2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« ほんわか週末 | トップページ | 雨の中花見 »

私の旅人生の変遷

 話題に乗り遅れてしまったけど、てるみくらぶの件は本当に驚いた。てるみくらぶという会社の名前は知っていたけど、いつの間にそんなに有名な会社になってたのか。何回も海外に行ってるのにここまでてるみにご縁のなかった自分が逆にこわい(笑)なのでなぜそうなったのか考えてみた。

 私が海外旅行行き始めの頃は、まず「エイビーロード」を買って、その中で一番良さそうなツアーを見つけたら旅行社に電話して予約をとり、オフィスにお金を払いに行って予約完了という流れだった。てるみくらぶという名前はこの頃雑誌で見たと思う。名前のイメージから「若い子向けにこじんまり、ほのぼのやってる格安旅行社」みたいな印象を持ったと思う。

 そのうち私はひとり旅をするようになったので、航空券だけしか買わなくなった。買い方は相変わらず雑誌で見た旅行社に電話して予約、オフィスに支払に行っていた。何社か使ったけど、いろんなところにオフィスがあるHISがやっぱり便利で段々HISに集約されていった。

 そうこうするうち航空券もHISのサイトで買うようになった。店舗に行かなくていいし、うまく行けばネット限定特売もあるしカードで払えるしとどんどんラクに。でも海外に行く頻度はどんどん減ってきて、今は1年に1度行ければいいほう。宿泊先も、以前はドミトリー利用だったが最近は個室。しかも日本の予約サイトで事前に予約してカードで払って、なるべく現地で現金を使わないようにしている。そんなこんなで、私はてるみとは全くご縁がないまま存在すら忘れていて今日に至る(笑)

 私がてるみと出会わなかったのはとにかく「ツアーで行かないから」に尽きるかな。自分で旅行してみて格安ツアーの裏事情(お土産屋巡りが多いとか)を少し垣間見たので、なんとなくツアーで行く気がしなくなってしまった。何より、それ以前に「一緒に行く人がいないからツアーを使う機会がない(一人旅でツアーは割高なので)」というのが現実なのだが(爆)

 ずっと「普通の航空会社の格安券」利用で来た私だけど、今回初めてLCCを予約してみた。たぶん最初で最後の利用になると思うけど(笑)これからまた新しいシステムが出てくるかもしれないし、私の旅がどう変遷していくか自分でも楽しみ。

|
|

« ほんわか週末 | トップページ | 雨の中花見 »

思い出」カテゴリの記事

毎日が旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/65125511

この記事へのトラックバック一覧です: 私の旅人生の変遷:

« ほんわか週末 | トップページ | 雨の中花見 »