« まだまだ休み気分 | トップページ | 雷雨テロ »

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

 夏休み明けとともに、映画生活も復活。この作品も見そびれていた作品。

 ジャクリーン・ケネディ夫人の人生のうち、夫の死から葬儀までの、いわばファーストレディ最後の4日間に焦点を当てた作品。私はケネディ家の伝記も読んだことがあり、ジャッキーのその後の人生も知っているので一歩引いてしまうけど、まあその位で丁度いいのだと思う。ファーストレディになろうという野心に満ちた人、一筋縄ではいかない。

 劇中で、ジャッキーが血のついたスーツを着替えないままだったり、顔もちゃんと拭いてないままだったのが気になっていたが、混乱というより夫が暗殺されたことを強調するための演出だと知り、さすがだなと思った。夫の突然の死という極限の状態にあっても世間に向けての演出を第一に考える。ファーストレディになる人は演出が人生なのである。こうして彼女は夫の葬儀を無事にやり終える。この辺は、映画からだけだと読み取りづらい。だからネットの評価が低めなのかな。

 その後のジャッキーの人生、子供たちの人生を思うと感慨深いけど、基本的には、劇中の60年代セレブファッションを楽しむ作品かなと思う。もう一度ジャッキーの伝記をおさらいしてみようと思った。

 

|
|

« まだまだ休み気分 | トップページ | 雷雨テロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/65681079

この記事へのトラックバック一覧です: ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命:

« まだまだ休み気分 | トップページ | 雷雨テロ »