2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 緊張の新月 | トップページ | 少しずつお別れ »

あなたは何を手放しますか?

 今日の日付が変わってすぐ、天王星が牡牛座入り。大体7年かけて一つの星座を運行する。「過去7年間、何が起こったか振り返ってみましょう」と某サイトにあったので考えてみた。

 まず、なんといっても震災。母の故郷東北で起こり、母の実家代わりだった親戚宅2軒が半壊。もちろん自分の生活にも暗い影を落とした。その後、母が倒れて要介護状態になり、介護生活突入。施設にお世話になったので大したことはやっていないけど精神的に辛かった。ストレスで乳がんになってしまいがん患者生活にも突入。でもその後母は旅立ち、私もがん患者を卒業できた。その間、30年近く住んだアパートを立退きで引越した。結構持っていかれたけど、ひと通り落ち着き新時代を迎える。

 天王星は破壊・変化させていく星なので、西洋占星術関係のブログには「あなたは何を手放しますか?」と書いてある。そもそも恋愛や結婚や子供にも恵まれていないし、物やお金や人間関係もそれほど持っていないのだからこれ以上持っていかないでほしい。

 それでも最近身近に起きてる変化…ふだんあまり気にしていないけど懐かしいもの、愛着あるものがなくなりつつあるような。それほど行かなかったけど老舗の映画館とか、地元のお店とか。自分の心のふるさと的なもの。

 今の職場も思い出の職場だったけど、このたび合併し移転することが決まった。今回契約終了したらもう戻ってくることはないだろうとは思っていたが、会社の方がなくなるなんてね。このたび短期の仕事で戻って来られて、会社の最後の姿を見ることができたのは神のおぼしめしかと思う。

 そして、心のふるさとを手放したら、私は何を得られるのだろう。

|

« 緊張の新月 | トップページ | 少しずつお別れ »

精神生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/66727709

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは何を手放しますか?:

« 緊張の新月 | トップページ | 少しずつお別れ »