« 再会の年 | トップページ | 仕立屋の恋 »

パーキンソン病の治験

 京大で、ips細胞を使ったパーキンソン病の治験が始まったそうだ。亡くなった母は晩年パーキンソン病を患っていた。母の存命中にips細胞の話が出て来て、早く実用化されるといいなと思っていたけどやっと始まったか。

 それから、前職が製薬会社で治験を行う部署だったので(私は末端の事務職だったけど)、内情がなんとなく想像できるところもあり、そんなところも感慨深い。

 治験がうまく行って、多くの患者さんが救われますように。

|

« 再会の年 | トップページ | 仕立屋の恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パーキンソン病の治験:

« 再会の年 | トップページ | 仕立屋の恋 »