最近のトラックバック

« 再び、五反田へ | トップページ | 幸せ感いっぱいの日 »

山中傳奇

 映画サービスデーに何を見ようかと思っていたとき発見したこの作品。監督が名前だけ知っているキン・フー監督だったのでお勉強と思って見に行った。

 映像はきれいだけど話が冗長な感じがして最初は作品に入っていけなかったが、次第ににこの作品のペースにも慣れてきた。どうやら妖怪もののようなのだが、どのような結末になるのか…ま、それほど期待せずに(笑)作品に身を任せる。3時間たち、話も収まるところに収まって作品は終わっていた。映像の美しさや優雅なアクションが特徴のようだ。ロケ地はどこなのか気になった。

 帰宅してから色々調べたら、「グリーン・ディスティニー」とか「黒衣の刺客」はこの監督の作品から影響を受けていると聞いてなるほどと思った。でも残念ながらどちらも私はあまり好きな作品じゃないんだな(苦笑)

 でも、関わった作品の名前を見て、この監督は確かにすごい人なんだとわかった。それから主人公の奥さん役の人、名前に見覚えがあると思ったらのちに「さらば、わが愛ー覇王別姫」のプロデューサーになった人だった。それから若き日のシルビア・チャンを見られて嬉しかった。やっぱり当時から輝いている。

 こういう作品ののちに、今の中華アクション映画があるのかと再認識した。いいお勉強させてもらいました。

« 再び、五反田へ | トップページ | 幸せ感いっぱいの日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92012/67447265

この記事へのトラックバック一覧です: 山中傳奇:

« 再び、五反田へ | トップページ | 幸せ感いっぱいの日 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ