2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 太陽がいっぱい | トップページ | コーヒーの意外な効果 »

サバービコン 仮面を被った街

 ジョージ・クルーニー(別にファンではない)が監督で、何やらコメディタッチの映画なのかな?と思って見に行った。新興住宅街に黒人一家が引越してくるのと、主人公宅にいきなり強盗が入る話で始まり、不穏な感じのまま話はどんどん変な方向に進む。コミカル味が少しもないんですけど…黒人一家への排斥の話は笑えないレベルだし、主人公一家への強盗にはウラがあって…最後は、笑えないながらも結構しっちゃかめっちゃか、違和感が残ったまま終わる。

 エンディング・ロールにコーエン兄弟(脚本で参加)の名前を見つけて疑問が氷解!そうそう、「ファーゴ」に似てるのよ~主人公がさえない男で、妻を殺させて保険金をだましとろうとするけど殺人が殺人を呼び…みたいな展開が。最初からコーエン兄弟の作品と思って見ていたら、それなりに楽しめたかと思う。

 それにしても、黒人一家への嫌がらせのエピソードは実際どうだったのかわからないけど結構ひどいし、本編ともあまり絡めてないしなんでこの話が入っているのか謎。こじゃれた小市民への批判・皮肉なのだろうけど、ちょっと失敗している感じが。

 宣伝にあるような「ちょっと変わった人たちが出てくるコメディ」じゃなくてかなりブラックなので見に行く方は注意してくださいねー。そういえば、2月のカナダ旅行の機内放送で見た「ファーゴ」はコメディに分類されていたのを思い出した。私はアメリカ人のセンスがわからない(苦笑)

|

« 太陽がいっぱい | トップページ | コーヒーの意外な効果 »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/66702637

この記事へのトラックバック一覧です: サバービコン 仮面を被った街:

« 太陽がいっぱい | トップページ | コーヒーの意外な効果 »