最近のトラックバック

« 旅する外国語 | トップページ | 秋風 »

バーフバリ 王の凱旋

 前編は某イベントで見ていて、面白かったけど床の上で体育座りで途中からお尻が痛くなったという情けない記憶があるのだが、CG使いまくりの新感覚インド映画でびっくりした記憶がある。忘れないうちに続編見に行かなきゃと思いつつ間が空いてしまった。

 まず、前編のあらすじから解説してくれるから忘れてても大丈夫。…というか、人間関係などわかってないまま見ていたことが判明(笑)続編は、続編というよりも前編のさらに前編というか、遡ってタネ明かしをする感じ。

 とにかく全編通して戦い・恨みつらみ・復讐ばかりなので見てて辛いけど、映像や音楽がこれでもかというくらい豪華で、インドのパワーを見せつけるられる思い。主人公と敵役が不死身すぎなとことかは香港映画っぽいけど(笑)、理屈を言わず素直に楽しむのが良し!

 これだけの作品がどういう経緯で作られたのかとか、バックグラウンドをこれから調べてみようと思う。

|
|

« 旅する外国語 | トップページ | 秋風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/67267723

この記事へのトラックバック一覧です: バーフバリ 王の凱旋:

« 旅する外国語 | トップページ | 秋風 »