香港返還記念日

 今日、普段は見ない池上彰の番組で香港をかなりしっかり取り上げていたので、他の番組そっちのけで見てしまった。だって落馬洲の展望台とかやってるんだもん…落馬洲は、97年の滞在時にバスを乗り継いで一人で行ったことがあるのだが、その時から国境の向こうに見える風景が激変していてショックだった。ちなみに、父も70年代に同じ場所を訪れていて、同じ場所から撮った写真がアルバムに貼ってあってウケたことがある。当時はグルカ兵が国境を守っていた。今は地下鉄で行けるし、展望台もきれいに整備され、時の流れを感じる。

 それから、香港マニアなら大体知ってる話だけど一般人向けにここまでやるのは珍しいくらい香港の歴史を丁寧に説明していて感心して聞き入る。番組中に映る香港の景色を見ているだけでなんだか嬉しい♪途中で映画「慕情」の1シーンも出て来て、もうワクワク♪香港にどっぷりはまって、映画を見まくっていた頃の気持ちが甦ってきた。

 それで、なぜこの番組をやっていたかというと今日が返還記念日だからとわかった。97年当時、「返還を絶対香港で迎えたい!」と張り切っていたのに結局実行しなかった。結局TVで返還式典を見たけど、TV局が全局放送でびっくり。あれからもう21年か~

 最近、個人的に昔懐かしいものとの再会が多いのだが、この番組と出会えたのもその一環かも。いつでも行けるようにまた旅の計画立てるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

懐かし池上線

 土曜午前毎週見ている番組で、今日は池上線の特集だった。つい4か月前まで通勤で毎日乗っていたから懐かしい♪派遣先は色々問題があり、やめて次へ移ったいま改めてそのお粗末さが思い出され、今前職の心の傷を癒しているのだが、そんな職場に3年間通えたのもひとえにのどかな池上線で癒されていたからだと思う。

 途中で紹介された戸越銀座、懐かし~巨人のシチューハウスも3回くらい行った。本当はもっと頻繁に行きたかったんだけどね。池上線沿線は楽しいお店がたくさんあったけど、派遣先が薄給だったため消費生活があまりエンジョイできなかった。改めて、いい所に通っていたんだなと感じる。

 しばらくしてお金が少しできたら、また遊びに行きたいな。いつまでも頑張ってね、池上線。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東京蚤の市

 この週末で、東京蚤の市に行って来た。予想以上の規模でびっくり。人もすごかったし。手作りショップの店が多いのかと思いきやほとんどアンティークで、東京にはこんなにもアンティーク屋があるのかとびっくりした。自分もアンティークショップとかしたいなと思うけど、自分が付け入る隙はないと思い知らされた(笑)

 フードもすごい並ぶと聞いていたので並ばなかったけど(笑)、一人だと場所も取れないし、ビール飲むとすぐトイレに行きたくなるから諦めた。早々に売り切れてるショップも多かった。

 HPで目をつけておいたショップがなかなか見つからず、帰り際にやっと見つけた。でも思ったほど安くなかったので結局何も買わなかった。カナダのアンティークショップを見ちゃうとねー。

 あとは、会場である競輪場がレトロで面白かった。今度は競輪見に来てみようかな。

 知り合いの方、面白いイベントを教えてくださりありがとうございました。今度は「飲みの市」で!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さよなら、横浜ニューテアトル

 今日は、もうすぐ閉館する横浜ニューテアトルへお別れに行ってきたのだが、貧乏臭い展開に…日頃、サービスデーしか利用しない私、せめてもの節約に近場の金券屋で前売り券を買っていけばいいやと、金券屋の場所だけ調べて出かけた。

 しかし、甘かった…最初に入った金券屋では平日券しかなかった。それで、腹ごしらえしてからその他の金券屋に次々行ってみたが、売り切れとか映画の券自体の扱いがなかったり。何より、都内ではいくらでも売ってる作品自体の前売り券の扱いがないのだ。思いついて近場の老舗書店に駆け込むけど、本当の「前売り」しかなかった。コンビニの発券機でもしかり。東京以外の映画チケット事情がわかって勉強になった。

 結局一般料金1800円を払って鑑賞。映画館の前は何度も通っていたけど館内の風景に記憶がなく、たぶん見に来たことはなかったのだと思う。閉館間際だけどサービスデーでもないせいかすごく空いていて、おかげでゆったり鑑賞することができた。高い料金を払うということはこういうことかと思った。

 作品も、事前知識が全くなくたぶん自分から選択して見にいくことはないタイプの作品、こういうのも映画の楽しみ方の一つだよね。あとは、古めかしい館内。待合が全くないのにびっくり。トイレも男女共用だったし(びびって使わなかった)。でも横浜の文化を作ってきた場所。

 本当はサヨナラ上映は「横浜メリー」でしめてほしかったけどね。最初で最後だったけどありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

思い出が甦る感覚

 今日は、見ようと思った映画が前日までの予約で満席(爆)、少し疲れてるしそのまま帰ることにした。でもまっすぐ電車に乗るのも勿体ないし、昨日の寄り道が面白かったからまた歩いてみようかなと、職場を出たらいつもと反対方向へ。

 目的は参宮橋だけど、歩いてみると途中の風景が懐かしい~そして参宮橋の商店街へ。以前からのお店は大体残ってたと思う。閉店したケーキ屋「マチルダ」のあった建物はまだ健在だった。それから商店街の外れにパンケーキ屋があったはずなのだが、お店とおぼしき表示の文字が小さすぎて読めなかった。昔はブランチしに来た店。また出直そうと思う。

 そのまま参宮橋から帰る予定だったけど、こうなるとさらに歩きたくなり代々木八幡に向かって更に歩いてしまった。住宅街を道なりに進むのだが、体に感覚がしみついているというか、案内もないのにどんどん歩いて代々木八幡駅の近くまで来た。そしてさらに本能で代々木上原まで歩いてしまった(笑)

 歩いている途中、昔よく歩いたときの風景とか、そのとき感じた幸せ感が甦ってきた。我慢しているつもりはなかったけど長らくこの思いを封印していたのだとわかった。それにしても、この街を歩くと感じる幸せ感、懐かしさはなんだろう。

 結構好きだった「ウェストパーク・カフェ」が閉店してたのがまたショックだったけど、駅まで来て電車に乗り、現実世界へ帰還。

 今の職場にいるうちに、なるべくたくさん昔の思い出を甦らせて幸せ感に浸ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ざわざわ下北沢

 8年ぶりに小田急線が通勤経路になって定期券を使えるようになったので、今日は下北沢に行ってきた♪気軽にちゃらっと行けるのが嬉しい。しかし、昔の駅が好きだったから今の駅はやっぱりなじめない。地上に出るのにすごく時間がかかって不便だし。

 今日の目的のメインは、ユニクロへ冬物のリサイクルを出しに行くこと。ユニクロは昔ピーコックの上にあったけど、駅の反対側の、昔ダイエーだった建物に移っていた。早々にリサイクルを出して身軽になって、後は街をぶらぶら。みそパンのアンゼリカもないし、好きだったアンティーク屋もカフェに変わっていたし、イタトマもないしよく覗いた雑貨屋もない。そういえばサーティーワンもなかったな。

 今度は駅の反対側をぶらぶら。こちらは先週歩いたからざっとだけど、ナチュラルハウスとか陶幸とかは健在でほっとする。

 以前小田急線で通勤していた頃は、会社帰りに週3くらいで降りてぶらぶらして帰ってたけど、今は降りるのが大変なので平日の途中下車はせず休みの日に来る程度でちょうどいいみたい。ピーコックの品揃えが変わったのが大きいね。昔はよく北島商店のメンチカツを買ってたけど今は置いてないし、お気に入りだったハーブティーもないし(店のせいではなく廃盤になったからのようだけど)、パン屋のDONQも撤退、イギリスのスーパーの商品とかもなくて品揃えが残念な感じになってきているのが哀しい。

 作りかけの、ガラス張り天井の駅舎を見上げながら地下ホームへのエスカレーターに乗る。どんな風に変わっていくのかなあ。あまり変わってほしくないのだけど、どんなに変わってもここへ来るときはいつも昔のことを思い出しながら歩く気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バンクーバー残照②

③ひょっとして前世の場所?
 バンクーバーということで思い出したのが、若い頃に雑誌に載ってた占いゲームみたいなのをやったら前世に住んでいた場所がバンクーバーと出たことがあった。それで街歩きをしてたら前世の記憶が甦ってくる、みたいなのを期待しつつ行ったのだが、残念ながらそういうことはなかった。でも長年、深層心理レベルでもやもやしていたことが解決し良かったと思う。

④日系移民の歴史
 20年くらい前にプー太郎していた頃、図書館でタイトルに惹かれて何気なく借りたのが工藤美代子著「哀しい目つきの漂流者」。明治時代にカナダに渡った女性の話で、どちらかというとカナダ移民の闇に当たる話。話の内容もさることながら、当時30代の著者が自分で当時の文献を当たったり、関係者にインタビューしながら謎を解き明かしていく様が興味深かった記憶があった。
 カナダ行きが決まってそのことを思い出し、本を借り直して読んでみたが、主な舞台はバンクーバーから遠いところばかりだった。でもその中で、バンクーバーにもかつて日本人街があったことを知った。
 旧日本人街を訪ねたいと思ったが、今は治安の悪い地域になってしまっているとのことで行くことはできなかった。あと、かつて漁業に従事していた人たちが多かったとのことで、海辺のスティーブストンという街に行こうとしたが、2回もバスを乗り間違えてしまい、着いた頃は夕方で近所の缶詰工場や日本人住居跡などの見学は叶わなかった。思ったほど寂れていない代わりに、当時の面影もない感じだった。
 移民のことは、もっと調べて次回への宿題としたい。

⑤アンティークモール
 今回の旅行で一番の大冒険は、郊外のアンティークモールへ電車とバスを乗り継いで行ったこと!行き方を書いてある本を持ってくるのを忘れて、情報がないからと諦めていたけどスマホでよーく探したら訪問記を発見!行き方もわかってしまったので行かないわけにはいかないと。
 下車駅を間違えたりとトラブルはあったけど、それでも現地に行くことができて感動した!目的地のモールは小規模だったけど品数がすごかった。陶器類はロイヤルアルバートが多い。価格も安めだと思う。陶器類は価格がわからないが、日本の某店で2000円くらいで売ってるパイレックスのマグが500円くらいだった。
 陶磁器は持ち帰りが大変だから何も買わないと決めていたけど、せっかく来たんだしとお守り代わりに馬の蹄鉄を買った。700円くらいだったけど、これも東京のアンティーク市だと3000円くらいする。業者だったら買出しに来たいくらい。
 電車・バスの旅を成し遂げた充実感と共に、この度一番の思い出かも。

総括:
 楽しい旅だったけど、旅は旅。これからは気持ち切り替えて現実世界で勝負しなきゃと武者震い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バンクーバー残照①

 このたび自分への快気祝い・退職祝い(笑)・方位取りを兼ねてバンクーバーへ旅行してきた。行先を決めた理由は吉方位で海外、航空券が割安だったこと。事前の知識全くなしだけどこれもご縁かなと。でも、後で気づいたけど実は長年の思いが詰まった街だった。

①Honcouverの実態調査
 中国好きの私がバンクーバーと聞いてまず思い出すのが「香港からの移民が多くホンクーバーとも呼ばれてる」という言葉。海辺に中華風のコテコテ海鮮料理屋が並ぶ風景を勝手に想像していた。
 実際行ってみたらアジア系の人は多いけど中華料理屋が多いわけでもなく、昔ながらのチャイナタウンは寂れてた。最近の移民は郊外に住んでいるというのでその地域へ行ってみた。一見カナダの普通の街並なのだが、駅前のショッピングセンターへ入ってびっくり!吹き抜けの天井から赤い提灯が下がり、そこはすっかり中華ワールド!お客さんもほぼ全員中華系、フードコートに入っているテナントも中華料理ばかり。店員さんとお客さんの会話もほとんど広東語。まるっきり香港と変わらない風景がそこにはあった。
 改めて外へ出てみると、建物はカナダ風でもお店の看板が漢字だったり、広告に載っている人も中国系だったり、車を運転している人もほとんどアジア系だったり、この地域の中華系の密度は相当高いのがわかった。
 偶然、間違えて郊外を走るバスに乗ってしまったが野原の中に中国風の寺がどどんと建っていたり葬儀場があったりと、中華系の人がこの地域に根付いているさまを実感することができた。

②癒しの街
 カナダという国はのんびり、ゆったりしているイメージだが、やっぱりその通り。街全体がゆったりしている。市内を走るスカイトレインは無人運転だが、皆マナーが良く駆け込みで乗ってくる人はいない。信号待ちでも、5秒前くらいになったら無理に渡らず次を待つ。街の人全体がガツガツしてなくて安心感がある。
 その代わりといってはなんだが障害者の人が結構アクティブで、電動カートを結構な速さで運転してるし、盲人の人がすごいスピードで歩いていてびっくりした。邪魔がなくて歩きやすいのだろう。電動カートの人は、バスや電車も一人で乗ってくる。また、街全体で「障害者ファースト、シニアファースト」というのが徹底していて感心した。
 ま、その一方でホームレスも多いしヤク中っぽい人もいるんだけどね…

 続きはまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

世田谷ボロ市2017

 知り合いのブログを見てたら世田谷ボロ市へ行った話がのっていて、ボロ市の開催を思い出し行ってみることにした。土曜日だから混んでそうだけど覚悟のうえで。

 現地に着いてみると、やっぱりすごい人!今回は、アンティークの食器がお目当てだけど、人がすごくて1つの店でゆっくり見ていられない。リュックをしょってるのでリュックで棚の商品を払わないよう注意しながら見て歩く。丹念に見て歩くと、細い路地にも露店が出てたり、出店規模がすごい。

 露店では結局何も買わなかったけど、とある店で数年来気になってた金属製の風鈴を買った。店を覗くたび買おうかどうしようか迷って、結局買わなかった商品。数種類あったはずだが1個だけ残っていたのでそれを買った。アパートのドアの内側に下げて厄除けに。同じ店で売ってたアロマライトも気になったけど、次にしよう(笑)

 帰りながら屋台グルメ。いつものシャーピン(焼餅)、おやき、チーズハトシ(チーズを食パンで巻いて割りばしで刺して揚げた長崎屋台グルメ)、そしてコーヒー。粉ものが多くなってしまった。お菓子を買って帰るつもりが、気が付いたら駅まで来てしまっていたのでそのまま電車に乗ってしまった。

 昼間なら寒くなく、2時間くらいで充分楽しめるとわかった。スージー・クーパーは売ってなかったけどファイヤー・キングはあったから来年は買ってみようかな。

 自分の過去記事を検索したら2006年と2015年の記事が出てきて、いずれも夕方来たようだった。やっぱり来るなら昼間がいいね。そして12月の方が寒くなくていいみたい。

 これからも参加して、ボロ市の歴史と共に歩んでいこうと思う(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

旅への衝動

 今の仕事を辞めるにあたり、リフレッシュ旅行と有休消化をしようと色々調べ出したら…3泊4日くらいの旅が毎月できそうなことがわかった(笑)でもこんなときに限って方位がとれない時期だったり、お得な旅先が凶方位だったり。それより何より、お金もないのにそんなにじゃんじゃん旅行に行けないし、引継ぎに差し障る恐れもある。そんなこんなで旅したい衝動を抑えるのが大変!メインの旅行が決まったのでだいぶ落ち着いてきた。

 今月はまだ後任が来ないので休むにはいい時期だけど、方位がイマイチだから無理に旅行に行かないことにした。そして案の定、体調悪いし(毎年恒例)。飛び飛びで休んで近場で遊べばいいかと。

 来月末も旅にはいいけどその頃引継ぎをやってないとまずいし(笑)、通院もあるからもし休むなら2泊で国内とかかな。

 それにしても、今は面白いツアーが色々あるね。深夜便利用で2泊4日の弾丸海外ツアーとか。一人部屋料金を払っても安いからそのうちチャレンジしようかな。旅への妄想は膨らむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧