2018/04/23

断薬1か月

 乳がん手術後5年を過ぎ、再発予防のための抗ホルモン療法も終わって1か月以上経過した。5年も飲み続けた薬をやめてどうなるかなと思っていたけど…

 まず、「毎朝薬を飲む」というルーティンは意外とあっさり忘れ、その後何事もなく過ごしている(笑)そして体調。以前、誰かのブログのタイトルで「薬が体から抜けていく」とあって、その感覚を半ば楽しみにしていたけどそういう感覚は一切なし。

 おりものが少し増えたのと、最近困っているのが一時期収まったホトフラがまた復活したこと。薬をやめるちょっと前くらいの方がラクだったな…最近の暑さのせいもあるかもしれない。

 それでも、毎朝の余計なルーティンと余計な出費から解放されたのは嬉しい。浮いた時間とお金でその分人生楽しまなくちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/10

治療終了

 今朝、約5年服用してきた抗ホルモン剤の最後の一錠を飲み終えた。これで一旦、乳がん治療は終了。

 毎日一錠飲む薬の管理法は人それぞれ、全部に日付を書く人とかもいるみたいだけど、私の場合は7連のピルケースを買ってきて一つに一錠入れて1週間分を用意して飲むようにしていた。飲み忘れもさることながら、飲んだかどうか忘れることもあったので(爆)これで薬の管理ができるようになった。それでも泊まりで実家へ行ったときがヤバく、昼近くになって飲み忘れに気づくこと多数。最近やっと忘れなくなったんだよね(笑)

 スヌーピーの絵がプリントしてあったはずのピルケースは、すっかりプリントがはげてしまって絵がなくなってしまった。泊まりで家を空けるときしか持ち歩かないはずだけど、5年の月日を物語る。もう薬のことを思い出さなくていいように、ピルケースは引出しにしまった。

 そして治療終了の感慨に浸る間もなく大慌てで支度をして出かける。就活がない土日は、遊ぶ予定で忙しいのだ(笑)交通費節約のため、一度出かけた先で色々用事をこなす。モーニングショーに買い物に、夕方は友人に会って近況報告とお土産の手渡し。一週間、ずっと家に居て人と会っていなかったので自分のメンタル維持のため人に会いたかったのだ。よもやま話をして元気が出た。

 明日からは薬フリーの生活\(^o^)/乳がん生活の振り返りは、これからじっくりやっていくことになると思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/08

はなちゃんのみそ汁

 映画が公開された頃知り合いに勧められたけど、自分もがん患者だとなんとなく読みづらくスルーしてきた本。でももうすぐがん患者卒業するので読んでみようかという気になった。自分が軽いがんで済んだので、がんで死ぬ人がいるというのがピンとこない。がんで死ぬとはどういうことなのかを知らねばと思って。

 読んで思ったのは、「時間がたってから読んでよかった」話題になっていた当時に読んだら、ただ感動物語に持っていかれて問題点が見えなかっただろう。自分もがん治療を経験し、またある程度世間の評価も固まったところで読んだので客観的に見られたと思う。

 個人的には、ブラックジャック先生とは何者なのか気になった。ブラックジャック先生の指導で一度はがんが消えたのに、最終的に治療を拒否される。その辺の流れがよくわかなくて不自然に感じたが、著者夫婦が色々な療法を取り入れていたのがお気に召さなかったのか。

 がん未経験の世間の方々は代替治療がいけないとか、玄米菜食がいけないとか、最初から抗がん剤やってればと言っているようだが、抗がん剤は実際きついしがんとなれば色々なものにすがりたくなる気持ちはわかるし、がんとは自分で治療法を選んで対処するものである。著者夫妻は自分達なりに考えて対応し、結果うまくいかなかったというだけのことである。

 個人的には、奥様の終末期の様子が書かれているのがとても勉強になった。どうせ死ぬならがんがいいと思っている私だが、がんで死ぬのも結構大変なのだとわかった。意識障害みたくなることもあるのだ。

 それから、病気をおして娘さんに料理を教える奥さん。それはもちろん素晴らしい。でも亡くなられた後は、娘さんにもう少し子供らしい生活をさせてあげも良かったのでは。学校の同世代の子たちは、親に甘えまくりの生活を送っているのだし。その対比が辛いのではと思う。

 どなたかがどこかで書いていたが、この本は一人の男が妻と娘に癒され励まされる物語なのだと思う。でも女性の私としては、奥さんや娘さんが語らない気持ちがどこかに隠れていると思えてしまうのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/23

大雪の翌日、がん患者卒業

 今日は、乳がんの術後5年検診に行って来た。5年前の思い出といえば、術前説明の前日にも大雪が降って病院へ行くのが大変だったこと。手術立ち合い前に病院を見ておきたいからと田舎から父も出て来てくれたのだが、バスは来ないしタクシーも捕まらなくてもう大変だったのだ。それから退院の日の明け方も雪が降っていた。今日は念のため早めに家を出たが、バスもスムーズで今回の雪は全然大丈夫だった。

 マンモ、採血、エコーと粛々と進み、待ち時間もあまりなく診察室に呼ばれる。「検診の結果は問題ないです!おめでとう!」と華々しく言われると思いきや、なんだか先生の歯切れが悪い…でもまあ、一応異常は認められなかったようだ。

 先生としては、5年経過してOKとなるとその後のケアを全くしなくなる人がいるのでその状態を危惧しているらしく、何やらぶつぶつ言っている。私としてはもちろん経過観察はしていくつもりだが、頻度は毎年でなくていいかなと思っている。マンモは被ばくのリスクもあるからね。

 結局いつも行っている街のクリニックで検査をしていくことで話をまとめたが、紹介状を発行されてしまった。今日発行されても検査を受けるのは1年後なんだけど…その後、病院だと検査と結果を聞くのが1日で済むけどクリニックだと2度行かなければならないとか、何かあったときは病院で再診になるとか、クリニックはカード払いができないことを思い出して焦るけど、クリニックは予約変更がしやすいことや土曜日受診ができることも考えて気を取り直した。

 がん患者卒業記念で病院併設の食堂で焼きそばを食べた。うーん、あまりおいしくない(笑)しかし、乳がんが発覚したときに同じ食堂で担々麺を食べて、不安のため全く味がしなかったのを思い出した。味を感じられるだけ進歩してるってこと。

 その後バスで病院を後にし街へ戻ってきて、モスバーガーの豆乳スイーツセットでささやかに快気祝い。知り合いに結果報告のメール。店を出ると夕暮れの空がきれいだった。

 過ぎてしまうとあっという間だったこの5年。結末はあっけなかったけど、こういう平凡な毎日を送れているのが何より素晴らしいことなのだと思う。今日でがん患者は一旦卒業、サバイバーの仲間入り。このブログを書ける日が来て良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/26

アクティブ&予想外な休日

 今日は3か月に1度の乳腺クリニック通院日。最近持ち直したけど、ここ2か月は相次ぐ体調不良で…6月末のアレルギー性角膜炎、7月頭の膀胱炎、ひと息ついたところで帯状疱疹の疑い。これは医者がお盆休みで医者に行けないうちに直ってしまったので結局何だったのかわからず。そしてその間に不正出血も始まり…書き出してみると、続いてるなあ。

 先生に不正出血の旨告げると、「今の薬だと子宮に影響はないはずなんだけど…念のため婦人科に行っといて」うぇーんやだ(泣)そして婦人科の結果を持って再訪するようにと、1か月後の通院にされてしまった。落ち込みながら乳腺クリニックを出て、その足で婦人科へ。こういう事態を想定して(?)すごい近所のクリニックにしてあるのだ。予約だけしてくるつもりが、また来るのも面倒だし結局その日に診てもらうことに。こんなことになろうとは。

 婦人科は想定してなかったのでパンツで行ってしまいスカートを借りて内診。内診の結果、子宮内に異常は見られないとのこと。組織の検査があるのでまた結果を聞きに来ないといけないけど。終わったところでお昼を回ってた。しばらく行ってなかったマッサージ屋へ電話したら空いていると言われ、予約することができた。これまた予想外。安心して初めての店でランチ。

 そしてマッサージのため新宿へ移動。前売りのチケットを今日で使いきったと思っていたが、まだまだ全然余っていた。場合によっては次回の分を購入しなければいけないと思っていたのでほっとした。

 でも、その分気が緩んだか…行きつけの店に行ったらまだセールをやっていたのでまたパンツを買ってしまった。ま、これで来年は買わなくて済むから(笑)

 そして、東急ハンズを見て思い出す「そうだ、ハンズメッセに行くんだった!」リュックをずっと探しているので、一応売り場を見ておこうと。私が欲しいリュックの条件は、A4サイズの雑誌が入ることと、背面にポケットがついていること。意外とないんだよね。そして価格が安めなこと。そしたら、特設売り場にフツーに売っていた。そして価格は2500円(爆)もう、運命の出会いと思って購入。今までのものより一回り大きいので実家日帰り用に最適。そして最後に、忘れちゃならない薬の処方。このために新宿に来たのだ。

 あと一つ何か用事をやり忘れたけどまあいいや。色々予想外の展開だったけど用事は色々片付いた。ちょっと前進した気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/23

小林麻央さん逝去

 結婚したときは「よくあんな人と結婚するよなぁ…」とやや白い眼で見ていたが、がん公表後は同じ病気の先輩として、ずっと気になる存在だった。でもヘタに同じ病気だと、やっぱりちょっとこわくてブログは読む気がしなかった。読まなくてもネットで色々拡散されてくるし。

 お相手がいい人じゃなくても、人は役割を演じて本物の夫婦・家族になっていくんだなと教えてもらった。

 人生を真摯に精一杯生きた麻央さんお疲れさまでした。よく頑張りました。

 そして私は、どう生きてどう死んでいくか考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

骨密度

 乳がん手術後、再発予防で抗ホルモン治療をしているが、昨年薬を変えた。今の薬は骨粗しょう症になりやすいリスクがあるので、カルシウムを摂るようアドバイスされた。

 まず、自分の骨の状態がわからないので骨密度のデータをとった。同世代の平均より低いが、なんとか許容範囲内という数値。

 でも乳製品は摂りたくない。体感として、乳製品摂り過ぎが乳がんの原因になったと思っているので。サプリもお金かかるし面倒だから買わず、結局ほぼ1年そのままで来てしまった。チーズ大好きだけど我慢してチーズ断ちをしていたが、先日カルシウムを強化したチーズをスーパーで見つけて、これならいいかと1日1個食べるようになった。それから小魚ということで、しらすをよく食べるようになった。朝はハムトーストだったけどここ1か月くらいしらすトースト、夕食のときも余った分を食べている。塩分は気になるけど少しはカルシウム摂取量が増えたと思う。

 そして先日、約1年ぶりに骨密度のデータをとってみたら…なんとか現状維持!ケアプロのお姉さんに「この状態をキープしてください。運動、運動ですよ!」とハッパをかけられた(笑)

 骨密度って、栄養状態でそんな急激に変わるものでもなさそうだけど日々の心がけは大事だよね。カルシウム摂取と運動(歩き)で骨密度キープ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/24

無事、術後4年

 今日は乳がんの術後4年検診の結果を聞きに行ってきた。本当は先週行くはずだったが、仕事で休みづらい行事と当たってしまったので今日にずらした。しかし、大きい病院で予約を変えるって大変なのだ。元々は朝イチで予約してあって、これなら待ち時間はほとんどないのだが時間が遅くなるにつれどんどん押していって午後は予約時間の2時間遅れとかフツー(笑)今回も、予約変更では早い時間に予約が入れられず16時台となってしまった。実質18:00かと覚悟する。

 同じ16時台でも少しでも早い時間を取れればと早めに病院へ向かうが、駅からバスで30分かかり、結局着いたのは1時間前。予約票を見たら16時台で1番!おおスゲー。診療科へ行ったら今回は早くて既に14時台の人の診察に入っていた。診察室の前まで行って予約人数の確認をしたら、16時台ってそもそも予約が一人だけ(爆)急ぐことなかった笑)でも16時まで1時間あるから売店へ買出し。おやつとコーヒーを買って待合へ戻る。コーヒーでひと息ついて、あとは新聞や本をひたすら読む。

 本に夢中になっているうち名前を呼ばれる。思ったより早かった。入るなり、いつも通り「問題はないと思いますね~」と言われる。それより、こちらはクリニックからの手紙を預かっているのでそれを渡さなきゃと気が気でない。手紙を渡して、腫瘍マーカーの値が良くないことを説明。しかし、今回の検査での測定値は全然範囲内だった。数字があまりに違い過ぎて唖然とする。あと、「明日で、手術して4年です」とも言ってみたけど先生にはピンと来ないようだった。そうだよね~毎年100人単位で手術してるんだもんね。

 来年の検査・診断の予約をして、クリニックへの手紙ももらって診察室を出る。診察室に居る間は夢中すぎてなんだかわからなかったが、再発はなかったようだと理解したのは後になってからだった(笑)

 安堵の気持ちと共にバスに乗った。来年も笑ってこの日を迎えられますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/21

旅行から~の、クリニックで検診

 今日は旅行の興奮と疲れがさめやらぬまま仕事。右目のコンタクトがずれたまま戻らず、目の焦点が合わないままでの仕事。細かい仕事は途中でやめて、テプラでファイルの背表紙作ったりファイリングしたりの軽作業に切り替えて乗り切った。

 仕事帰りは3か月に1度の乳腺クリニック。軽く診察してもらい、薬を処方してもらうのが基本だが、前回の採血結果があまり良くなかったので経過観察で今回も採血がある。検診内容よりも、このクリニックも結構待たされるのがなんかねー。病院よりは全然待たないのだけど、会社帰りに来て1時間近く待つのはちょっとツラい。私は覚悟してきたからいいけど、やはり1時間くらい待たされて「次の予定があるのに、これじゃ予約の意味がないじゃないですか!」と半ギレしてる人がいた。自治体の無料クーポンで検診を受けに来た人だった。ま、まだ健康で病院に行ったことがない人だよね。大学病院じゃ、予約して2時間待ちとか当たり前なのよ(笑)

 うとうとしながら待って、自分が呼ばれて、すごい勢いで触診と面談。そして採血室に送られて採血されて終わり。結果は来週。7時半近くになっていたので仕方なく外食して帰った。4年前乳がんが発覚したときも、11月半ばに方位取り旅行に行って、その後の検診で発覚したんだよね。あの時と似てる状況だな…と思うと少し不安になる。

 旅の疲れがとれたら気持ちも元気になるかな~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/23

薬の副作用?

 乳がん再発予防で今飲んでいる薬、副作用のひとつに「関節のこわばり」があると、説明書には書いてある。でも今まで特に意識することもなく暮らしてきた。

 昨日、なんとなく手の指1本1本を曲げてみたら、右手人差し指だけちょっとむくんでて曲げづらいことに気がついた。意識して力を入れないと、指の腹が第二関節につかない。他の指で無理やり押し付けてやっと付く感じ。他の指はそんなことはなく自然と曲げられる。

 ひょっとして、これが副作用か…?そういえば、パソコンでゲームをやるときうまくクリックできないことがあって、マウスの反応が悪いせいだと思っていたが、自分の指がちゃんと動いてなかったのかも。

 今のところ仕事に支障はないけど、なんかやだなあ。というか、副作用で不自由な体になったとしても追い詰められないで気楽に働ければいいんだけどね。この薬もまだあと1年ちょいお世話になる。症状が進みませんように。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧