2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« パッション・フラメンコ | トップページ | 父からの野菜 »

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

 この作品はよく買ってる雑誌「Big Issue」で紹介されてて気になっていた。まあ猫が出てるから外れはなさそうだけど…

 ヘロイン中毒でホームレスの主人公が傷ついた猫を世話したのがきっかけで人生がどんどん上向いていく話。路上ライブで猫を抱いて歌ったら猫に人気が集まってお金がたくさん集まったり、Big Issue売りをやっても猫のおかげでどんどん売れたりとか(おかげで仲間といさかいになるけど)。本当に猫様様でいいね(^_^)(^_^)(^_^)

 とにかく、劇中の猫がかわいいので全て許される!孤独な青年の心を癒し人生を立ち直らせたのだから、本当に動物の力は偉大だ。鑑賞中、ずっと口角上がりっぱなしで微笑みながら見ていた。

 猫の姿を見ているだけで幸せ気分になれるので、いろんな人におすすめ。

 最近、弟のところで猫を飼いだしたので私も主人公にあやかれればなとちょっと棚ボタを期待するのだった(笑)

 猫もいいけど犬好きなので、この後公開される「ワンダフル・ライフ」にも期待(笑)

|
|

« パッション・フラメンコ | トップページ | 父からの野菜 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/65759493

この記事へのトラックバック一覧です: ボブという名の猫 幸せのハイタッチ:

« パッション・フラメンコ | トップページ | 父からの野菜 »