最近のトラックバック

« 春の兆し | トップページ | 銀か~ »

2018/02/12

バグダッド・カフェ

 この作品、最初に見たのはいつだろう…90年代のどこかだとは思うのだが、前半なのか後半なのかも思い出せない。テーマ曲がやたら流行っていたが、たぶんカバー曲の方を先に知ったような気がする。不思議な内容も相まって、自分にとって遠く懐かしい90年代を思い起こさせる作品。久々に見に行った。

 見てみると、やっぱり忘れていたことがたくさんあって、モーテルの女主人とその一家のことはすっかり忘れてた(笑)それからジャスミンが間違えて夫のスーツケースを持ってきてしまったこととか、黄色いコーヒーポットがモーテルに来たいきさつとか(彼女が持ち歩いていたように覚えていた)、改めて明確になってよかった。

 宿帳の国籍欄に”WG”(西ドイツ)と書いていたり、トラベラーズチェックで支払したりというところに時代を感じる。トラベラーズチェックは、日本では廃止になっていたというのを先日知った。

 あとはもう、おとぎ話みたいな話だよね。ブレンダがジャスミンに心開いていくのが、あまり現実的ではないと思ったけど映画だから(笑)あとはあんな手品でお店がそんなに流行るかよとか、オーバーステイで帰国したのにすぐ戻ってこられるのかとかツッコミところは満載だけどつっこんではいけない(笑)

 砂漠の風景と音楽にすっかり酔った。まだまだ夢見ていたあの時代へタイムスリップする感じ。

 例のごとく見終わってから色々調べたけど、監督始め出演者やテーマ曲を歌った人までも情報があまりない。監督のWikiぺージもないし。こんなに有名な作品なのに、関係した人のほとんどがこの作品でしか知られてないというある意味すごい作品。ロケ地の店はまだあるようなのでいつか行ってみたいな。誰かの運転で(笑)

« 春の兆し | トップページ | 銀か~ »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/66387336

この記事へのトラックバック一覧です: バグダッド・カフェ:

« 春の兆し | トップページ | 銀か~ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ