2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 脱力の週末 | トップページ | 私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝 »

束の間の休息

 今日はゆっくり朝寝ができる嬉しい日。それなのにこんな日に限って朝早く目が覚めてしまう。でも二度寝最高。目覚ましで起きてとりあえず生ごみだけ捨てに行く。

 午前中は調子が出ないけど何とか支度をして出かける。昼間は最近月イチで通っている講座へ。楽しくて2時間があっという間。

 出先ではお祭りをやっていたけどおなかが冷えている気がして冷たい飲み物は気が乗らないし、落ち着いて飲み食いできる場所がないのでお祭り気分だけ味わう。帰りはガード下を歩いて隣の駅へ。電車賃の節約にはならなかったけど久々の街歩き、気持ちがほぐれる。

 地元では買い置き用のパンをまとめ買いしたり、行きつけの店で夕食を取りながらお店の人と話したり、日常のルーティンをこなす。

 明日は出勤なので私の短い休日は一旦終わり。夏休みまでもう少しなので頑張ろう。

|
|

« 脱力の週末 | トップページ | 私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/65625426

この記事へのトラックバック一覧です: 束の間の休息:

« 脱力の週末 | トップページ | 私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝 »