2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

私の本棚

  • 高橋克彦・杉浦日向子: その日ぐらし 江戸っ子人生のすすめ
    私の心のバイブル
  • 松原惇子: 女が家を買うとき
    松原さんの著作はどれも好き。でも私は未だに借屋住まいである。
  • 野村進: アジア定住
    プー太郎時代に何度となく読み返した本。この本に出てくる人たちのような心持ちで生きていきたい。
  • 森茉莉: 贅沢貧乏
    私は森さんのようなお嬢さま育ちでもないし感性もないけれど、おひとり様人生の偉大なる先達に敬意を表して。
  • 上野千鶴子: おひとりさまの老後
    ひとりで生きていく人必読!
  • 岸本葉子: がんから始まる
    がんになった人はぜひご一読を。取り組み方の参考になります。

« 旅猫リポート | トップページ | 立冬で五黄の月でもうすぐ新月で »

暗殺のオペラ

 「暗殺の森」が大好きな私、シリーズ前作みたいな名前のこの作品はずっと気になっていたけどなんでかこの作品は上映されなくて、やっと見ることができた。

 でも結果は、うーん…「暗殺の森」と比べると完成度がまだまだ稚拙。舞台になっている1940年代イタリア田舎の風景は素敵だけど、展開がなんかダルく感じられ、あまり話に入っていけない。あっと驚くはずのネタばれも、あまり驚かないうちに映画が終わってた。

 「暗殺のオペラ」というタイトルだけど、実際の暗殺は話でしか出てこないのでピンぼけみたいな印象を与えるのだと思う。これなら「ゴッドファーザー」の方がよっぽど暗殺のオペラだよなあ(苦笑)

 日本語タイトルがかっこ良すぎて名前負けしている作品だと思うけど、ここから練り上げていってその後の名作につながっていったのか。ベルトルッチ監督の他の作品を改めて見直してみたい。

 

|
|

« 旅猫リポート | トップページ | 立冬で五黄の月でもうすぐ新月で »

映画で心の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/67354305

この記事へのトラックバック一覧です: 暗殺のオペラ:

« 旅猫リポート | トップページ | 立冬で五黄の月でもうすぐ新月で »