« 母の命日で台風で | トップページ | 気温37℃で雨の日 »

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

 映画館で予告編だけ散々見てた作品、やっと本編を見ることができた。バレエ界に疎いので、このダンサーのことも知らなかったけどとにかく表現力が圧倒的!そして類まれな身体能力。身体能力がなく普通の運動でさえダメダメな私はため息つきながら見るのみ。

 彼の適性を見抜いて、一家総出で出稼ぎして彼を支えた家族もすごい。お父さんは普通の人みたいだったけど、お母さんはバレエとかやってたのかな。豊かとはいえない家庭なのに子供を海外へ送り出したり、よくぞ彼をここまで導いたと思う。

 そしてバレエ界の事情も興味深い。イギリスのバレエ団でプリンシパルでも、ロシアでは全然無名で一から出直しとか、意外と各国の交流がないのか。それだけ、国ごとの独自のスタイルが確立しているということなのだろうか。そういえば、バレエはそもそもどこの国の踊りなんだろうとか疑問がわいて後で色々調べてしまった。

 とにかく、難しいことは考えず天才ダンサーの踊りを満喫する作品。しばらく引退はしないようなので、彼がこれからどの方向へ進んでいくのか暖かく見守りたいと思う。

|
|

« 母の命日で台風で | トップページ | 気温37℃で雨の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/65640690

この記事へのトラックバック一覧です: ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 :

« 母の命日で台風で | トップページ | 気温37℃で雨の日 »