« 梅雨前の日曜日 | トップページ | 疲れがドッ »

タクシー運転手

 久々に見に行った韓国映画。テーマが重そうで苦手なのだが光州事件って名前だけしか知らないし、どんなのか勉強するつもりで見てみた。主役は安定のソン・ガンホ。

 韓流ドラマではサイボーグのような美男美女しか出てこないが、この作品の登場人物の顔・ファッションは「ザ・韓国」(笑)昔なつかしいというか、私が思う韓国人のイメージはこんな感じだ。今でもこういう顔の人いるんだと感慨深かった(笑)

 光州事件を取材するドイツ人記者を乗せて光州とソウルを往復したタクシー運転手の物語。途中からアクション映画かと思ってしまうけど実話ベースというところがすごいなあ。かなり脚色が入っているのでどの程度まで事実なのか知りたいな。もちろん地方都市光州で軍部による弾圧が起きたのに新聞で学生の暴動と報道されたりとかは事実。私も生きていた、さして遠くない時期にそんな事が行われていたというのにぞっとする。

 フィルムをお菓子の缶に入れて偽装しても、X線検査でバレるんじゃないのかと思ったがとにかくドイツ人記者は取材したフィルムの持ち出しに成功、世界的に報道される。

 記者は運転手と再会を願ったが叶わず亡くなったのだが、調べてみるとその後息子と言う人が名乗り出たという。父と記者が一緒に写っている写真があったからとのことだけど、あの状況でフィルムを現像して写真を渡す時間ないはずだよね。この方が本当にそのタクシー運転手だったかはわからないけど、無名の人の行動が歴史に大きく関わっているというのが感慨深い。人生って深い。

|

« 梅雨前の日曜日 | トップページ | 疲れがドッ »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/66795455

この記事へのトラックバック一覧です: タクシー運転手:

« 梅雨前の日曜日 | トップページ | 疲れがドッ »