感じかな~

 それから、主人公が呑気すぎていらっとすること。でもこの時代の人は、今の人より自我がキョーレツではないから、こんなもんなんだろう。よくわからないうちに嫁とりの話がきて結婚して、よくわからないまま生活しているのはすごいなあ。私もこのくらいの人生を歩むべきだったのだろう、きっと。

 「戦争中も、人は結構普通に暮らしていた」というのは良くわかったけど、この時代の当事者ではない原作者がどうしてここまで掘り下げて描こうと思ったのかが引っかかってしまい、素直に見られなかった部分もある。

 この作品は、この時代を実際に生きた人に見てもらって懐かしんでもらうのはいいと思うけど、それ以外の世代の人はどう見るべきなのか難しいと思った。声高な反戦映画ではないとはいえ、だからと言ってノスタルジーで終わらせてはいけないのだ。

|
|

« 12分の1終わり | トップページ | 手作りおやつ »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/64839401

この記事へのトラックバック一覧です: この世界の片隅に:

« 12分の1終わり | トップページ | 手作りおやつ »