2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« ボブという名の猫 幸せのハイタッチ | トップページ | 太陽フレアと地震の日 »

父からの野菜

 実家行きが2週空いたところ、父が電話で「野菜がいっぱい取れてるんだけど…」それでこちらに送ってもらうことにした。昨日映画館にいたら電話がかかってきて「今日送ったどー、明日届くから」上映前で良かった(苦笑)ただし、一番遅い時間指定にしてもらったが最近システムが変わり一番遅い時間帯が6時から9時だという。「6時に着く可能性もあるどー」どうやっても帰宅は6時半なので不安になるけど仕方ない。宅配ボックスもあるしね。

 それで今日は、結局図書館に寄り道しながら7時帰宅。まだ来てないようでほっとする。ありもので夕飯を食べていると8時頃チャイムが鳴った。ちょうどよい時間でよかった。

 「色々入れといたどー」と言われていたが、実家でとれたものがメインに買った野菜の余りと思われるものが少しずつ色々入っていてありがたかった。早速父に電話し受取報告とバカ話。

 これでしばらく野菜を買わないですむ。経済的にも、気持ちのうえでもこういうのが生活の豊かさだよねー。ところで、後で宅配便の送り状を見たら最終の時間指定は8時から9時で、時間変更になっていたのはその前の時間帯だった。まったくお父さんてばもぉー。でも80代だから仕方ないね(笑)

 実家パワーを自分の栄養にして頑張るよ。

|
|

« ボブという名の猫 幸せのハイタッチ | トップページ | 太陽フレアと地震の日 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/65763477

この記事へのトラックバック一覧です: 父からの野菜:

« ボブという名の猫 幸せのハイタッチ | トップページ | 太陽フレアと地震の日 »