最近のトラックバック

« 幸せ感いっぱいの日 | トップページ | 五黄の月・水星逆行最後の日 »

ボヘミアン・ラプソディ

 映画館で随分前から予告編がかかっていて、ずっと待っていたけど見に行くのが遅くなってしまった作品。クイーンに関しては、複雑な思いがあり、見に行くのにためらいがあったのと、どうせならいい席で見たいと思っていても人気右肩上がりでネット予約でもなかなか席がとれなかった。やっと平日日中に見たけど、それでも結構混んでいて驚いた。

 久しぶりにクイーンの楽曲を聴いて、やっぱり曲がすごいなと思った。そして70年代イギリスの風景が懐かしい。個人的には、フレディのご両親が出て来たりして、一人の青年としてのフレディの姿を見ることができたのが良かった。当時はおとぎの国の人と思っていたからね。一般人からは憧れのロック・スターでも、親世代から見たら何やってるかわからない不良の息子だよね。他のメンバーの育った環境とかも見たかったな。みんな大学卒だから結局おぼっちゃまだよね。上流階級でないと音楽の教育も受けられないし高い楽器も買えないものね、やっぱり。

 ライブ・エイドの頃には私はもうクイーンを聴かなくなっていたのでこのライブが伝説のライブだということすら知らず、不思議な気持ちで見た。高校生の頃あんなに夢中だったけど、よく考えたらライブの映像を見たことがなくて、クイーンのライブがどんなものか知らなかったのだ。そして当時フレディの死にも驚いたけど、彼の死から20年以上たっていて、さらに映画になるほど過去のものになっているということにさらに愕然とする。

 自分の中で幻になりかけていたものを思い出させてくれたけど、苦い思い出も甦ってしまった。この作品を消化するには時間がかかりそう。

« 幸せ感いっぱいの日 | トップページ | 五黄の月・水星逆行最後の日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/67453535

この記事へのトラックバック一覧です: ボヘミアン・ラプソディ:

« 幸せ感いっぱいの日 | トップページ | 五黄の月・水星逆行最後の日 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ