最近のトラックバック

« 向かい風の連休 | トップページ | 夜の終わりに »

牯嶺街少年殺人事件

 少し前に再見で見たけどなかなか感想が書けなかった。それほど、この作品は私にとって重い。

 私がこの作品を初めて見たのは1995年。自由が丘に当時あった映画館のアジア映画特集で、この作品が最終作品だった。この特集で最初の方に見た作品ですっかり中華系の映画にのめり込んでいたのだが、この作品は最後を飾るにふさわしい重厚さだった。とにかく、この特集と出会ったことで私の旅人生・映画人生はすっかり変わってしまった。それほど衝撃的な出会いだった。この特集のちらしは今でも持っている。

 その後様々な映画を見たのでこの作品のことはあまり思い出さなかったが、監督のその後の公開作は全て見に行ったと思う。リアルタイムに見られたことは、今振り返るとすごく贅沢なことだった。その後監督は若くして亡くなった。この作品が権利関係のトラブルでお蔵入りしていることも知らなかった。

 元々3時間の作品を4時間にし、高画質・高音質でリマスター、各種割引が一切きかないという鳴り物入りの再映に違和感はあったけどとにかく幻の作品に会えると気合で見に行った。

 まず、未成年同士の殺人の話をこれだけ丁寧に掘り下げて描いているというそのこと自体に感心。台湾は殺人とかが少なくて平和でまじめな国なのかなと思う。言っちゃ悪いけど日本ではさして珍しい話ではないから(呆)そして、世相を丁寧に描くことで、少年の行動の背景に不穏な世相があることがわかる。人は自分の意志で行動しているように見えて、世相の影響を受けて行動しているのである。監督のこの考えは、その後の作品の骨子にもなっている。

 時代を経て、自分も台湾の歴史などを少し知ってから見ると色々見えてくるものがあって面白い。主人公一家は日本風の家に住んでいるが、日本人住宅に住めるということはある程度エリート(父は公務員)だということや、両親は大陸出身で仲間同士で話すときは上海語を話してるとか、地元の老いたチンピラは台湾語を話しているようだとか、字幕だけ見ているとわからない色々なことに気づけた自分がちょっと嬉しい。あとは、この監督特有の丁寧な画面の作り方。4時間あっても飽きることがなく画面に集中できる美しさ。

 そして、主役の張震くん。この作品から成長していったんだよね。その後の作品はしかめっ面の辛気臭い役どころが多いけど、この頃のあどけなさが眩しく、愛おしく思える。その他の出演者のその後も知りたいな。成功した人もそれきりの人もいるだろうけどこの作品ではみんな輝いていて、人生を垣間見る思いだ。

 この作品と20年ぶりに再会できて、あの頃の自分と再会したような不思議な感慨がある。作品を見るとあの頃のこと、その後の中国との関わりなど思い出されてくる。今言えることは、幻の作品と言われるこの作品と20年前に出会えていたことは本当に貴重だったということだ。

|
|

« 向かい風の連休 | トップページ | 夜の終わりに »

思い出」カテゴリの記事

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/65235952

この記事へのトラックバック一覧です: 牯嶺街少年殺人事件:

« 向かい風の連休 | トップページ | 夜の終わりに »