2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 復活確認 | トップページ | ダイヤル式郵便ポスト »

復活確認(携帯ラジオ編)

 長年、ウォークマン代わりに携帯ラジオを愛用していたが、FMラジオが聴ける携帯電話を買ったため使わなくなり、実家の父にあげた。父は元々携帯ラジオを持っていたけど予備用ということで。私はイヤホン使用で通勤や街歩きのとき聴いていたが、父はスピーカーモードにして胸ポケットに入れ、農作業しながら聴いていたようだ。

 そんな父が「遊民からもらった方をなくしてしまった」父によると作業着の胸ポケットにケースだけ残っていて、いつの間にかなくなっていたとのこと。かがんだすきに胸から落ちたようだが、どこを探しても見つからない。畑で落としたのかもと言っていた。もう1つあるからいいじゃないかと思ったが、「遊民からもらった方が音が大きいから、最近はこっちを使ってた」とのこと。

 それが、昨日実家へ行ったら「実は、見つかった」やっぱり、畑の脇の草の中から出てきたそうだ。しかしなくしたのが昨年の秋頃、半年以上土の上で風雨にさらされていたことになる。見た目はご臨終状態。それでも父は電源を入れようと試みる。電池を入れ替えてみたら、なんと液晶の時計が点滅するではないか。選局ボタンを押してみたら、ちゃんと音も出た。驚くとともに感動した。

 SONYさんすごいです!今あまり買う人もいない商品を、真摯に作っているということに驚嘆と感心と感動。

 今日の帰り際、久しぶりに操作を思い出しながら時計合わせもしてきた。父の農作業の友復活。お父さん、今度はなくさないでね。 

|
|

« 復活確認 | トップページ | ダイヤル式郵便ポスト »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/65280068

この記事へのトラックバック一覧です: 復活確認(携帯ラジオ編):

« 復活確認 | トップページ | ダイヤル式郵便ポスト »