« 引き続き寒い | トップページ | NHKスペシャル 見えない”貧困” »

シングストリート 未来へのうた

 映画館での予告編では特に魅かれるものはなかったけど知り合いに勧められたので見てみた作品。

 ストーリーは大体予想できたけどバンドのメンバーに加わってくる面々を見た瞬間「あ、これはウォーターボーイズだな…」そして予想にたがわずアイルランドのバンド版ウォーターボーイズ的な展開で話は進む。

 しかし、劇中で演奏される楽曲がなかなかいいんだな、これが。これだけ楽曲が良けりゃすぐメジャーデビューできたと思う(笑)そして劇中で使われる80'sヒットも懐かしい。自分もリアルタイムで聴いてた世代だけど、アイルランドだとTVでやってて家族で見てたりするのかと変なところで感心したりする。

 俳優も無名で地味だし、ストーリーもありがちだけどとにかく劇中歌の良さで全て持っている作品。ラストも破天荒というか適当すぎ(笑)でびっくりしたけど、これはもうマンガと思えばいいのだと納得がいった。設定やストーリーを真剣に論ずるのではなく、ミュージカルとして見るべき作品だろう。

 監督が劇中歌も作っているみたけだけど、世の中いろんな才能の人がいるもんだと感心した作品でした。
 
 

|
|

« 引き続き寒い | トップページ | NHKスペシャル 見えない”貧困” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/64881121

この記事へのトラックバック一覧です: シングストリート 未来へのうた:

« 引き続き寒い | トップページ | NHKスペシャル 見えない”貧困” »