« スノーデン | トップページ | まだ疲れ »

怒り

 知人が絶賛していて、見なきゃと思っていた作品。しかしタイトルからして壮絶そう。恐る恐る見に行ったけど…違った意味ですごかった。逃げた殺人犯かもしれない男の話が、3か所で同時進行する。どの人も犯人なような、そうでないような。よくこういう設定・手法を思いついたなと感心する。

 名役者揃いのうえみんな大熱演。宮﨑あおいは苦手だけどやっぱりすごいなあ。キャスティングも超ナイス。犯人候補の3人、顔や雰囲気もなんとなく共通点があってこの3人を揃えられたのが成功の秘訣だと思う。沖縄の男の子役の子もリアリティがあって良かった。ストーリーも凝っているし、いろんな意味で重厚さがすごい。原作は読んでないけど、どう書かれているのかな。

 すっかり圧倒された。時間をおいてまた見てみたい。

|
|

« スノーデン | トップページ | まだ疲れ »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/64966979

この記事へのトラックバック一覧です: 怒り:

« スノーデン | トップページ | まだ疲れ »