« 今日も実家行き | トップページ | またまた大雨前夜 »

2018/08/05

グリース

 この作品は私が中高生の頃にめちゃめちゃ流行っていた。雑誌によく記事がのっていたし、劇中で使われた歌は皆ヒットしてラジオでよく流れていた。でも肝心の映画を見るチャンスがなくて、懐かしの青春にウン十年ぶりに再会というか。

 まず、オープニングテーマから懐かしい。ビー・ジーズも流行ってたな~そして、主役の二人。ジョン・トラボルタ、コテコテだけどやっぱり魅力的。そしてオリビア・ニュートン・ジョンも清楚で可愛い!でも出演当時30歳で、高校生役にはムリがあると言われてたような。

 そして聞き覚えがある曲がポップな画面にのってどんどん出てきて、そうか、こういう使われ方だったのか~とかこういう流れだったのか~と妙に納得。クサい言い方だけど、これぞ青春パワー全開というか。でも、高校生がやたら大人っぽかったり、タバコ吸いまくりだったりとか苦手…登場人物も苗字が移民系の人が多かったり、下町系の高校という設定なのだと今はわかるけど若いとき見てたらそこまで気づかなかったな。

 当時、これが今のアメリカなのだと思っていたけど1950年代が舞台。ファッションが、カラフルでポップでおしゃれ♪でもその当時日本で流行っていたヤンキー文化の原点でもある。昔の田舎の生活を思い出し、苦ーい気持ちにもなった。

 それからひとつ気になったこと。当時雑誌で見た写真ではオリビア・ニュートン・ジョンの目尻に結構シワがあったような気がしたのだが、今回の劇中では全く気にならなかった。画像処理したのだろうか。

 とにかく、自分にとっては昔の振り返り・見直しに最適な作品だった。名作じゃないけどとある時代を象徴しているのは間違いない作品だと思う。

|

« 今日も実家行き | トップページ | またまた大雨前夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/67025386

この記事へのトラックバック一覧です: グリース:

« 今日も実家行き | トップページ | またまた大雨前夜 »