« ザ・ダンサー | トップページ | あと1日 »

私はダニエル・ブレイク

 各種メディアで絶賛だし、知人からも勧められたし、鉄板のケン・ローチ監督ということでずっと見なきゃと思っていた作品、やっと見ることができた。

 しかし、各種メディアでいくつかのシーンを見ていてあらすじも大体わかるので初見の気がしない(笑)最近良く見る貧困ドキュメンタリーを地で行くような感じだ。

 病気で医者から仕事を休むよう言われた大工が給付金の申請に行くが、申請がオンラインだったり、個別相談にもすごく待たされたり、情報弱者は置いていかれるシステム。そして、働けないのに給付金申請のために就活しなければならなかったり、なんだかヘンなイギリスのシステム。福祉の国じゃなかったか。

 一度は申請を諦める主人公だが、若い友人が奔走してくれて良い弁護士が見つかり、なんとか行けそうなところまでこぎつける。しかし、若い友人(親切にしてあげたシングルマザー)の助けがなかったら、主人公は確実に飢死の道をたどるしかなかっただろう。この国の福祉システムは(日本もそうだが)複雑すぎて老人がいきなり利用するには無理があるのだ。そして当事者と福祉をつなぐ人が居ないのである。

 私は最近、貧困ものは現実の話で食傷気味なので特に目新しく感じなかったけど、一般の方にはどんどん見てもらって、衝撃を受けてもらいたい。貧困は自分のすぐ隣にある。

|
|

« ザ・ダンサー | トップページ | あと1日 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/65383287

この記事へのトラックバック一覧です: 私はダニエル・ブレイク:

« ザ・ダンサー | トップページ | あと1日 »